感情的な苦痛からくる7つの痛み タイプの違いとケア

· 10月 21, 2017
身体が感じる痛みの中には、自分の心に向き合い、感情の世界のケアをすれば消えるものがあります。

感情は私たちの身体に大きな影響を及ぼします。実際、正しい時にきちんとケアしなければ、慢性の感情的な痛みとなるのです。

最もよくある慢性の痛みは、身体の中でも主に以下のような部分に現れます。

  • 背中、腰

また、歯ぎしり、頻脈、胃潰瘍を始めとする胃腸のトラブルなどとして現れる場合もあります。

感情的なトラブルと身体の健康の間の関係をサポートする研究は幾つかでています。この関係は、慢性的な痛みとストレスや乗り越えられないトラウマとして見られるのです。

自分の感情に向き合い、薬に頼らずに乗り越えるには、自分の心の内の世界を理解することが大切です。

自分の身体に痛みをもたらしているのはどのような感情的な問題なのかを知る必要があります。

自分の本質と本当のアイデンティティとつながることによってどのような感情的な問題を抱えているか、わかるはずです。

感情的な苦痛からくる7つの痛み

1. 歯の痛み

状況に直面するのが不快に感じる時、状況を打破する方法が見つからない時に歯が痛くなることがあります。

プレッシャーやピリピリした緊迫感を感じるでしょう。こういった感情的な苦痛が歯の痛みを生み出すのです。

  • エネルギーを流れ出させましょう。痛みを闘ってはいけません。全てのことは過ぎ去りますし、移りゆくのです。

2. 頭痛

頭を抱える女性

頭痛はストレスが原因で起こり得ます。それ以外にも、感情を押し殺し表現しないことも頭痛につながることがあります。

  • 少し時間をとって頭をすっきりとさせ、全てのことが過ぎ去るのを待ちます。しばらく休んだり散歩に出かけるというのも良い考えですね。

3. 首や子宮頸部の痛み

憤りや怒りを抱えていると首が痛くなることがあります。硬直して曲がらないというのはそのためです。

  • 自分自身を許すこと、そして他人も許すことが大切です。

首の痛みはコミュニケーション上の問題を抱えている時や自分の話を聞いてもらいたいのに聞いてもらえないと葛藤している時にも起こります。これは、恐れといった感情や、自分自身を受け入れること、許すことができないといった状況に密接に関連しています。

4. 肩の痛み

肩の痛みに耐える男性

肩が痛むと、自分自身や他の人の問題を詰め込んだ常に重い荷物を背負っているかのように感じるでしょう。

自分の肩に全ての乗せて歩くことなどできません。他の人の問題まで背負い込むことはせず、その人自身が解決するよう任せてしまいましょう。

自分自身のことを考えることが必要です。これが肩の荷を軽くする唯一の方法なのです。

5. 胃の痛み

不快な状況に陥った時、自分の人生で起こっていることが消化できないでいる時に胃が痛くなることがあります。

自分が変化を受け入れないために、予期しなかった状況が起こっているのかもしれません。

  • 他人を受け入れること、そして人生の見方には様々な方法があるのだということを認めることが必要不可欠です。
  • そうすることで、オープンになれますし、より寛容により幸せになれることでしょう。

6. 腰の痛み

パソコンの前で腰に手をやる女性

過大なストレスを引き起こすお金のトラブルや不安を抱えている場合、腰が痛くなることがあります。

誰か養わなければいけない人がいる場合、ほかの人の分も自分に責任がある場合に痛みが現れる可能性があります。

  • 自分が孤独だと感じ、自分の責任を他の人と分け合うことができない場合にも腰痛が起こるでしょう。
  • 全ての責任を自分が負うのではなく、責任の任せ方を学ぶことが欠かせないでしょう。

7. 手の痛み

手は、私たちが世界とつながる方法です。

頻繁に手が痛むという場合は、何か欲しいものがあるのに達成することができずにもがき、奮闘していることを表すサインかもしれません。

  • 自分自身の力では目標に到達することができないと感じます。または、手放すことができない状況や人につながれていると感じています。
  • 解き放ち、手放すことが大切です。

感情的な苦痛を癒すためにお勧めの本

1. ルイーズ・ヘイ

怒った顔と笑った顔

ルイーズ・ヘイは『You can heal your life』という本の中で、感情のマネージメントが乏しいとどのように病気になるかについて、またその病気は時にとても深刻なものになり得る都いうことについて話しています。

自分自身の身体の声に耳を傾け、理解することを学べば、内面の平和を見つけることができるでしょう。

そして、許すこと、愛すること、感謝することができるようになるのです。つまり、私たちを病気にしてしまうネガティブな感情は全て消え去るのです。

2. エンリック・コルベラ

彼は自身の本で、そしてYouTube動画やトークで、自分自身を癒す鍵とは、争いを引き起こし病気の引き金となる隠れた感情を見つけることであると述べています。

この作家は、私たちが感情に気づくことができれば、早ければ早いほど癒すことができると確信しています。

彼はまた、脳と心の分離の原因となるリミッティングビリーフや不合理を変えることが大切だと説明しています。自分が考える事柄、感じる事柄、行う事柄です。

こういったことは心と精神を開いて新しいコンセプトへと向かう助けとなるかもしれません。

大切ことは、ヘルシーであること、ハッピーであることだということを忘れないでおきましょう。