天然の抗生物質

· 6月 27, 2018
天然の抗生物質は軽度の感染予防にうってつけです。免疫系を強化するためにもぜひ利用しましょう。

市販の抗生物質の乱用は健康に良くありません。結局のところ、抗生物質は体に抵抗力を生み出し、腸の細菌フローラを変化させ、体が持つ防御力を相殺してしまうのです。

一方、天然の抗生物質は免疫系を強化し、体が持つ自然の防御力を高めてくれるでしょう。今日は、ウイルスや細菌にも抵抗する天然の抗生物質をご紹介しましょう。

天然の抗生物質はどのように働く?

天然の抗生物質1

天然の抗生物質とは、体の機能に良い影響を与える活性物質や特定の栄養を含む食品や薬草のことです。天然の抗生物質は細胞の再生を促し、免疫系を強化します。

市販の抗生物質と比べ、天然の抗生物質は抵抗性を生み出しません。その代わりに、病原体の増殖を抑え、体の自然なメカニズムを刺激します。

天然の抗生物質を使うことで、体は自然に病気に打ち勝とうとします。体はより強く、病原体に対する防御力はより活発となるのです

一方、市販の抗生物質には副作用や何らかのリスクをもたらす恐れがあります。腸内フローラにダメージを与える可能性もあるのです。そのため、感染予防や軽度の感染治療には天然の抗生物質を使うと良いでしょう。

優れた天然の抗生物質

9つの優れた天然の抗生物質をご紹介します。

1. プロポリス

プロポリス

プロポリスは優れた天然の抗生物質の一つです。バイオフラボノイドエッセンシャルオイル、微量元素、ビタミン、アミノ酸が豊富に含まれています。

プロポリスを作るためには、ミツバチは木の芽や幹から樹液を取り出し、それでカバーして巣を守るのです。

利用方法

  • 予防法として:毎日空腹時に5滴ずつ摂りましょう。
  • 症状の緩和として:毎時間5滴ずつ摂りましょう。

2. ニンニク

ニンニク

ニンニクは良い細菌を変えてしまうことなく病原菌を取り除くことができる大変効果的な天然の抗生物質です。アリシンやその他の物質が含まれているからです。

ニンニクは食べても良いですし、感染が見られる皮膚に塗布しても良いでしょう。ニンニクが苦手な人、消化しにくい人はピル状で摂取しても良いでしょう。

こちらもお読みください:
自宅でニンニクを栽培する方法

3. エキナセア

エキナセア

エキナセアは免疫系を強化し、ウイルスや感染と闘う効果のある薬草です。お茶やピルで取り入れることができますが、自己免疫疾患を抱えている人は医師に相談してください。また、エキナセアの長期服用はオススメできません。

4. エッセンシャルオレガノオイル

エッセンシャルオイル

パワフルなエッセンシャルオイルである、エッセンシャルオレガノオイルはウイルス、細菌、真菌感染、寄生虫などと闘う効果があります。

外用として利用することも、また内服することも可能ですが、使用するオイルは高品質のもの、そして人間の摂取用として販売されているものを選んでください。

1日2回、1滴ずつ使います。ハチミツやオリーブオイルに混ぜて摂取しましょう。妊娠中は摂取しないようにしましょう。

こちらもお読みください:
エッセンシャルオイルをお家で活用する7つの方法

5. コロイダルシルバー

コロイダルシルバー

コロイダルシルバーは、抗ウイルス、抗菌、抗寄生虫、殺菌作用のある天然の抗生物質で、古くから利用されてきました。

この銀溶液が健康をリスクにさらすことはありません

6. 銅ー金ー銀

この微量元素の3種のコンビネーションは免疫系の刺激剤として働きます。同時に、エネルギーやバイタリティをアップさせてくれるでしょう。一般的に、短期的に使われます。

7. ハチミツ

ハチミツ

ハチミツはプロポリスほど強力ではありませんが、その栄養価や効能を見過ごしてはいけません。

毎日、適量を摂取するという意味では、これほど使いやすい予防的抗生物質はないでしょう。また、ハチミツを使うことで、精製された白砂糖をカットすることができます。

8. レモン

レモン汁

レモンは、抗生物質としての素晴らしい効果を持つ柑橘系フルーツです。特にその皮には素晴らしい効能があります。この優れた効能を利用するには、オーガニックのレモンを使うのが一番です。よく洗って、皮をむき、むいた皮は冷凍庫で保存しましょう。凍らせた皮は必要に応じて、ジュースやサラダ、スムージー、スープなどに入れて食べましょう。

9. 玉ねぎ

玉ねぎ

最後にご紹介するのは玉ねぎです。玉ねぎには呼吸器系の病気や寄生虫病を予防、改善する優れた効果があります。さらに、玉ねぎに含まれる硫黄保有量から、私たちの体が自然に持つ、毒素排出力を助けてくれるでしょう。

  • Albado Plaus, Emilia, Gloria Saez Flores, and Sandra Grabiel Ataucusi. “Composición química y actividad antibacteriana del aceite esencial del Origanum vulgare (orégano).” Revista Medica Herediana 12.1 (2001): 16-19.
  • Chalar Vargas, Luis Rodrigo, et al. “Función Antimicrobiana de la Alicina de Ajo en cultivos de Staphylococcus aureus, Pseudomonas aeruginosa y Escherichia coli.” Revista científica ciencia médica 17.1 (2014): 26-28.
  • Galán, J. C., González-Candelas, F., Rolain, J. M., & Cantón, R. (2013). Antibiotics as selectors and accelerators of diversity in the mechanisms of resistance: From the resistome to genetic plasticity in the β-lactamases world. Frontiers in Microbiology. https://doi.org/10.3389/fmicb.2013.00009
  • Peláez, F. (2006). The historical delivery of antibiotics from microbial natural products – Can history repeat? Biochemical Pharmacology.
  • Ratyakshi, & Chauhan, R. P. (2009). Colloidal synthesis of silver nano particles. Asian Journal of Chemistry.