こころの知能が高い人の 7つの特徴

· 3月 18, 2016

「誰でも怒ることはできる。怒るのは簡単なことだ。しかし正しい人に、正しい時に、正しい目的で、正しい程度で怒ること、それは簡単なことではない」

━アリストテレス

こころの知能を高め、最大限に活用することの大切さについては、長年語られていることです。

ところが情報が多すぎるせいで、正しい方法や能力の維持の仕方が分からないまま、多くの能力を身につける必要があるということだけ理解して終わることになりかねません。

こころの知能が高い人は、自分自身の感情を適切にコントロールし、また同様に他人の感情も適切にコントロールできます。

感情に働きかけて それを上手く活用することは、実際には非常に難しいことですが、目標の設定の仕方や、達成の方法次第です。

この記事では、こころの知能の高い人によくみられる特徴について、分かりやすくご紹介します。

友情

1.こころの知能の高い人は 自分自身を知っている

こころの知能の高い人は、さまざまな方法で 自分自身の感情の源を理解することができます。

恐らく自分自身の感情の位置や源を認識することができるのでしょう。だから争いごとや困難な状況に対して より上手く対処できるのです。

でもこれは簡単にできることではありません。人間の感情は非常に複雑だからです。特に怒り、恐怖、喜びなどの とても強い感情を引き起こす原因を認識することは難しいことです。

2.こころの知能の高い人は 意思決定力がある

こころの知能の高い人でも時には不安を感じることもあるかもしれません。でも彼らは慌てて意思決定をせず、それぞれの選択肢の良い点と悪い点を比較検討することができます。

こころの知能を高めれば、将来に対する自己の責任を認めて受け入れることができ、また、人生の中で自身が望むものを獲得するための計画を容易に立てられるようになります。

こちらの記事もご参考に:自立した考えを持ち自尊心を高めるために

3.こころの知能の高い人は 自分自身の感情をコントロールできる

ダニエル・ゴールマンやその他の研究者によると、こころの知能の高い人にとって自己認識は不可欠なものだそうです。自己認識能力は、自身の気分、感情、気持ちを理解するのにも役立ちます。

また、自己認識能力があるということは、自身の気分が他人に影響を与えることを知っていることでもあります。

自分自身の感情をコントロールする方法の習得は、こころの知能が高い人の重要な要素です。

自身の感情をコントロールする能力があるということは、他人との人間関係や 自身の内面を健全に築いて維持することができるということです。何か感情がわいたら、その感情をコントロールするのは自分自身です。自分が逆に感情に支配されてしまってはいけません。

4.こころの知能の高い人は 共感することができる

「感情は感染する。それは誰もが経験から知っていることだ。旧友とお茶を飲んで楽しく過ごせば気分は良くなる。店で店員に無礼な態度をとられたら気分は悪くなる」

ダニエル・ゴールマン

共感とは他人に感情移入することであり、こころの知能の高い人の重要な要素です。

他人の気持ちを知ることで、人間関係を深めることができます。そして人間関係にどのような事態が起こっても、上手く対処することができるのです。感情を無視することはできるかもしれませんが、自分自身や他人の感情から逃げることはできません。

実際に自分自身の感情を上手くコントロールする習慣が身についている人は、人間関係を上手くコントロールする能力に長けています。

ハート

5.こころの知能の高い人は 心を開いている

人間関係において心を開き、相手を信頼することは、こころの知能が非常に高い人であることを示す重要な特徴です。

つまり心を開き、相手に対して疑念を抱かず信頼することで、健全な関係を深めることができるのです。

またこころの知能が高い人は、自身の感情を感じて適切にコントロールできるだけでなく、自分の考えをはっきり言うことができます。

こちらの記事もご覧ください:何かを学ぶとき、口ではなく目と心を開くことが大切です

6.こころの知能が高い人は 目標を達成する意欲が非常に高い

人生において何かを変える際には不安を覚えるかもしれませんが、こころの知能が高い人は不安な気持ちをコントロールすることが成功の秘訣だということを知っています。

こころの知能の高い人は積極的に思い切って物事を変えます。

なぜならそれは人生をより良くし、長期的目標の達成に一歩近づける可能性があるということを知っているからです。

また、こころの知能の高い人は自分の感情をコントロールする能力が高いため、長期的な満足を得るまでに感じる 高いレベルの欲求不満や目先の欲求を辛抱することができます。

7. こころの知能の高い人は 自分の人生に責任を持っている

自分自身を受け入れて自信を持つことによって、物事に対して責任を持てるようになります。

それはつまり、自身の成功や失敗に対する責任や、問題を解決する責任を自分ひとりだけで負うということを意味します。

蝶

こころの知能を高める方法

「学問的知能指数(=IQ)と こころの知能指数には何の関係もない。これらはそれぞれ脳の異なる部分によってコントロールされているものだ」

ダニエル・ゴールマン

知能指数(=IQ)と心の知能の間に相関関係はありません。高学歴で学業に秀でている人でも、人生において成功するとは限りません。

スロープ

日常生活の中で自分の感情をよりよく理解するために役立つ方法はいろいろあります。

・自分自身をよりよく知る。自問をして、自分の言動について考え、自分自身の価値を知りましょう。日常的に内観することで、自身のこころの知能の成長の度合いが分かります。

・自分の感情をコントロールする。これは簡単なことではありませんが、自分の感情をコントロールするために努力するだけの価値はあります。もし自分が大人げない態度をとってしまったと感じたら、少しの間その場から離れましょう。自身の行動や感情をコントロールし、人生をコントロールするのは自分自身しかいないのだということを忘れないでください。

・他人に共感する。周りに人に感情移入しましょう。そうすることで自分が辛くなるかもしれない時でも感情移入して下さい。そうすることで、人には皆それぞれの事情があることを理解できるようになります。この経験があれば、困難な状況に より上手く対処できる様になります。

・毎日動機づけを行う。朝目覚めた時、毎日 こころの知能を高めることを目標にしましょう。大きな成果を得るためには小さな努力の積み重ねが不可欠です。それを忘れないで下さい。