新型コロナウイルスに対して最も脆弱なのは誰ですか?  

25 5月, 2020
誰もが新型コロナウイルスに感染する可能性がありますが、ある特定のグループは、他の人よりも新型コロナウイルスに対して脆弱です。これは、感染する可能性が高いからではなく、感染した場合の症状の深刻度がはるかに高いためです。この記事で詳しく説明します。
 

現在世界中でロックダウンと呼ばれる都市の封鎖を行い、緊急の封じ込めや隔離措置が取られているのは、新型コロナウイルス(COVID-19)に対してはるかに脆弱な人々がいるという事実がその理由の一つです。

新型コロナウイルスのパンデミックは国境を越えて広がっています。

中国の武漢市で最初に感染が確認された新型コロナウイルスは、現在、世界のほぼすべての国で驚異的な速度で増殖しています。

新型コロナウイルスのゲノムの研究により、循環している粒子が中国を離れた元の粒子と同じではなくなっていることが検出されました。本質的に同じウイルスですが、その遺伝情報を変異させていると考えられています。

ただし、疫学的なプロファイルは同じままのようです。つまり、呼吸器の飛沫を介してヒトとヒトの間に感染したり、物の表面上でしばらく生き残ることができるのは同じです。

新型コロナウイルスのヒトからヒトへの感染力は強く、人間の細胞受容体に付着するコーティングがあるタンパク質により、人間の間で高い移動率を持って感染し、肺胞に最も多くの損傷を与えます。

ただし、すべての人が新型コロナウイルスに対して等しく脆弱であるとは限りません。今回の記事では、どのグループが最もリスクが高いかを説明します。

高齢者

現段階で、新型コロナウイルスの影響を最も受けるとされているグループの1つが、高齢者、特に65歳以上のグループです。科学者たちは、65歳を過ぎた人が感染すると死亡率が著しく増加することを指摘しています。

 

これまでに入手したデータによると、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した高齢者のほぼ4%が死亡しています。80歳以上の人が感染した場合の死亡率は15%です。この統計は、新型コロナウイルスのパンデミックの最中、高齢者にはより大きな注意とケアが必要であることを示しています。

季節性のインフルエンザなど、他のウイルス性呼吸器感染症の感染因子の粒子は、高齢者、つまり老化した状態の悪い呼吸細胞を利用します。このグループの免疫システムは反応が遅く、ウイルスが侵入した時に反応が間に合わないことが多くあります。

同様に、高齢者は年齢に伴う基礎疾患に悩まされることが多いため、新型コロナウイルスに対してより脆弱です。糖尿病、高血圧、および癌を患っている人は、特に影響を受けます。

新型コロナウイルスに対して最も脆弱なのは誰ですか?  入院患者

65歳以上の高齢者は、新型コロナウイルスの高い致死率が報告されています。

続きを読む:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状

慢性疾患を持つ人

新型コロナウイルスに対して脆弱な2つ目のグループは慢性疾患を持つ人です。ここでいう慢性疾患には次のものが含まれます。

  • 心不全
  • 糖尿病
 
  • 腎不全
  • 高血圧
  • 慢性閉塞性肺疾患

慢性疾患は、多くの場合、苦しんでいる慢性疾患だけでなく、服用している処方薬の副作用や相互作用などにも苦しむことがあります。

例えば、抗凝固剤を服用している患者の場合、新型コロナウイルスに感染して肺炎になると、深刻な症状を発症することがあります。これは、服用している抗凝固剤のため、集中治療の最中に血管が破裂する可能性があり、この場合は血管が自己修復するまでに時間がかかります。

ある研究では、心血管疾患をコロナウイルスによる死亡リスクの増加に関連付けました。研究の対象となった患者は、血中に高い生化学的炎症値が見られました。

新型コロナウイルスに対して最も脆弱なのは誰ですか?  心臓を持っている人

心血管系疾患を持つ人がCOVID-19に感染すると、深刻なリスクにさらされます。

詳細はこちらから:米国で新型コロナウイルスワクチンの臨床試験が開始

他の脆弱なグループと新型コロナウイルスとの関係

新型コロナウイルスに脆弱である可能性があるもう一つのグループは、妊娠中の女性です。ただし、リスク要因に関する特定のデータがまだないため、現段階では外出を避ける自主隔離措置が最も良い予防策です。

これまでのところ、妊娠中の女性のリスクは他のグループと同様ですが、妊婦の症状が悪化した2009年のH1N1インフルエンザのパンデミックとは異なります。

 

また、ウイルスの垂直感染は今のところ証明されていません。したがって、新型コロナウイルスが胎盤を通過して母親から胎児に感染するという研究や証拠はまだありません。

別の科学的研究では、血液型によって新型コロナウイルスに感染した人を分類しました。現在の研究結果では、血液型Aの人々は血液型Oの人々よりも有意に高いリスクにあることが示唆しています。ただし、この研究では参加者の数が限定されていました。

留意すべきこと

新型コロナウイルスに最も脆弱な人々は、死に至る合併症を発症する大きなリスクにさらされています。 リスクのあるグループの人は、特別な注意や衛生状態を保ちながら、自主的隔離措置を講じる必要があります。

世界中の医療システムでは、深刻な病気の人々のケアを行うだけの十分な病床数が確保できません。感染の拡大を減らすためには、リスクグループの人だけでなく、すべての人が国や政府からの指示に従い、自分の役割を果たす必要があります。

 
  • Lu, Roujian, et al. “Genomic characterisation and epidemiology of 2019 novel coronavirus: implications for virus origins and receptor binding.” The Lancet 395.10224 (2020): 565-574.
  • Zhang, Haibo, et al. “Angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) as a SARS-CoV-2 receptor: molecular mechanisms and potential therapeutic target.” Intensive Care Medicine (2020): 1-5.
  • Zheng, Ying-Ying, et al. “COVID-19 and the cardiovascular system.” Nature Reviews Cardiology (2020): 1-2.
  • Dominguez, Adrian Naranjo, and Alexander ValdÃ. “COVID-19. Punto de vista del cardiólogo.” Revista Cubana de CardiologÃa y CirugÃa Cardiovascular 26.1 (2020): 951.