ペアレンティング:様々な子育てスタイルについて

1月 30, 2020
海外では「ペアレンティング」と呼ばれる、子育てのスタイルや方法は、親が子供にどのように反応して接するかを表す言葉です。今回の記事では、心理学者のマルセロ・セベリオが、さまざまなタイプのペアレンティングについて説明します。

ペアレンティングと呼ばれる子育てのスタイルは、親の意識的で自発的または不随意的な行動、態度、身振り、および子供との言語によるコニュニケーションであり、子育ての技術的または戦略的コミュニケーションを含む子供との親子関係を築くスタイルです。

現在では多くの子育てクラスが開催されていますが、基本的には、その人が子供の頃にどのように育てられたか、そして親として自分が正しいと信じる行動や考え方が、子育てスタイルに影響を及ぼします。

親は子供の鏡と言われることがあるように、子育てにおいては、親からの様々な情報が自発的または不随意的に子供に影響を与えます。

子供は親が考えるよりも純粋で「透明」な存在なので、価値観、新年、感情表現やコミュニケーションのスタイル、またはしつけをそのまま受け取ります。

今回の記事では、様々なタイプの子育てスタイルについてご紹介します。

ペアレンティング:様々な子育てスタイルについて 子供に説明する父親

子育てスタイル:あなたはどのタイプの親ですか?

心理学者のダイアナ・バウムリンド氏は、子育てスタイルに関する最も有名な理論開発しました。

バウムリンド氏による4つの分類は次の通りです。

  • 権威型:子供が何をすべきかを親が決定する
  • 迎合型:子供に好きなようにさせる
  • 専制型:圧倒されることなく子供に基準を伝えて適切に指導する
  • 放任型:子供以外のことに親の関心が集中する

発見:子育ての赤信号:子供にとって有害な親のふるまいとは?

専制型

このタイプの親はバランスが取れた子育てと、子供との開かれたコミュニケーションを維持します。

これは子供と親の相互理解にとって、最良の方法です。

子供への要求は高いものの、子供が目指している目標に焦点を合わせています。

このタイプの親は、子供が自律的で成熟した大人になることを望んでいるため、子供たちの気持ちを理解し、それらを正しく管理する方法を子供に教えます。

親が子供を管理するのではなく子供自身が管理する方法を学ぶため、子供はより自由に様々な物事に挑戦し、自分の考えに基づいて、正しい意思決定を行うことができるように成長します。

子供のイニシアチブをサポートすることで、子供が日々直面する問題を自分の力で解決できるように導き、これが結果として、自律性の正しい発達につながります。

子供が何らかの罰を親から受ける際も、なぜその罰を受けることになったのかを説明し、正しい方法で罰を与えます。

普段は子供を罰するのではなく、教えることに注意を払うこのタイプの親は、子供に罰を与えなくてはいけない状況になった時でも、正しく説明して子供を導くため、高い自尊心と自律性を持つ子供へと成長する傾向があります。

専制型の子育てにおいては、明確なルールと物事への境界線が設定されており、子供の自立や独立を促進するのに役立ちます。

親は、子供の年齢に応じた自立心を期待し、成長段階にあった振る舞いを期待するように導きます。

専制型の子育ては、子供を尊重し、子供のニーズ、懸念、関心に常に注意を払うため、専門家は最高の子育てスタイルだと考えています。

権威型

権威型の親は受容的ではなく、子供たちに高い期待を抱きます。

家庭内には厳しい規律があり、親子間において開かれた対話はほとんどありません。

子供が親の期待に沿えない場合は、子供を罰することが多く、罰として子供と話をしない親もいます。

親が子供に何かを命令する場合の唯一の説明は「親がそう言ったから」です。

このタイプの親は、子供のニーズに敏感ではないため、子供と何か話し合うよりも、子供と衝突したり怒鳴る傾向が高くなります。

このタイプの親に育てられる子供は。自分で何かを選ぶのではなく、親が選んだことだけを行うため、社会的スキルが低下する傾向があります。

子供に自主性を与えることなく、親が設定した規律を行使する権威型の親は服従を美徳と見なし、ためらうことなく子供に罰を与えることが多くあります。

迎合型

このタイプの親は、子供のニーズと欲求に非常に敏感です。

過度に子供に期待することはありませんが、すべてに関して親が関与する傾向があります。

子供に多くを求めず子供の生活を正しくコントロールしないため、物事への境界線が設定されず、子供が自制心を身につけない可能性があります。

迎合型の親に育てられる子供は未熟で、衝動を抑えられない傾向があり、社会的責任を負いません。

言い換えると、衝動的な行動をとる傾向があり、思春期には社会的に追放されるタイプに成長する可能性があります。

自分の行動をコントロールする方法を学ぶ機会がないため、自分の行動に責任を持たず、自分が何か問題を起こしてもそこから逃げることが多くなるでしょう。

また、自分の欲しいものを手に入れるために他人に物事を要求するタイプの甘やかされた子供が多いのも、この子育てスタイルの特徴です。

ペアレンティング:様々な子育てスタイルについて 子供の手を握る親

放任型

このタイプの親には、厳しさはありませんが柔軟性もありません。

一般的にこのタイプの親は冷たく、子供の生活にほとんど関与しないため、物事への境界線を設定したり子供に厳しくすることがないばかりか、子供に何か責任を持たせることがありません。

このような放任型の親を持つ子供は、親の生活において自分以外の他の側面が何より大切であることを知ります。

放任型の親は、子供の感情や意見は無視し、子供が必要とする衣食住と教育という基本的なニーズのみを提供します。

つまり、必要最低限のニーズは提供するものの、子育てにおける感情面でのサポートや親の存在という物質面において多くが欠乏しています。

同じ場所に住んでいても、コミュニケーションはほとんどなく、子供のニーズにはほぼ気づきません。

子供に何も期待しないため、このような環境で育った子供はが成長すると、感情面や行動面において様々な問題を抱える可能性が指摘されています。

子供や10代の若者を育てる上で、愛情やアドバイスなどが欠如する放任型の子育ては、子供の成長に多くの悪影響を及ぼします。

子供は常に不安を感じ、自分は価値が低い人間だと考えたり、社交性が低く、欲求不満やストレスへの耐性が低い傾向があります。

特定の子育てスタイル

筆者は、10代の若者との交流や、彼らの両親とのインタビューにおいて、子育てには多くの特性があることを改めて実感しました。

前述の心理学者、ダイアナ・バウムリンド氏の分類を基礎に、いくつかのタイプを組み合わせた子育てスタイルが多く、特定のスタイルに多くの親が偏っているのが現状です

罪悪感

子供との間に境界線を設定することで罪悪感を感じる親です。

子供に認められて愛されたいと努力することに集中するあまり、子供に「ノー」ということが否定や拒否に繋がると信じているタイプです。

厳格

子供の可能性を発見し、適度に厳しくしながら子供を励ますことで子育てを行います。

子供のやる気を起こすタイプの子育てスタイルです。

過度に厳格

子供が達成できなかったことを、何度も持ち出すタイプの親です。

子供が達成したことを褒めず、失敗したことに親の注意が向くタイプの子育てです。

独裁

親が独裁者として振る舞い、子供にとって必要な秩序や様々な物事への境界線について、正しい説明を行いません。

子供が何かを望んでいるかどうかを重要視せず、親が正しいと思うことのみに焦点を合わせるタイプの子育てです。

正しい境界線を引く

子育てにおいて、効果的で明確そして柔軟な境界線を設定し、子供にその理由を正しく説明することができる子育てスタイルです。

過度に与える

子供が欲しいものをすべて与えることで、子供の正しい発達が保証されると考える子育てですが、過度に与える傾向があります。

無制限の寛容さ

子供が何を望んでいるかを過度に考え、そのアイデアにブレーキをかけない親です。

何事にも境界線を設定せず、子供を正しい方向へと導くことをができない親を指します。

厳しさと優しさ

子供にとって大切で必要な場所は家庭であると確信し、子供に必要な秩序と愛情を与えるタイプの親です。

過保護

子供の自立や独立を奨励せず、過保護になりがちな親です。

親が子供のためにすべて行動し、子供に何か危険なことや悪いことが起こるのではないかと常に心配している親のことです。

親の夢を過度に反映させる

親が持つ欲求不満の原因となる欲求を、子供たちで実現しようとするタイプの親です。子供の願いに耳を傾けず、自分が実現できなかった夢や欲求を子供で叶えようとするタイプです。

子供に必要なものを与える

これは過度に物を与えるタイプの親とは異なり、アドバイスをはじめとする子供が必要とする物事を正しく提供するタイプの親です。

子供が将来的に自立するために必要となるものを提供し、子供が自由に意思決定できるサポートを行います。

将来的に、親は子供を手放し自立させる必要があることを理解しているタイプの親です。

子供を全面的に信じる

一見すると、子供を信じている素晴らしい子育てスタイルに見えますが、このタイプの親は、子供にすべてを与えるのが子育ての最良の方法だと信じています。

コミュニケーター

家族間でのコミュニケーションを優先し、子供に正しい方法で説明します。

子供にプレッシャーを与えず、それぞれの時間や考えを尊重します。子供に質問を行うことで、正しいコミュニケーションを維持するタイプの親です。

無制限

子供の成熟度や精神状態を、他の子供と比べず、子供が自由でいられる環境を提供します。

子供の自立を促進するタイプの子育てスタイルです。

安定

子供の感情面を豊かにする「栄養」を与えます。

言い換えると、言葉によるコミュニケーションや態度で、子供に対して愛情と感謝を表現するため子供の感情面が安定します。

続きを読む:子育てで気を付けるべき5つのこと

ペアレンティング:様々な子育てスタイルについて 父親と息子

子育てスタイルの致命的な組み合わせ

無制限と子供を全面的に信じるスタイル:子供を無制限に信じることに加えて、子供が必要なものと欲しがる物をすべて与えるため、子供が自立できない大人に成長する可能性があります。例えば、成人した子供のためにアパートを借りて一人暮らしをさせるときに、その費用を親が全て支払うなどです。自立を促進するように見えますが、親が子供のニーズを全て補う傾向があります。

権威主義と罪悪感:権威主義の親には良い点と悪い点があります。このタイプが、罪悪感を感じはじめると、極端で厳格な命令を行い子供を罰する一方で、子供を守り正当化すると言う矛盾が起こります。

放任と罪悪感:子供を自由にさせることで親が罪悪感から解放されるタイプの子育てで、親が「子供の子供」のように振る舞う傾向があります。つまり、子供が親を支配し、親が子供にコントロールされるリスクがある子育てです。

過度の厳格さと親の夢を反映させるスタイル:子供の希望や願望を無視するだけでなく、自分が子供に求めるものを強く要求しすぎる傾向があります。ここに権威主義的な特性が加わると、さらに状況が悪化します。

子供に心身面での「栄養」を与えてる機能的な子育てを実践する親とは、子供の成長、自律性、コミュニケーション力、感情表現、そして明確な境界線の設定を指導してサポートする親です。

このようなタイプの親は、以下のような特性を組み合わせた子育ておをこなっている傾向があります。

安定+こだわりを持って必要なものを提供する+生産性のある厳格さ+正しい境界線を引く+コミュニケーター

理想的な子育てとはユートピアなどではなく、毎日の生活の中から子供と一緒に学んで成長していくことです。