なぜ親と疎遠になる子供がいるの?

子育て中のコミュニケーション不足やトラウマ的な経験が、子供が親と疎遠になる理由となることがあります。このような状況に陥る原因を詳しく見ていき、大人になってから親との絆を深めるためのヒントをご紹介します。
なぜ親と疎遠になる子供がいるの?
Maria Fatima Seppi Vinuales

によって書かれ、確認されています。 心理学者 Maria Fatima Seppi Vinuales.

最後の更新: 30 6月, 2024

大人になる過程で、家族関係に大きな変化が生じることはよくあることです。今日の社会で明らかになっている現実のひとつに、子供たちが親と疎遠になることがあります。これは複雑な現象であり、より深く掘り下げて考察すべきです。

この現象には、トラウマや価値観の違いといった状況から、重要な他者や友人からの影響まで、さまざまな原因があります。この疎遠化は懸念や混乱を引き起こす可能性がありますが、その原因と結果を理解することで、この問題に対する理解を深めることができます。

子供と疎遠になる原因は何でしょうか?

子供たちが距離を置く主な理由について掘り下げる前に、この現象をあらゆる場面で責任を放棄していると単純に解釈すべきではないことを覚えておくことが重要です。むしろ、子供たちが自分の声、自立、そして幸せを見つけようとする、個人的な成長の表れとして理解することができます。

この点を踏まえ、家族間の「決別」のきっかけとなりやすい状況についていくつかご紹介します。ここでお伝えする内容が、家族のコミュニケーションを強化するための評価と行動のきっかけとなることを期待しています。

こちらの記事もお読みいただけると幸いです:ラブボミングとは? 見破る方法について

トラウマとなる経験と、親と子供たちとの距離感

親と子供たちの関係は、アイデンティティと自己認識の形成において非常に重要です。しかし、子供時代にトラウマ的な経験があると、この絆は脆くなってしまうことがあります。子供の方から、過去の傷を癒すために自ら距離を置くことを選ぶこともあります。このプロセスにおいて、自立を求める気持ちと、感情的な健康を守るために健全な境界線を確立する必要性が絡み合います。

研究によると、こうしたトラウマを引き起こす最も一般的な原因として、両親の別居、近親者の死、家庭内暴力や薬物乱用の暴露、家庭内暴力の当事者または目撃者となること、問題を抱えた家族との同居などが挙げられます。また、家庭環境も重要な役割を果たします。家庭システムが脆弱または不健全であると、成人後に疎外感や孤独感につながる可能性があるからです。

両親の別居に関しては、子供たちがもう一方の親について主張するよう仕向けるなど、問題を引き起こす要因となる可能性があります。また、別居した当事者の一方が新しいパートナーを見つけ、子供たちがそのパートナーに共感できない場合、疎遠になることもあります。別居がどのように処理され、その過程で両親と子供たちの間にどのようなコミュニケーションが確立されるかは、両者の関係の発展に多大な影響を及ぼします。

強制的な引越しと地理的距離

グローバル化が進む世界では、仕事や政治・社会的な対立などの要因により、中には故郷から遠く離れた場所で生活を求める人もいます。このような状況は、多くの場合避けられないものですが、家族関係に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

武力紛争や政治的迫害、自然災害などの状況から生じる強制移住は、親と子供の突然の別れにつながることがあります。安全とより良い生活を求めて、家族はさまざまな地域、あるいは国々に散らばってしまうこともあります。その結果、緊密な共同生活は途絶え、定期的な連絡も取りづらくなります。

一方、地理的な距離は、離れた地域での仕事の機会によっても生じます。子供が職業や教育上の目標を達成するために、別の都市や国に移住することもよくあります。さらに、経済的な側面もここで重要な役割を果たします。航空券やその他の旅行関連費用が高額になることで、遠方に住む両親を定期的に訪問することが難しくなる可能性があるからです。

価値観の違いと絶え間ない口論

大人になると、価値観や信念が形成されますが、それは子供の頃に植え付けられたものとは異なっている場合があります。両親との面会時に絶えず口論になるような場合、子供たちは不必要な緊張を避けるために会う間隔をあけることを選ぶかもしれません。子供たちは、このプロセスの中で、自分の心の平穏を守るために、限界を設定することを学ぶのです。

通常、価値観の違いは思春期以降に生まれます。なぜなら、子供たちはこの時期に、養育中に形成された愛着の絆を超えて自立を求めるからです。家族の雰囲気や両親からの尊敬が、将来の関係の在り方を決定づける上で最も大きな影響を与えるのは、まさにこの時期です。

この点において、研究結果は肯定的です。それによると、以前とは違って、宗教、政治、性といったタブーとされてきた話題が取り上げられるようになったため、親と子供の間のイデオロギーのギャップが小さくなり、世代間のギャップが家族の崩壊に及ぼす影響は少なくなっていることが示されています。

パートナーとの衝突や人間関係の緊張

恋愛や恋愛関係は、親と子供の絆に複雑さを生み出す可能性があります。価値観の衝突や、選んだパートナーを受け入れることの難しさは、徐々に距離を置くきっかけとなります。両親が恋愛に抵抗したり、パートナーが恋人の家族に不満を抱いたりすると、家族の絆にプレッシャーがかかり、訪問の頻度を減らす人もいます。

精神的な問題や性格的に難しい子供や両親

家族という環境自体が、精神的な問題を抱える子供たちや、気難しい性格の子供たちにとって難しいものになることがあります。特に、そのような問題を抱える両親を持つ子供たちにとってはそうです。このようなケースでは、複雑な力学が働き、両親との関係に悪影響を及ぼすことがあります。人格障害やその他の症状は、人々の意思決定に影響を与え、保護措置として距離が生まれる原因となります。

実際、家族内の団結とコミュニケーションの欠如は、両親のうつ病を反映している可能性があり、通常、感情的および行動的な問題を抱える子供たちを生み、それが関係性のさらなる崩壊につながることが示されています。

親の好みと贔屓

「よく出来た子」や「お気に入り」の子供に対する偏りは、家庭内の不満や対立を引き起こす可能性があります。 両親が特定の子供だけを特別扱いすると、家族の絆が損なわれ、公平性が損なわれる可能性があります。 不利な立場に置かれていると感じている子供は、このパターンから抜け出し、自分だけのアイデンティティや価値を見つけるために距離を置く決断を下すかもしれません。

バランスとコミュニケーションの重要性

親子間の疎遠化はさまざまな原因で起こる可能性がありますが、バランスの取れた見方を維持することが重要です。現代の家庭生活には課題とチャンスの両方があるということを認識することで、両者は自分たちの関係における役割について考えることができます。懸念や期待を共有するオープンで率直なコミュニケーションは、相互理解への道を開き、大人の観点から関係を再定義するきっかけとなります。

家族と関係性を再開するときに健全な関係を維持する方法

両親と子供たちの間の和解と絆の強化は、双方にとって望ましい目標です。これを達成するには、コミュニケーションと相互理解の確かな基盤を築くことが不可欠です。一緒に過ごす時間を最大限に活用するためのヒントをいくつかご紹介します。

  • コミュニケーションをオープンに保つ:自分の考えや気持ちを率直かつ敬意を持って表現しましょう。相手の話を積極的に聞き、自分の意見を述べてもらいましょう。
    • 明確な期待値を設定する:ミーティングの前に、訪問中に衝突の原因となりそうな問題について話し合っておき、家族の平和を守るための境界線を設定しておきましょう。
  • 相互尊重の姿勢を保つ:違いや個々の考え方を認め、批判や批判的な意見を避ける。
  • 有意義な時間を過ごす:訪問の回数ではなく、一緒に過ごす時間の質に重点を置きましょう。有意義な活動に参加し、共有する時間を楽しみましょう。
  • 感謝の気持ちを伝える:家族一人一人がしてきた努力や犠牲を認識し、評価しましょう。愛情やサポートに対して感謝の気持ちを常に持ちましょう。

親子関係は、愛、挑戦、そして個人の成長の複雑なダンスです。疎遠になる理由は様々かもしれませんが、絆を再構築する可能性が常に存在します。オープンで共感的な姿勢と献身的な態度で接することで、今後何年も続く、養育的で有意義な関係を築くことが可能です。


引用された全ての情報源は、品質、信頼性、時代性、および妥当性を確保するために、私たちのチームによって綿密に審査されました。この記事の参考文献は、学術的または科学的に正確で信頼性があると考えられています。


  • Cantón-Cortés, D., Cortés Arboleda, M. D., & Cantón Duarte, J. (2010). Experiencias traumáticas, ambiente familiar y ajuste psicológico. Revista INFAD de Psicología International Journal of Developmental and Educational Psychology, 1(1), 363-369. https://www.redalyc.org/articulo.oa?id=349832324039
  • Montañés-Sánchez, M., Bartolomé-Gutiérrez, R., Montañés-Rodríguez, J., Parra-Casado, M. (2008). Influencia del contexto familiar en las conductas adolescentes. Revista de la Facultad de Educación de Albacete. https://dialnet.unirioja.es/servlet/articulo?codigo=3003557
  • Weissman, M. M., Wickramaratne, P., Nomura, Y., Warner, V., Pilowsky, D., & Verdeli, H. (2006). Offspring of depressed parents: 20 years later. The American journal of psychiatry163(6), 1001–1008. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16741200/

このテキストは情報提供のみを目的としており、専門家との相談を代替するものではありません。疑問がある場合は、専門家に相談してください。