新型コロナウイルスとガン:知っておくべきこと

5月 25, 2020
疾病がある人にとって、新型コロナウイルス(COVID-19)感染を防ぐための一般的な予防策を講じることはことさら大切です。

新型コロナウイルスに関する間違った情報の一つが、「高齢者にのみ深刻な影響を与える」というものです。

実際は、高齢者だけでなく、ガンの治療を受けている人などの免疫系の機能が低下している人も、COVID-19に罹患すると深刻な合併症を併発するリスクが高くなります。

すべての種類のウイルスは、体内で病気を引き起こすためには、私たちの体がもつ免疫システムの防御を乗り越える必要があります。

過去に感染が拡大したコロナウイルスでも同じです。

私たちの免疫システムがもつ自己防御力は、ガンをはじめとする慢性疾患のある人では弱くなる傾向があります。

また、何らかの治療を受けて免疫力が低下している場合は、防御力も低下しています。

ガンの患者が必ずしも新型コロナウイルスに感染するリスクが高いのではなく、感染するリスクは一般の人と同じです。

ただし、新型ウイルスに感染した場合は、一般の人と比較してウイルスのより強力な攻撃を受けて、深刻な症状を引き起こす傾向があります。

ガン患者を守る方法

新型コロナウイルスとガンに関して、予防策に大きな違いはありません。

基本的には、一般的に推奨されている予防措置を講じる必要がありますが、指示には厳密に従ってください。

自分の身を守る最善の方法は、社会的な接触を最大限に回避することです。

ソーシャルディスタンスと呼ばれる周りの人との距離と自己隔離措置は感染を防ぐ理想的な方法です。

他人との接触を避けるというのは、私たちは見知らぬ人との接触を避けることだけを指すのではありません。

自分の生活の一部である家族や、親しい人との接触も避けてください。

これは、ウイルスに感染していないことが確実である場合をのぞいて、握手やハグなどをしないなどを守ることが大切です。

宅配便などの荷物を受け取るときは、できれば使い捨ての手袋を着用することをお勧めします。

できる限り自宅で隔離措置を取ることをお勧めしますが、どうしても外出する必要がある場合も同様です。

予防措置は、「ウイルスにできる限りさらされない」という単純な論理で、ウイルスにさらされる回数が少ないほど、感染の可能性は低くなります。

新型コロナウイルスとガン:知っておくべきこと 医師と患者
治療を受けている腫瘍患者は免疫系が弱く、コロナウイルス感染の場合に合併症を引き起こす可能性があります。

続きを読む:米国で新型コロナウイルスワクチンの臨床試験が開始

良好な衛生状が重要な要素

新型コロナウイルスは、石鹸と水に対して非常に脆弱だと言われています。

石鹸は、ウイルスが持つ脂質または油の外膜を簡単に壊すことができます。そしてこの外膜がないと、ウイルスは崩壊します。

つまり、手を洗うことは新型コロナウイルスの予防策として重要です。

新型コロナウイルスが皮膚から侵入するのかという質問への答えは、いいえです。

ある例を使用して説明します。

新型コロナウイルスに感染している配達員が、配達する荷物の近くで咳をしたとしましょう。

荷物を受け取った人には、ウイルスが付着していることはわかりません。

そしてウイルスは、荷物を受け取った人も手に広がりますが、これだけでは感染を引き起こすのには不十分です。

ウイルスが付着した手で、自分の顔などに触れると、新型コロナウイルスが、口、鼻、または目から身体に入る可能性があり、ここで感染が起こります。

このケースでは、荷物を受け取った後、顔を触る前に手を洗うことでウイルスを除去することができると考えられます。

ウイルスが存在しない場合でも、正しい手洗い習慣を身につけることで、様々な病気の予防になります。

また、今日存在しないウイルスが明日突然存在する可能性もあります。

新型コロナウイルスとガン:知っておくべきこと 手洗い
石鹸と水で手を洗うことは新型コロナウイルスに対する最も効果的な対策の一つです。

 

詳しくはこちらから:手洗い:新型コロナウイルスの最大の敵

コントロールに役立つ他の手段

数か月にわたって推奨事項を収集してきた団体の1つであるニューイングランドコンプレックスシステムインスティテュートは、自分の家から「セーフゾーン」を作ることを勧めています。

これは、ウイルスが自宅を始めとする領域に入らないようにすることを意味します。

セーフゾーンを作るためには、家に住んでいる人と家を頻繁に訪ねる可能性がある人は、衛生状態を良好に保ち、人との接触を最低限に保つという推奨事項に従う必要があります。

また、不要な訪問者は受け入れないことが大切です。

どうしても訪問者が自宅内に入る場合は、マスクの着用と手洗いを実施した上で、ソーシャルディスタンスという十分な距離を保つ必要があります。

可能な場合は1~2か月間分の、十分な量の薬を家に用意してください。

新型コロナウイルスの感染が拡大して 医療制度が崩壊すると、薬の供給が途絶えるなど深刻な事態に陥る可能性があります。

これ以外には、多くの人が頻繁に触れる表面や物を常に清潔に保つ必要があります。

石鹸や漂白剤を使って、ドアノブや電気のスイッチを常に消毒して清潔に保ちましょう。

新型コロナウイルスとガンに関しては、現時点では患者は特別な予防策は必要ありませんが、パニックや強迫観念、そして恐怖に負けてはいけません。

現在指示されている予防策を厳格に守ることで、新しい習慣となって身につきます。

また最新情報に常に注意を払うことが大切です。

  • ROMERO, L. (2020). MEDIDAS DE HIGIENE PÚBLICA, DEFENSA CONTRA EL CORONAVIRUS. EN MÉXICO ES POSIBLE CONTENER LA EPIDEMIA. Gaceta UNAM (2010-2019), (5115), 11.
  • Zhao, Z., et al. “Individualized treatment recommendations for lung cancer patients at different stages of treatment during the outbreak of 2019 novel coronavirus disease epidemic.” Zhonghua zhong liu za zhi [Chinese journal of oncology] 42 (2020): E007.
  • Yang, L., H. Y. Xu, and Y. Wang. “Diagnostic and therapeutic strategies of lung cancer patients during the outbreak of 2019 novel coronavirus disease (COVID-19).” Zhonghua zhong liu za zhi [Chinese journal of oncology] 42 (2020): E006.