感染症であるレプトスピラ症の症状について

人獣共通感染症は、動物から人間へと感染が広がる病気です。これらの感染症の中でも、レプトスピラ症は世界で最も蔓延している感染症の一つです。レプチスピロシス症とは何ですか? この感染症の起源と症状にはどのようなものがありますか? 本記事で、詳しく見ていきます。
感染症であるレプトスピラ症の症状について

最後の更新: 01 12月, 2020

人獣共通感染症は、動物から人間へと感染が広がる病気です。これらの感染症の中でも、レプトスピラ症は世界で最も蔓延している感染症の一つです。レプチスピロシス症とは何ですか? この感染症の起源と症状にはどのようなものがありますか? 本記事で、詳しく見ていきます。

レプトスピラ症について

レプトスピラ症は、レプトスピラと呼ばれる細菌により発症する人獣共通感染症です。 Panamerican Health Organisation(OPS)が発表した情報によると、毎年、世界中で約50万件の症例があります。

この細菌が人間から人間へと感染することはまれです。一般的には、人間が感染した動物の尿またはそれによって汚染された環境に接触したときに感染が起こります。

レプトスピラ症の起源と症状について理解を深めるために、このままご覧ください。

レプトスピラ症を引き起こす病原体を理解する

まず第一に、この病気の原因となる細菌を理解することが重要です。早速、スピロヘータに属するレプトスピラ・インターロガンスと呼ばれる細菌についてご説明しましょう。

両極端にフック型のべん毛が付いた細長いねじれた形であるこの細菌は、顕微鏡で観察すると、蠕虫などと容易に混同する可能性があります。ただし、実際にはこの細菌は原核生物であり、言い換えれば、細胞を1つしか持っていません。つまり、この細菌の構造は環形動物ほど複雑ではありません。

感染症であるレプトスピラ症の症状について 顕微鏡を使った検査

レプトスピラ・インターロガンスとして知られる細菌がレプトスピラ症の原因です。

複雑な生物学的サイクル

ビーバー、キツネ、アライグマなどの野生哺乳類は、レプトスピラ菌の主な感染源です。これらの感染源からの感染は容易はで、傷や粘膜が感染した動物の尿に接触するときに起こります。

この種の接触は一般的には起こり得ないよう感じるかもしれませんが、熱帯の国々では、都会のネズミや家畜に感染し、家畜が人間に感染させる可能性があります。

したがって、人間はこの寄生細菌の偶発的な宿主になる可能性があります。言い換えれば、この細菌は人間を宿主として増殖を続けることはできませんが、感染症とその症状引き起こす可能性があります。

レプトスピラ症の起源

前述したように、感染が広がる地域でレプトスピラ症に感染する可能性は高いです。これは、この細菌が尿中に広がり、水中または陸上で4週間以上活動を続けることができるためです。

アメリカ国立医学図書館が発表した情報によると、人々は汚染された尿を含む水や土地に接触することや、感染した動物と直接接触することで、この病気に感染するリスクがあります。

細菌が粘膜や表在性の傷口から体内に入ると、体のさまざまな部分で一時的に増殖し、最後に、肝臓と腎臓に確実に定着します。

レプトスピラ症の臨床症状とその他の症状

この病気の潜伏期間は7日から12日の間である傾向があります。初期段階では、レプトスピラ症の症状は一般的な風邪の症状と似ています。感染症の重症度と細菌の血清型に応じて、病気はより深刻な症状を伴い、時間の経過とともに症状が続く可能性があります。

レプトスピラ症のより深刻な症状には、次のようなものがあります。

  • 首の硬さ
  • 腎不全
  • 黄疸
  • 呼吸困難

この感染症は、それぞれの症例の重症度に応じて、数日から数週間続く可能性があります。ただし、ご安心いただくため、この感染症の診断を受けたほとんどの患者は、最初の段階を超えないことを知っておくことが大切です。

これらの場合、レプトスピラ症の症状は軽度で、実際にはまったく無症候性の場合もあります。

免疫力が低下している人、高齢者、および関連した病状を発症している人は、より脆弱になる傾向があります。これは、細菌増殖の自由度が高く、除去が難しいためです。

危険因子

ここまで読んで、どういった人がこの病気にかかる可能性が高いんだろうと気になる方も多いでしょう。これは、感染した水と接触する可能性がある低所得国のコミュニティが最も危険にさらされていると考えられています。

  • 感染した野生動物が井戸で排尿するという単純な行為が、風土病としてのレプトスピラ症の感染を引き起こすのに十分です。言い換えれば、多くの感染が、小さな地理的領域で起こることがよくあります。
  • 水の混合を引き起こす洪水などが、この細菌の感染拡大を促進する可能性があります
感染症であるレプトスピラ症の症状について 病気の女性

レプトスピラ症の初期段階において、この感染症の症状は一般的な風邪の症状と似ています。

続きはこちらから:健康に害を与える個人衛生の間違い7選

レプトスピラ症の症状を心配する必要がありますか?

原則として、レプトスピラ症について心配する必要はありません。この人獣共通感染症は非常に蔓延しており、発展途上国だけでなく先進国にも影響を及ぼしているのは事実ですが、その発生率は、給水の管理が不足して状態が良くない熱帯地域で高くなっています。

個人レベルでは、野生動物の生体を扱う人や家畜を扱う農家の人などがより危険にさらされていますが、一連の予防策を講じることで、感染から身を守ることができます。結局のところ、この細菌は、汚れた手が粘膜に接触したり汚染された水を飲んだりしない限り、体内に侵入することはできません

こちらの記事もおすすめ
旅行者が感染しやすい熱帯風土病について
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
旅行者が感染しやすい熱帯風土病について

熱帯諸国で感染する可能性のある風土病の多くは、海外では「旅行者の病気」と呼ばれ、感染者が旅行をすることでその感染が広がると考えられています。そのため、熱帯風土病などの旅行者が感染しやすい病気を予防するため、事前に予防接種を受けたり、医師からの医学的なアドバイスなどの予防措置を講じる必要があります。