子供は親を映す鏡ってホント?

· 7月 11, 2018
親が子供に求めることや子供の前の親の態度が一貫していることが非常に大切です。子供達に親が与える影響は大きいため、実は親が子供にとって最高の鏡である必要があります。

「子供は親を映す鏡」だと耳にしたことはありませんか?

子供達は、自分が見聞きしたことをスポンジのように吸収するため、自宅での出来事や親の発言は子供の成長や将来の言動に大きな影響を与えます。

親になるということは簡単なことではありませんし、自分の時間を適切に活用しながら、自分の言動に一貫性を持たせて子育てを行うのは、時には「チャレンジ」です。

  • 親が気づいていないときでも子供達は常に親を観察し、親の行動を真似ます。
  • 子供達は親のようになりたいと考えます。そのため子供にとって最高の「ロールモデル」となることが大切です。
  • 人生における価値観や大切なことは親から学ぶため、子供が親を映す鏡だという言葉を聞くと、不安になる親もいます。
  • ジェスチャーなどの動き、そして話し方をはじめとする親の言動を子供は真似ます。また親が他人とどう接しているかを観察して、それを真似るのは、親子の深い心の繋がりがあるからです。

子供が親を映す鏡なら、親はどのように行動したら良いのでしょうか?

1. 信頼関係と開かれたコミュニケーションを築く

家族の絆

家族の間ではコミュニケーションが欠かせません。信頼と尊敬、そして安心した環境を子供に提供し、開かれたコミュニケーションを図ることで、家族全員の絆が深まります。

2. 健康的なライフスタイルを送る

子供は親を映す鏡だと前述しましたが、これは日常生活にも当てはまります。

親が健康的なライフスタイルを送れば、子供も自然と学びます。

運動をして野菜や果物を中心とした健康的なライフスタイルを子供と一緒に送ることで、子供は自然と実践することができます。

言葉を使って何度も子供に説明するよりも、一回の行動を見せることの方が子供の記憶に残ります。

子供に「あれをしろ、これをしろ」と毎日口うるさく言うのではなく、まず親が実践することが大切です。

3. 怒鳴らない

怒鳴らないこと

前述したように、子育ては簡単なことではなく、忍耐力を必要とする大きな挑戦です。

親としてストレスが溜まることもありますが、子供や他の家族に怒鳴るのは避けてください。

親が子供に怒鳴ると、子供は「怒鳴る」という行為を容認し、他人に対しても怒鳴るようになり、親が子供にそれを注意した時「でもお父さん(お母さん)も怒鳴るでしょう?」というようになります。

4. 正直であることの大切さを教える

子供に嘘をついて欲しくないのなら、親が子供に嘘をついてはいけません。言い訳をせず、子供との約束は必ず守りましょう。

親が子供に決して嘘をつかないことで、正直さを学ぶだけではなく、自分の言葉の責任とその大切さを学びます。

5. 暴力は使わない

残念なことに、暴力などの悪習慣ほど子供たちは最速で学びます。そのため、しつけの一環として暴力を使うのはやめましょう。

子供が何か悪いことをした時には、何が間違っていたのかを言葉で説明してください。

暴力で教えようとしても、子供は何も学ばないため、暴力以外の方法で子供に教える方法を見つけましょう。

親が問題を解決する方法として「コミュニケーション」を活用すると、子供たちは様々な視点から物事を見ることができる寛容な人間に育ちます。

6. 尊敬し尊敬される

自分の周りの人を大切に扱いましょう。周りの人を批判してはいけません。

常に周りの人に対して敬意を持って接することで、子供にも他人とどう接するか、そして周りの人々と敬意を持った関係をどう築くのかを自然と教えることができます。

子供が反抗的な言動を取ったときは、親としての毅然な態度を取り、子供は親に対してそのような態度をとるべきではないことをしっかりと教えてください。

長い時間をかけて築き上げていく親子の関係は、お互いを信頼して尊敬することで成り立ちますが、この関係は「一緒に」築き上げていくことが大切です。

7. 自分の夢を追いかける

自分の夢を追いかける

親になることは自分の夢を諦めることではありません。もちろん子育てをしながら夢を追いかけるのは簡単なことではありませんが、不可能なことでもありません。

強い信念を持ち、夢に向かって進みましょう。一人の人間として自分の夢を追いかける親の姿は、子供だけではなく家族全員に取ってのインスピレーションとなり、子供は親の強さと努力から多くを学びます。

8. 子供がいることの幸福感

子供がいることはとても幸せなことですが、それを子供にしっかりと伝えることが大切です。

子供を抱きしめる、子供と一緒に時間を過ごす、そして子供にどれだけ愛しているかを伝えることが大切です。言葉にしなくてもわかると考えず、子供がいることがどれだけ親にとって幸せでラッキーなことなのかを言葉や態度で示してください。

子供に愛情を与えることで、子供も同じ方法で親に愛情を表現するため、それによって親がまた幸福感を感じます。

9. 間違いを恐れない

間違いを恐れない

常に完璧な親でいる必要はありません。誰しも間違いを犯すことはありますし、間違いを犯したからと言って「失敗」したと考えず、自分の間違いを正す良い機会だと考えてください。

自分の間違いから学び、親が再び正しい道へと進むその過程を見て、子供は学びインスピレーションを受けます。

最後に

子供は親を映す鏡であり、実は親も子供を映す鏡です。そのため、子供が親という鏡をのぞく時に誇れるような、子供にとっての最高の鏡となりましょう。