パンデミック時に医療従事者を守ることの重要性

23 5月, 2020
各国政府は、パンデミックの発生時に医療従事者の保護を優先事項にするべきです。医療従事者は、現在新型コロナウイルスと戦う最前線にいます。そのため、医療従事者が仕事に専念できるように、十分に保護する必要があります。
 

新型コロナウイルスに感染した医療従事者の割合が心配されています。これは、さまざまな医療システムの予測不可能性と、パンデミック時に医療従事者を保護することが非常に大切である理由を強調しています。

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は、COVID-19に見舞われた国の政府に対し、医療従事者の保護を優先するよう求めるいくつかの声明を発表しました。各国はそれぞれの状況の中で、リスクを評価する必要があると述べました。

医療従事者の向けの基本的な推奨事項

イベロアメリカ社会保障機関(Ibero-American Social Security Organization)は、パンデミック時に医療従事者を保護することを目的とした一連の推奨事項を公開しました。

  • 最初の対策は、医療従事者が少なくとも25秒間石鹸と水で手洗いするなどの衛生対策を徹底することです。
  • 呼吸器症状のある患者と接触する場合は、サージカルマスクを使用する必要があります。新型コロナウイルスの症状がなくても、呼吸器症状のある患者には、医療従事者がマスクの着用を指示します。
  • パンデミック時に医療従事者を保護するために、新型コロナウイルスに感染している可能性のある患者に対応をするときは、適切な個人用保護具(PPE)を使用する必要があります。
  • 医療従事者が、発熱、咳、または他のCOVID-19の症状を発症した場合、自宅で過ごす必要があります。自分の症状を観察し、必要な検査を受けることができます。
パンデミック時に医療従事者を守ることの重要性 医師と患者
医療関係者は、衛生管理に細心の注意を払う必要があります。また、新型コロナウイルスを発症している可能性のある患者に対応する場合は、適切な保護具を着用する必要があります。
 

こちらもご参照を:多くの医療従事者が新型コロナウイルスに感染する理由

医療従事者がさらされるリスク

イベロアメリカ社会保障機関(Ibero-American Social Security Organization)は、医療従事者がさらされる3つのリスクレベルを作成しました。これに基づいて、一連の推奨事項がそれぞれ公開されています。適切で完全な情報が、パンデミック時に医療従事者を保護するのに役立つようにするためです。

3つのレベルは次のとおりです。

  • 高リスクの曝露:医療従事者が、感染が確認された、または感染の可能性のあるCOVID-19の患者と接触するケースです。医療従事者は、自己ろ過式の防護マスク、飛沫または点滴からの保護、ウイルス保護手袋、およびウイルス耐性ガウンを着用する必要があります。
  • 低リスクの曝露:潜在的な新型コロナウイルス患者とは、密接に接触していないケースです。
  • 曝露の可能性が低い:一般の人向けの仕事をしていない医療スタッフで、周りの人と2メートルの社会的距離を保ち、接触を避けるために必要な、すべての手順を実行するスタッフを指します。

後者の2つのケースについては、イベロアメリカ社会保障機関は、定期的な手洗いとサージカルマスクの着用を推奨しています。サージカルマスクは、外科手術中の作業環境における汚染を防ぐように設計されています。また、体液の飛沫から保護することもできます。

パンデミック時の医療従事者の保護:人権

アムネスティインターナショナル(AI)は、新型コロナウイルスのパンデミック時に、すべての人が考えるべき人権に焦点を当てた文書を公開しました。この文書では、医療従事者と、パンデミック時に彼らを保護する必要性について言及しています。

 

医療従事者は、自分自身と家族を危険にさらしているにもかかわらず、医療サービスを提供し続けなければならない、パンデミックの最前線にいる存在だと述べています。

これにより、特に新型コロナウイルスに感染するリスクが高まるだけでなく、過度の労働時間とそれによる疲労による危険にさらされます。

また、政府は高品質の保護具を医療従事者に提供する必要があることも強調しています。情報、トレーニング、心理的サポートなどを提供することで、医療従事者が効率的に仕事を行うことができます。

また、医療従事者の家族に向けて、医療従事者が亡くなるという、万が一の不幸な出来事に対するサポートを保証する必要があることにも言及しています。

パンデミック時に医療従事者を守ることの重要性 検査を受ける患者
保護具であるPPEを医療スタッフに提供することは、権利と定められています。

ご存知ですか?:現在使用されている新型コロナウイルス治療法

経済的支援

一部の国の医療従事者は、リコグニションと呼ばれる彼らにふさわしい承認と認識を得ています。 このパンデミックは、社会において、医療専門家がどれほど大切かを私たちに伝えています。

各国の政府の中には、パンデミック中には特別な追加の報酬を提供している国がありますが、その他の多くの政府は特別な手当てを提供していません。

当該の国によれば、追加の報酬を提供することで、パンデミックの間に医療従事者が十分な物質的な資源を確保することを目的としています。医療専門家が、パンデミックの緩和をサポートとするためにどれだけ大切な存在かという認識を示しています。

 
  • Cruz, M. P., Santos, E., Cervantes, M. V., & Juárez, M. L. (2020). COVID-19, una emergencia de salud pública mundial. Revista Clínica Española.
  • Organización Mundial de la Salud. (3 de marzo de 2020). La escasez de equipos de protección personal pone en peligro al personal sanitario en todo el mundo. Recuperado el 31 de marzo de 2020 de https://www.who.int/es/news-room/detail/03-03-2020-shortage-of-personal-protective-equipment-endangering-health-workers-worldwide
  • Organización Iberoamericana de Seguridad Social. (2020). Actuaciones del personal sanitario frente al Coronavirus COVID-19. Secretaría General OISS. Recuperado el 31 de marzo de 2020 de https://oiss.org/actuaciones-del-personal-sanitario-frente-al-coronavirus-covid-19/
  • Amnistía Internacional España. (17 de marzo de 2020). AI presenta un decálogo de derechos humanos para afrontar la pandemia del coronavirus. Recuperado el 31 de marzo de 2020 de https://www.es.amnesty.org/en-que-estamos/noticias/noticia/articulo/amnistia-internacional-presenta-un-decalogo-de-derechos-humanos-para-afrontar-la-pandemia/