脳転移とその治療について

12 7月, 2020
脳転移は、通常、血行性播種によって起こります。これは、原発腫瘍のがん細胞が血液に入り込み、脳に到達し、そして広がるからです。

脳転移は、脳腫瘍の中では最もよくある種で、医師にとってはかなり難しいものです。実際、脳腫瘍のケースのおよそ90%が脳転移だと言われています。

ガン患者の10〜40%が脳転移であるとも推察されています。これは、現代医療のおかげで、ガン患者の平均生存率が上がったことにも関係しているでしょう。

腫瘍は脳内で転移させる様々な力があり、血液脳関門を突き抜ける力があります。血液脳関門は、脳を守る役割をしています。

転移とは、すべてのガン細胞にある特徴で、原発腫瘍の付近や遠く離れた組織の両方を侵略する力を持ちます。ガン細胞は体の他の部分に移動し、別の腫瘍を引き起こすかもしれません。

脳転移は、影響を受ける部分、発作の関連リスクにもより様々です。

脳転移の原因

脳 脳転移とその治療について

脳転移は、通常、血行性播種によって起こります。これは、原発腫瘍のガン細胞が血液に入り込み、脳に到達し、そして広がるからです。

脳転移の分布は、疑わしい部分の血流に比例するということはとても興味深いことです。以下のパーセンテージで分布します。

  • 脳の病変の80%
  • 小脳に15%
  • 脳幹に5%

細胞が脳に広がる最初の段階は、原発腫瘍の水準で動脈壁を侵略することです。これにより、ガン細胞のいくつかは、血流に入り込むことが可能となるでしょう。

次に、細胞や血液に入り込んだ細胞が、血液脳関門に侵入することによって脳の血管に付着することが可能となります。

血液脳関門やリンパ系の欠如は、様々な薬剤や微生物が侵入することから脳を守ります。しかし、最終的に、特定の細胞の侵入を防ぐことはできないのです。

こちらも合わせてどうぞ:脳機能を活性化させる7つの食品

新生細胞はどうやって血液脳関門を越える?

ヒトの頭とニューロン 脳転移とその治療について

血液脳関門を越えるために腫瘍細胞が使うメカニズムは、研究価値のある対象です。少なくとも、2つのメカニズムがあるとすでに証明されています。

  • 傍細胞:血液脳関門の一部に形成する細胞の間を越えます。そのためには、細胞は細胞間の結合部を破壊しなくてはいけません。また、特定のタンパク質と炎症性メディエーターを持っていなくてはいけません。
  • 経細胞:関門細胞の破壊につながります。

血液脳関門を越えたらどうなる?

一旦脳に侵入すると、細胞は脳の微小血管を通り、そこから組織に向かって侵入していきます。

この段階からの細胞増殖は、適切な酸素や栄養を受け取る能力によります。これらの悪性細胞が血管のとても近くに存在するのは、そのためです。

こちらもあわせてどうぞ:9割の人が見逃すガンの初期症状

脳転移の治療

頭部X線

脳転移の特定の治療法については、以下の4つを挙げることができます。

  • 区域切除小さな切開から腫瘍を取り除く方法です。硝子体茎切除術で行われ、腫瘤の効果や浮腫の原因を取り除くなどの利点があります。全頭蓋放射線療法だけを行うよりも生存率が上がるでしょう。
  • 全頭蓋放射線療法:伝統的に、腫瘍が大きい場合はこの方法が一番だと考えられています。外科手術の補足として使われることが有益であると証明されており、術後の再発を減らすことができるでしょう。
  • 定位的放射線治療:腫瘍に対して局所的に放射線をを当てる治療法です。生存率が良く、再発も少ないという結果が出ています。また、コントロールしやすく、病変が2〜3ある患者の生存率にも顕著な差はありません。
  • 化学療法:普通、脳転移は化学療法に対して耐久性があります。しかし、標的因子や免疫制御点の阻害剤など新しい治療法の選択肢の統合などが、この分野の研究を強化しています。

まとめ

脳転移は、脳腫瘍全体のおよそ90%を占めます。従って、できるだけ早く診断を受けることが、この病気の進行を遅らせる為には欠かすことができません。

現在、様々な治療法があり、この先も医療はどんどん進んでいくでしょう。ですが、脳転移は、とても進行の早い攻撃的なガンです。この分野に関してはさらなる研究が必要でしょう。

  • Juan Matus-Santos, * Daniel Motola-Kuba*. (2012). Importancia de la detección de metástasis cerebrales en pacientes con carcinomas en estadios avanzados. Rev Invest Med Sur Mex.
  • Noris-García, E., & Escobar-Pérez, X. (2004). Metástasis cerebrales y antígeno carcinoembrionario. Revista de Neurologia.
  • Massot-Punyet, R., Almajano, J., & Camacho, J. M. (2000). Metástasis cerebrales. In Revista de Neurologia.
  • Marín, A., Renner, A., Itriago, L., & Álvarez, M. (2017). METÁSTASIS CEREBRALES: UNA MIRADA BIOLÓGICA Y CLÍNICA. Revista Médica Clínica Las Condes. https://doi.org/10.1016/j.rmclc.2017.05.010