COVID-19は脳に影響を与える?

5月 18, 2020
新型コロナウイルスが肺以外の臓器に害を与えるかについての新たな証拠があります。脳に与える影響について、神経学者はどのような見解でしょうか。

COVID-19はどのように脳に影響を与えるのでしょうか?

現在、COVID-19が脳に与える影響に関しては、医療関係者や研究者の間での新しい心配事となっています。腎臓や心臓への影響についてはすでに証拠がありますので、多臓器疾患として考えられるでしょう。

新型コロナウイルスは、インフルエンザのようなウイルス性疾患と比べると大きな違いがあります。インフルエンザは呼吸器系の症状や発熱などを引き起こすだけだからです。

ですが、新型コロナウイルスについての研究では、ACE2細胞受容体が体の様々な細胞に入り込む鍵となると指摘されています。この記事で説明するACE2受容体は、私たちの体内の様々な場所に存在します。これが、COVID-19がこのタンパク質の利点を受け取りながら脳に影響を与える方法です。

咳、発熱、疲れ、呼吸器系のトラブルなど一般的によく知られた症状はもちろんあります。ですが、二次的な症状が現れる人がだんだん増えてきています。視力のトラブルや匂いがわからなくなるなどの症状があることはよく知られています。

また、神経学的な要因についてはさらなる研究が必要でしょう。

ACE2受容体が説明するCOVID-19の脳への影響

コロナウイルスは、王冠のような外形をしています。コロナウイルスという名前はその形からきているのです。この王冠は、人間の細胞にアクセスするために必要とするタンパク質を持つ針状体で構成されています。人間の受容体はACE2タンパク質です。

受容体は人間の体内に存在し、レニン‐アンジオテンシンと呼ばれるシステムに相互作用します。このホルモンのシステムと内部物質は、血圧を正常に保つのに関係します。そのため、腎臓にまで影響を及ぼします。

COVID-19は、脳に影響を与えます。私たちの体のニューロンのいくつかにもACE2受容体があるからです。神経向性の確認やSARS-CoV-2によるニューロンに対する相性は完全にはされていませんが、根拠の確かな疑念がいくつかあります。

ACE2受容体の関連性は、コロナウイルスの致死率を理解するための鍵です。様々な研究の結果、高血圧障害を抱える人々は致死率の高いグループに入ることがわかっています。これは、レニン‐アンジオテンシンシステムの影響によっても説明できるでしょう。

脳

こちらも合わせてどうぞ:新型コロナウイルス検出:PCR検査って何?

COVID-19がどのように脳に影響を与えるか

新型コロナウイルスの初期症状として嗅覚がなくなる点は、世界中の医療機関で指摘されています。このことはSARS-CoV-2のニューロンの屈折に起因すると考えられています。これは臭覚障害と呼ばれ、神経科医は嗅覚系に属するニューロンにおける問題のせいで臭覚障害が起こると考えています。

新型コロナウイルスに感染した患者のケースで、筋炎(筋肉の炎症)、ギラン・バレー症候群、髄膜炎もまた言及されています。これらは全て、中枢・末梢神経系に関係があるかもしれません。

脳に対するCOVID-19の影響の重要なリスクは、脳の血管系に関係しています。ニューロンにおけるSARS-CoV-2の屈折の可能性に加え、脳の動脈の内部の層がダメージを受けるかもしれないのです。

この微視的な内皮損傷は細小血管障害と呼ばれます。この場合の最悪なケースでは、脳内出血や心臓発作が引き起こされることも考えられます。

こちらも合わせてどうぞ:新型コロナウイルスが皮膚に与える影響について

新型コロナウイルスによる脳のダメージ

ウイルスとマスクを着ける女性

COVID-19が脳に影響を与えることについては二つの経路があります。その一つは、直接的な影響で、ウイルスのニューロンの屈性の仮説に基づいたものです。もう一つは、間接的な影響で、集中治療室にいる患者が深刻な状態に陥った時に複数の臓器がショック状態に陥るために脳に影響が出るというものです。

直接的な経路は、まだ完全には解明されていませんSARS-CoV-2は、肺や腎臓に入り込むのと同じように、ACE2受容体経路でニューロンに入り込むのかもしれません。

一方で、間接的な経路は、体に入り込んだ新型コロナウイルスの進化が影響を与えるものです。まず、私たちは呼吸器系のトラブルを抱えます。その次に肺炎、複数の臓器の機能低下、脳への血流が下がり、結果として十分な酸素を得られないためにニューロンが死んでしまうのです。

COVID-19は脳に影響を与える?

COVID-19は、直接的または間接的に脳に影響を与えるということがわかりました。一方、研究は引き続き行われていますので、このパンデミックの新たな一面は、日々判明していくでしょう。

こうして得られる知識は、調査結果に基づいて治療を展開していく集中治療室で働く医療関係者にとって不可欠です。こういった重要な情報は、患者の生存率を上げ、世界を混乱させている新型コロナウイルスのパンデミックの中に希望を与えることでしょう。