現在使用されている新型コロナウイルス治療法

23 5月, 2020
COVID-19への特定の薬はありませんが、現在調査が継続中の、新型コロナウイルスの治療に使用されているいくつかの治療法があります。これらの治療法は、主に重病患者のために使われています。
 

現在使用されている新型コロナウイルス治療法に関しては、激しい議論が続く問題です。これらの治療法が科学と政治の世界の両方でどのように役立つか、または役に立たないかについては、異なる解釈があります。

多くのウイルス性疾患と同様に、新型コロナウイルスに対する特定の治療法はまだありません。科学者が探し求めているのは、ウイルスの複製を止める薬、またはそれらのいくつかを組み合わせた治療薬です。抗生物質は細菌を標的とするため、新型コロナウイルスなどのケースでは使用することはできません。また、抗炎症薬も、特定の治療法として考慮に入れることもできません。代わりに、医療関係者や専門家が推進しているのは、COVID-19によって引き起こされる呼吸や症状への支援措置である対症療法を行う治療です。

現時点では、様々な国での集中治療において使用が許可されている、特定のプロトコールがあるいくつかの新型コロナウイルスの治療があります。ただし、症状の発症時に、大量使用が承認されている薬剤はまだありません。

製薬会社や研究所の規制機関は、規制や法律という面では以前より柔軟になっています。これにより、科学者はより迅速にトライアルと呼ばれる試験を実施できます。世界保健機関(WHO)は現在、新型コロナウイルス治療のために250を超える臨床試験を実施しています。

COVID-19治療薬としてのヒドロキシクロロキン

新型コロナウイルスのパンデミックが始まってすぐに議論された、最初の選択肢の1つはヒドロキシクロロキンでした。これは、医師がマラリアの治療に使用する昔からある薬です。

 

主に、この薬の持つ抗炎症作用によって、現在新型コロナウイルスの治療に使われている薬の一つです。科学者たちは、人工呼吸器を必要とする患者が多く、多くの人々を死に至らしめているCOVID-19に関連する呼吸困難は、この薬の持つ特性により軽減できると主張しています。

この薬の主な利点は安価な薬剤という点ですが、頭痛、下痢、嘔吐、皮膚の発疹など、多くの副作用を引き起こす可能性があります。

現在使用されている新型コロナウイルス治療法 蚊
新型コロナウイルス治療の選択肢の1つは、蚊によって蔓延するマラリアの治療薬です。

続きを読む:新型コロナウイルスとガン:知っておくべきこと

COVID-19治療としてのロピナビルとリトナビルの組み合わせ

科学者が現在研究している治療の選択肢の1つは、ロピナビルとリトナビルの併用です。これらはHIV治療で使用される抗レトロウイルス薬で、SARS-CoV-2がRNAウイルスでもあるという事実を考慮に入れています。

この組み合わせは、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)など、以前に発生したコロナウイルスにおいて、すでに研究が行われています。そこで得られた結果が有望であったため、科学者たちは新型コロナウイルスに対しても効果的であるはずだという推論に達しました。

 

残念ながら、これまでのところ、科学的根拠は以前ほど肯定的なものではありません。しかし、これより優れた利用可能な代替手段がないため、いくつかの国では集中治療での使用が許可されています。

この方法は、新型コロナウイルスのすべての患者に適した治療法ではありません。その使用は、症状、年齢、または潜在的な健康問題による重度の予後がある人に限られています。このようなケースでは、医師はインターフェロンと組み合わせています。

詳細はこちらから:米国で新型コロナウイルスワクチンの臨床試験が開始

すべてのCOVID-19治療の中で最も有望なレムデシビル

現在使用されているコロナウイルスの治療法の中で、他の治療薬よりも成功する可能性が高いのがレムデシビルです。科学者たちは、レムデシビルを過去20年間のSARSとMERS流行時に試験的に使用しました。

この薬は、10年前に行われたエボラ出血熱の治療法を見つけるための実験からの派生的な薬剤です。科学者たちはその後、いくつかのコロナウイルスを含む他のウイルスに対してこの薬の試験を行いました。

アメリカでは、すでに2人の患者に使用されどちらも改善されましたが、その有効性について結論を導くに十分な科学的根拠ではありません。

この薬が有利に働かない理由の1つが、これは医師が静脈内にしか適用できないことです。つまりこの薬は、病院という環境か、自宅の場合も正しく設置された看護ケアでの​​み使用できることを意味します。

現在使用されている新型コロナウイルス治療法 静脈投与
レムデシビルは、新型コロナウイルスの有望な治療法とされていますが、静脈内投与でのみ利用が可能です。
 

新型コロナウイルス治療の研究は続く

現在、患者がCOVID-19に感染すると、医師は基本的な治療や対症療法などの治療プロトコールを開始します。 症状が軽度の場合、患者は自宅で自主隔離措置を講じますが、インフルエンザのような状態の場合は、通常の対策に講じます。

新型コロナウイルスの症状が中程度の場合は、入院が必要になることがあります。その場合は、より具体的な治療を受けますが、通常は抗レトロウイルス薬を使用しません。 ただし、医師会や各種保険機関が承認した特定のケースの場合は、医師は承認された薬の1つを適用することができます。

集中治療中の患者の治療について、医師や各種保険機関が現在検討しているのは、症状の重症度に基づいて、利用可能な治療の選択肢を組み合わせることです。 各国の保険機関は、それぞれの医療チームが地域での可用性に基づいて薬を選択できるようにするための特定のガイドラインを作成しています。

 
  • Holshue, Michelle L., et al. “First case of 2019 novel coronavirus in the United States.” New England Journal of Medicine (2020).
  • Yao, Xueting, et al. “In vitro antiviral activity and projection of optimized dosing design of hydroxychloroquine for the treatment of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2).” Clinical Infectious Diseases (2020).
  • Nicastri, Emanuele, et al. “National Institute for the Infectious Diseases “L. Spallanzani” IRCCS. Recommendations for COVID-19 Clinical Management.” Infectious Disease Reports 12.1 (2020).
  • Sheahan, Timothy P., et al. “Comparative therapeutic efficacy of remdesivir and combination lopinavir, ritonavir, and interferon beta against MERS-CoV.” Nature Communications 11.1 (2020): 1-14.