乳頭浮腫ってどんな病気?知っておくべきすべてのこと

13 2月, 2021
乳頭浮腫は、複視、かすみ目、さらには瞬間的な失明を引き起こす可能性があります。今回の記事では、頭蓋骨内の圧力の上昇に関連して起こる乳頭浮腫の原因について説明します。

乳頭浮腫は、複視、かすみ目、さらには瞬間的な失明を引き起こす可能性があります。今回の記事では、頭蓋骨内の圧力の上昇に関連して起こる乳頭浮腫の原因について説明します。

乳頭浮腫という病状は、無症候性である場合もあれば、視力に影響を与える場合もあります。問題は、この病気の背後に、脳腫瘍などの深刻な健康問題が隠れている可能性があることです。したがって、この記事では、あなたが知る必要があるすべてを説明します。

乳頭浮腫とは何ですか?

前述のように、乳頭浮腫は視神経乳頭の炎症で、両方の視神経乳頭の浮腫が同時に発生するのが最も一般的です。

この病状は頭蓋内圧亢進症に起因しています。頭蓋骨は頭蓋を構成する固定された骨の構造であり、その中にさまざまな臓器や物質が存在します。その1つは脳脊髄液です。頭蓋骨の中にある何かの体積が増えると、頭蓋内圧が増加します。

このことからもわかるように、乳頭浮腫は頭蓋内圧が200ミリメートルの水を超えると発生します。この増加は、腫瘤または腫瘍が原因である可能性があります。または、一方で、それは脳脊髄液の量が増加したことが原因である可能性があります。

乳頭浮腫ってどんな病気?知っておくべきすべてのこと 眼底
乳頭浮腫は、 視神経乳頭に現れるもので、眼科学専用の装置で見ることができます。

考えられる原因

前述のように、乳頭浮腫の原因は頭蓋内圧亢進症で、脳脊髄液の量または脳内に存在する異常な塊が増加します。

この2つの状況は、さまざまなシナリオにおいて頻繁に発生します。異常な塊というのは、腫瘍、感染が原因の膿瘍、または出血による血液を指します。

Journal Neurology Supplementsに発表された研究によると、乳頭浮腫の最も頻繁な原因は特発性頭蓋内圧亢進症です。これは、圧力が上昇することを意味しますが、根本的な原因は不明です。

その他のケースでは、髄膜炎または脳炎が原因である可能性があります。Colombian Neurological Actの記事によると、それがウェルニッケ・コルサコフ症候群の症状でもある可能性があることが確認されています。それ以外の、あまり一般的ではない原因は次のとおりです。

  • ギランバレー症候群
  • 高ビタミンA血症
  • 脊髄腫瘍
  • 上大静脈症候群

こちらもご参考に:私たちの脳が必要とする必須脂肪酸

乳頭浮腫の症状

乳頭浮腫の症状はさまざまです。最初は無症候性であることが多く、専門家は眼底検査でのみ乳頭浮腫を発見することができます。しかし、症状が進行するにつれて、視神経線維へのダメージが明らかな兆候を生み出し始めます。

この点から、乳頭浮腫は視力に影響を与えます。視界がぼやけたり、二重になったり、数秒間完全に視界が消えることがあります。多くの患者は、強い光のコントラストにも敏感になります。

ほとんどの場合、視力喪失のエピソードは数秒しか続きません。さらに、頭蓋内圧亢進症そのものの症状も起こります。これは、頭痛、吐き気、嘔吐を伴うことがよくあります。

頭痛は朝目覚めると強くなり、日中は改善する傾向があります。髄膜炎が原因の場合、首の後ろに項部硬直が起こることがあります。

こちらもご参考に:脳の健康が心配? 脳に悪影響を及ぼす6つの習慣

乳頭浮腫の治療

乳頭浮腫を治療する際の主な目標は、頭蓋内圧亢進症の原因を取り除くことです。これは救急措置であることを覚えておくことが大切です。原因が特発性高血圧症である場合、対策は脳脊髄液を減らすことです。

Chilean Magazine of Neurosurgeryによると、この場合は、医師はマンニトールやフロセミドなどの利尿薬を処方する可能性があります。さらに、水分や塩分の制限だけでなく、減量が乳頭浮腫の治療に効果を上げる可能性があります。

脳脊髄液が適切に循環するのを助けるために、ベッドの頭を少し持ち上げるのも良い方法です。これらの対策のいずれも機能しない場合は、手術が必要になる場合があります。

外科的アプローチは、腰椎穿刺を行って液体の一部を排出します。最後に、原因が感染症である場合、または細菌によるコロニー形成に起因する膿瘍がある場合、患者は抗生物質の投与が必要になる場合があります

乳頭浮腫ってどんな病気?知っておくべきすべてのこと 頭痛を発症している人
頭痛は、乳頭浮腫と頭蓋高血圧症の兆候を伴うことがあります。

乳頭浮腫について心に留めておくべきこと

乳頭浮腫について覚えておくべきことは、これが視神経に影響を与える病状であるという点です。 これは、さまざまな状況で起こる頭蓋内圧の上昇によって起こりますが、ほとんどの場合、頭蓋骨内の圧力が増加するという共通点があります。

最も頻繁な原因の1つは、特発性頭蓋内圧亢進症です。 ただし、脳腫瘍、出血、および感染症も引き金となります。取り返しのつかない視力へのダメージを防ぐために、乳頭浮腫は救急に措置を行うべき病状として扱われるべきです。

  • Revista de Pediatría de Atención Primaria – Causa rara de papiledema. (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from https://pap.es/articulo/12287/causa-rara-de-papiledema
  • Polo-Torres, C., Alvis-Miranda, H. R., Castellar-Leones, S. M., Moscote-Salazar, M. A., Alcalá-Cerra, G., & Moscote-Salazar, L. R. (2013). Patobiologia de la hipertension intracraneal idiopatica infantil. Revista Chilena de Neurocirugia, 39(1), 45–57. Retrieved from https://go.gale.com/ps/i.do?p=IFME&sw=w&issn=07164491&v=2.1&it=r&id=GALE%7CA467831304&sid=googleScholar&linkaccess=fulltext
  • Begué, Nieves Martín. “Protocolo papiledema: actualización y manejo.” Annals d’oftalmologia: òrgan de les Societats d’Oftalmologia de Catalunya, Valencia i Balears 26.4 (2018): 3.
  • Clínico Begoña, C., Cabanes, P., José, E., Lerma, M., Fuentes Fernández, I., & Clares, R. H. (2015). Presentación tardía de una encefalopatía de Wernicke tras gastrectomía por adenocarcinoma gástrico: a propósito de un caso Late presentation of wernicke’s encephalopathy after gastrectomy in a patient with gastric adenocarcinoma: case report. Acta Neurol Colomb (Vol. 31).
  • Sánchez Sanz, A., Muñoz Quiñones, S., & Arruga Ginebreda, J. (2010). Protocolo diagnóstico-terapéutico del papiledema. Annals d’oftalmologia: Òrgan de Les Societats d’Oftalmologia de Catalunya, Valencia i Balears, ISSN-e 1133-7737, Vol. 18, No. 3 (JUL-SEP), 2010, 18(3), 3. Retrieved from https://dialnet.unirioja.es/servlet/articulo?codigo=6396794&info=resumen&idioma=SPA
  • López Valdés, E., & Bilbao-Calabuig, R. (2007). Papiledema y otras alteraciones del disco óptico. Neurología Suplementos, 3(8), 16–26. Retrieved from https://medes.com/publication/42694
  • Garza-Urroz, Yvette M., Karla L. Chávez-Caraza, and Ingrid Franco-López. “Daño ocular severo secundario a un seudotumor cerebri.” Revista Mexicana de Oftalmología 93.2 (2019): 104-107.
  • de Lima Lardi, Sílvia, Juliana Ferreira da Costa Vargas, and José Amadeu Vargas. “DIAGNÓSTICO DIFERENCIAL DE EDEMA DE PAPILA ÓPTICA.”
  • Galindo, Lorena Monge, et al. “Hipertensión intracraneal idiopática: experiencia en 25 años y protocolo de actuación.” Anales de Pediatría. Vol. 87. No. 2. Elsevier Doyma, 2017.
  • (PDF) Papilledema. An updated approach. Papiledema. Un enfoque actualizado. (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from https://www.researchgate.net/publication/26851689_Papilledema_An_updated_approach_Papiledema_Un_enfoque_actualizado