ストレスが原因で起こる脊柱の痛み

ストレスは緊張を引き起こすため、脊柱の健康に影響を及ぼす要因であることは間違いありません。

ストレスは、心身の健康状態に影響を与えますが、脊柱に起こる痛みなどの変化もその一例です。

本記事では、ストレスが原因で起こる脊柱の異常、変化、そして痛みなどをご紹介します。

ストレスが高くなるにつれて、脊柱の健康にも影響を及ぼす心身の疾患を発症するリスクが高くなることも見逃せません。

1.首の痛み

首の痛み

首の痛みはトラウマと呼ばれる心理的外傷によって引き起こされますが、これは過剰な責任感や悩み事などの問題が原因であることが多いと言われています。

つまり、ストレスを感じると首の痛みとして反応が現れることがあります。

こちらの記事もご参考に:首の痛みを和らげるエクササイズ4つ

2. 脊柱側弯症発症を発症している可能性

ストレスを感じると、脊髄萎縮を発症する可能性が高くなります。 これは、特定の状況下で人が背中を曲げて長時間を過ごすとき、つまり緊張感などによって背中が曲がったままでいる場合に起こりうる病気です。

これは特に、家庭や職場で多くのプレッシャーを受けている場合に起こります。

3.脊柱下部の痛み

脊柱下部

腰痛

ストレスは、腰の部分、つまりウエストの周りに強い痛みを引き起こす可能性があります。

原因不明の腰の痛みに苦しみ、過剰な負荷を腰にかけていない場合は、その原因が心理的な要因である可能性があります。

仕事や個人的な問題が原因のストレスや心配は、毎日の生活の中で絶えず発生します。まずは自分の生活を振り返り、自分を悩ませたりストレスを感じている原因を特定し、できる限り解決するように心がけましょう。

尾骨痛

ストレスの影響を受け可能性のあるもう一つの場所は尾骨ですが、実は尾骨はストレスの影響を最も受けやすい場所の一つです。

過去に尾骨を怪我をしている場合は、特に痛みを感じるかもしれません。

ストレスによる脊柱の痛みを解消するためには、腹筋と腰の筋肉を強化するのが最善の方法です。 この方法で脊柱の健康を維持することができます。

私たちの身体全体を支えて、背中への負担を軽減するのに役立つのは腹部であるため、脊柱や背骨を支えるためには腹筋の強化が大切です。

脊柱の痛みや問題が発症するその他の要因

姿勢の悪さ

  • 姿勢の問題:同じ姿勢を長時間継続すると斜皮症のような問題を発症する
  • 関節症のような関節の摩耗によって引き起こされる脊柱変性の問題
  • 脊柱の損傷を引き起こす、椎骨の緩衝と保護に関与する椎間板の問題
  • 事故、転倒、捻挫、ヘルニア、筋肉裂などに起因する傷害による問題

これ以外にも、骨格系または神経系で起こる感染が原因である可能性があります。

結核や髄膜炎、腫瘍や炎症性疾患(リウマチ様関節炎)などの問題もこれに該当しますが、一般的ではありません。

解決方法

脊柱の痛みや不快感を取り除くためには、治療を開始する必要があります。

それぞれの症例ごとにの特定の治療法があります。

  • 抗生物質、抗炎症薬、手術または移植片を用いる治療
  • 関節および罹患した筋肉の機能を回復するためのリハビリテーション

もちろん、脊柱の痛みを引き起こす原因となるストレスの原因を特定できなければ、物理的な痛みを終わらせるための治療は効果がありません。

常にストレスの多い状況にさらされる生活を送っている場合は、ストレスを受けないように生活を変更するか、神経系の活動に影響を与えないようにしてください。

ストレスが引き起こす脊柱の痛みが、怪我や慢性的な痛みや合併症を発症することがあるため、すぐに対処する必要があります。

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ