深刻な妊娠合併症である子癇前症のすべて

5月 29, 2019
子癇前症は、母親と赤ちゃんの生命を危険にさらす可能性のある深刻な妊娠合併症の一つです。妊娠中はバランスの良い食生活や運動といった健康的なライフスタイルを心がけ、定期検診を欠かさないことが大切です。

子癇前症は、高血圧や腎臓の損傷を引き起こす可能性がある妊娠合併症で、妊娠中の女性の5〜8%に影響を及ぼし、母親と赤ちゃんの両方にとって非常に危険な症状を引き起こします。

通常、子癇前症は妊娠後期に現れますが、時には妊娠中期、出産時、または産後1週間に発症することもあります。

症状には軽度から重度まであり、早期に発見して正しく治療を行う必要がありますが、適切にそして適時に治療されないならば、それは子癇またはHELLP症候群のようなより深刻な状態につながります。

子癇前症を発症する理由

定期検診を受ける女性 子癇前症

子癇前症は、胎盤への血液と酸素の供給が低下することによって発症すると考えられており、胎盤は子宮壁に正しく埋め込まれず、その領域の動脈が正常に拡張しません。

慢性高血圧および糖尿病は、胎盤への血流を減少させる原因となる可能性があり、症状は後期に現れるとしても、子癇前症は妊娠初期に発症すると考える研究者もいます。

子癇前症の症状

子癇前症と診断された女性の中には、この病気の特徴的な症状が現れないケースもあることからもわかるように、すべての女性が同じ症状を発症するわけではありません。

問題となるのは、悪心や腫れなど子癇前症の症状のいくつかは、通常の妊娠症状として解釈される可能性があるという点です。

医師が子癇前症の警告サインや兆候を効果的かつ適時に診断することが重要です。

軽度の子癇前症:

  • 高血圧
  • 体液貯留
  • 尿中のタンパク質

重症の子癇前症

  • 頭痛
  • 目のかすみ
  • 明るい光に耐えられない過敏症
  • 疲労
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 排尿量の減少
  • 上腹部の痛み(通常右側)
  • 打ち身になりやすい

妊娠合併症の女性のすべてが、目に見える腫れや急激な体重増加に苦しむわけではありません。

またこれらの症状が現れている女性のすべてが子癇前症を発症しているわけではないため、これらの症状が混乱を招く可能性は否定できません。

子癇前症の危険因子

胎児の写真 子癇前症

肥満、糖尿病、および高血圧は、子癇前症に関連する主要な危険因子です。

他の多くの要因も子癇前症を発症するリスクを高める可能性があります。

最初の妊娠で、以前から高血圧や腎臓病を患っていた、または家族に子癇前症を発症した人がいるなどの場合は、特にリスクが高くなります。

多胎妊娠の女性、以前に妊娠高血圧または子癇前症を経験した女性、またはBMIが30以上の女性も子癇前症を発症するリスクが高くなります。

20歳未満または40歳以上の妊娠中の女性も子癇前症をより発症するリスクが高い可能性があります。

こちらもご参照を:知られざる妊娠糖尿病の症状

子癇前症の予防

定期的な健康診断により、主治医は妊婦の健康状態と血圧を観察します。

  • 血圧
  • 尿
  • 血液検査

また、子癇前症の発症を事前に察知したり抑制するいくつかの方法があります。

  • 血液凝固と腎臓機能を制御するためのテスト
  • ソノグラム
  • ドップラー超音波

ただし、子癇前症の原因となるすべての要因をコントロールするのは不可能なため、この病気を確実に予防する方法はありません。

予防として、主治医はバランスのとれた健康的な食事と運動、そして定期的な健康診断を推奨するでしょう。

こちらもご参考に:妊娠中に泣くことが赤ちゃんに与える影響

対処方法主治医と話をする患者 子癇前症

定期検診は、子癇前症をはじめとする妊娠合併症の早期発見を可能にします。

子癇前症の治療法は妊娠の段階によって異なります。

出産日間近に症状が現れた場合は、妊娠を誘発してできる限り早く赤ちゃんを出産する方法を選択するでしょう。

子癇前症の症状が軽度で、赤ちゃんが十分に育っていない場合は、検診の回数を増やして経過を観察します。

食事にタンパク質を多く含むこと、塩分を減らし、大量の水を飲むことなども重要です。

最後に、十分な休息をとることが重要です。

左側を向いて横になることで、胎児の体重を主要な血管から遠ざけることもできます。

重度の子癇前症に苦しんでいるならば、上記の方法に加えて、血圧を制御する薬を処方することがあります。

子癇前症は、母親と胎児の生活を危険にさらす可能性がある妊娠合併症の一つです。

妊娠中は健康的なライフスタイルを維持しながら、定期検診を欠かさないようにしてください。

  • Sibai, B. M. (2015). Preeclampsia. In Protocols for High-Risk Pregnancies: An Evidence-Based Approach: Sixth Edition. https://doi.org/10.1002/9781119001256.ch39
  • Sircar, M., Thadhani, R., & Karumanchi, S. A. (2015). Pathogenesis of preeclampsia. Current Opinion in Nephrology and Hypertension. https://doi.org/10.1097/MNH.0000000000000105
  • Gupte, S., & Wagh, G. (2014). Preeclampsia-eclampsia. Journal of Obstetrics and Gynecology of India. https://doi.org/10.1007/s13224-014-0502-y
  • Backes, C. H., Markham, K., Moorehead, P., Cordero, L., Nankervis, C. A., & Giannone, P. J. (2011). Maternal Preeclampsia and Neonatal Outcomes. Journal of Pregnancy. https://doi.org/10.1155/2011/214365