手洗い:新型コロナウイルスの最大の敵

25 5月, 2020
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、医師や科学者は、手洗いが新型コロナウイルスの蔓延を予防する重要な方法の一つであることとその理由を説明しました。
 

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大するとともに、恐怖だけでなく間違った情報が世界中に広がりました。

現段階では、医師、科学者、そして政府機関などは、新型コロナウイルスの予防措置の実践が大切であることを強調しています。

そして、新型コロナウイルスの「最大の敵」となるのは、正しい手洗いだと言われています。

健康団体は、予防措置を実践することの重要性を強調しています。これが、新型コロナウイルスの最大の敵である手洗いです。

理論物理学のアルベルト・シシリア医師やオーストラリアのニューサウスウェールズ大学の化学教授であるパリ・ソーダーソン教授などの専門家は、Twitterを通じて、石鹸を使った手洗いが現在地球を危機的な状態に陥れている、新型コロナウイルスを予防する最良の選択肢の1つである理由を説明しました。

なぜ手洗いが新型コロナウイルスの最大の敵なのですか?

手洗い:新型コロナウイルスの最大の敵 丁寧に洗う
石鹸の成分は、ウイルスの外膜の脂質を溶かすことができます。したがって、石鹸を使った手洗いはウイルスを不活性化する際に優れていると考えられます。

前述の専門家たちは、基本的にすべてのウイルスは「微視的存在」であり、人間の細胞の中に入ることが唯一の増殖方法だと語っています。

新型コロナウイルスは、次の3つの要素で構成されていると考えられています。

 
  • 遺伝物質(RNA)
  • ウイルスをヒト細胞に付着させるいくつかのタンパク質
  • 保護に役立つ脂肪質の外膜:石鹸で手を洗うことが新型コロナウイルスに対する最善の防御となる理由は、特にこの最後の要素に対してです。

石鹸の組成には、両親媒性物質として知られている油に似た物質を含む塩が含まれ、この成分がウイルスの膜の脂質に類似した構造になります。

つまり、前記の分子がウイルスの膜と競合するようになり、ウイルスを不活性化するために膜を溶解するのに役立ちます。

現実には、ウイルスは生物ではありませんが、数時間または数日間、人間の体の外で活性化し続けることができます。

これが、石鹸で手を洗うことが新型コロナウイルスから身を守るために非常に重要である理由の説明となります。

また、新型コロナウイルスだけでなく、病気を引き起こす可能性のある他の多くの細菌やウイルスの予防にも役立ちます。

世界中が恐れている新型コロナウイルスを始めとする感染症を予防するために、専門家が手洗いを推奨するのはこのためです。

詳細はこちらから:新型コロナウイルスなどに隔離措置が必要な理由

石鹸で手を洗うと新型コロナウイルスを殺すことができますか?

石鹸は、ウイルスを保護する脂肪の多い外層を溶解するのに役立つため、「カードの山のように崩れ落ちて死ぬ」と専門家は述べています。

ただし、先ほど指摘したようにウイルスは実際には生き物ではないため「死ぬ」のではなく、むしろ、石鹸と適切な手洗いの助けを借りて不活化します。

ミシガン州グランドラピッズのヘレンデヴォス病院の小児科医であるダン・マクギー博士は、TODAYとのインタビューで手洗いについて以下のように語りました。

 

「手洗いは、ウイルスによる感染を予防する2番目に良い方法です。最善の方法は、ワクチンがある場合は、ワクチンの接種です。」

手を洗うだけで十分ですか?

おそらく完全な予防方法とは言えないでしょう。

しかし、科学的な研究によると感染症の予防における手洗いの役割は証明されています。

コクラン体系改正データベースで発表された調査によると、手洗いは病気の蔓延を遅らせるのに役立ちます。

さらに、同じ情報筋によると、手洗いの習慣化により、呼吸器疾患にかかる可能性が54%減少する可能性がありますし、他の予防法の効果をはるかに超えています

マサチューセッツ工科大学などの最新の研究は、手洗いに関するこれらの事実を裏付けています。

研究者は、世界の主要な10の空港を訪れる旅行者の手洗い率を改善することが、ウイルス感染が原因となる多くの病気の伝播を減らす決定的な要因であることを発見しました。

石鹸と手指の消毒剤ならどちらが良いですか?

手洗い:新型コロナウイルスの最大の敵 消毒剤

多くの人々は、消毒剤の使用が最良の選択肢であると信じています。

しかし、消毒剤よりも石鹸を使って手を洗うほうが予防措置としては優れているのが事実です。

 

手を洗う時には様々な種類の石鹸を使用できます。

細心の注意を払って手を洗うことで、新型コロナウイルスのような病原体の感染と拡散の予防に役立ちます。

しかし、新型コロナウイルスによる感染が拡大しているという驚異の中で、消毒剤がよりよい予防措置だという印象を受ける人も少なくありません。

公衆衛生の専門家やアメリカ疾病管理予防センター(CDC)などの団体は、石鹸を使用した手洗いを予防素子として優先しています。

現時点では、新型コロナウイルスの予防において、消毒剤が通常の石鹸より優れていることを示唆する証拠はありません。

ただし、石鹸と水がない場合は、60%以上のアルコールを含む手指消毒剤を使用することが推奨されています。

職場などでは、消毒用のワイプを使用することをお勧めします。

多くの人が石鹸の効果を過小評価している反面、消毒剤への期待が高まり、値段が高騰しているケースもあります。

発見:買い物時に新型コロナウイルスへの感染を防ぐ方法

石鹸を使った手洗いを選択する

上記のすべてを考慮すると、石鹸で手を洗うことが新型コロナウイルスの予防に最善の選択肢であることを理解できるでしょう。

石鹸の種類には様々なものがありますが、液体、固体、香料入り、食器用石鹸、男性用石鹸、女性用石鹸など、あらゆる種類の石鹸を使用できます。

水と一緒に石鹸を20秒間以上使用する必要があるため、正しい方法で手洗いを行うことに留意してください。

必要に応じて、少なくとも1日に5回は手を洗う必要があります。両手を一緒にこすり、手首と指の間も必ず洗ってください。

 
 
  • Jefferson, T., Del Mar, C. B., Dooley, L., Ferroni, E., Al-Ansary, L. A., Bawazeer, G. A., … Conly, J. M. (2011). Physical interventions to interrupt or reduce the spread of respiratory viruses. The Cochrane Database of Systematic Reviews, (7). https://doi.org/10.1002/14651858.CD006207.pub4
  • Christos Nicolaides, Demetris Avraam, Luis Cueto‐Felgueroso, Marta C. González, Ruben Juanes. Hand‐Hygiene Mitigation Strategies Against Global Disease Spreading through the Air Transportation Network. Risk Analysis, 2019; DOI: 10.1111/risa.13438