9割の人が見逃すガンの初期症状

· 4月 2, 2018
ガンを早期発見して、医師の適切な診断と治療を開始するためにも、ガンの初期兆候や症状を見逃さないようにすることが大切です。ただし、ガンの初期の症状に見えて、実はガンが原因ではないものももちろん存在します。

ガンを発症すると体からの様々な警告サインが送られます。

その中でも、ガンの早期発見、そして早期治療を可能にするいくつかの初期兆候・症状が存在するため、ガンが進行する前にこれらの兆候を見つけることが大切です。

ガンの兆候だと思っても実はガンではない場合もありますが、何か不安なことがあれば、すぐに医師に相談してください。

ガンではないと安心できる場合や、実際にガンを発症していたとしても早期に治療を開始することができます。

できる限りガンの予防と、早期の発見を心がけてください。

1.皮膚の変化

皮膚の状態

皮膚に何らかの変化が起こったり、いつもと違うものが現れていたら、皮膚ガンや乳ガンの初期兆候の一つである可能性があります。

もちろん皮膚の異常が唯一の兆候ではなく、胸や脇の下に現れるしこりもガンの兆候です。

食品や化粧品へのアレルギー反応ではない時に、皮膚が過敏になったり、原因不明の症状や異常が見られ時には注意が必要です。

黒色腫の真ん中に隙間のある傷が現れている場合や、黒色腫が成長してサイズが変化している場合は、できるだけ早く医師に相談してください。

こちらの記事もご覧ください:見逃さないで! 皮膚ガンのサイン

2.長びく咳

明白な原因がないのに、突然咳が長引くようになった場合は、ガンの兆候である可能性が高いため注意が必要です。

長引くの咳はガンの症状の1つであり、食欲の低下および急速な体重減少を伴います。

また、肺ガンが進行している場合は、息が続かないなどの症状も現れます。

3.痒み

大部分の痒みは、癌とは無関係であることをまずは留意する必要があります。

しかし、痒みがガンの初期症状である可能性も、臨床的観点からそれを理由づける研究結果とともに明らかになっています。

子宮ガンなど性器の周りで起こるガンの中には、痒みを伴うガンがあります。

またを脳の癌は、鼻孔での痒みを伴う可能性があります。 これらの痒みにご注意ください。

4. 腸の健康

腸の健康

大腸ガンの初期兆候の一つに、腸機能などの変化があります。

また、血便、尿内の粘液や膿、そして消化器系疾患なども初期症状の一つであるため、注意が必要です。

5. 尿の色

腎臓ガンなどをはじめとするガンの兆候の一つに尿の変色があります

次の症状が現れたらすぐに医師の診察を受けてください:

  • 血尿
  • 高血圧
  • 腎臓の痛み
  • 慢性疲労の増加

6. 体重の減少

前述したように、急激な体重の減少は注意が必要です。特に胃ガンの可能性が高い症状です。

ただし初期症状は、次の通りなかなかガンの兆候と見分けがつかないこともあります:

 

  • 突然肉類が食べられなくなる
  • すぐに満腹になる
  • 貧血
  • 食事が喉を通りにくくなる

こちらの記事もご覧ください:貧血を自然に緩和する7つの食品

7. 長引く喉の痛み

喉の痛み

長引く喉の痛みは、咽頭癌の症状の一つだと考えられますが、最も一般的な初期症状は次の通りです:

  • 嚥下時の呼吸困難や痛み
  • 喉の異物感
  • 声のかすれ
  • 声が出なくなる
  • 血を伴う痰
  • 口内の膿のニオイ

今回ご紹介した初期症状は、自己診断を行う決定的な要因ではありませんが、医師の診断を受けるきっかけとなる症状であることを理解してください。

そしてガンの初期症状に気づいたら、できるだけ早く医師の診断を受けてください。