子供を怒鳴るのを止める方法

10月 2, 2017
子供たちに怒鳴ってばかりで自分に嫌気がさしてしまっていませんか?

子供たちに怒鳴ってばかりで、自分が嫌になってしまっていませんか? 義務や責任を負い余裕がなくなってしまうと、子供が言うことを聞かないとき冷静さを失ってしまいがちです

しかし、言うことを聞かないからと言って子供を怒鳴るべきではありません。

怒鳴ると、子供たちの自尊心を低くしてしまう可能性があります。さらに、受け身な子になったり、周りの言葉に過剰に反応して、言い訳をするような子になってしまうこともあるようです。

子供たちは、身近にあるものを真似して同じように行動します。ですから、怒鳴っている親を見て育つと、周りの人を思い通りにしようしたり、他の意見を聞かないようなネガティブな性格を作り出してしまいます。

どうやったら子供たちを怒鳴るのを止めることができるのでしょうか?

コントロールを失ってしまう状況を特定する

gritar-madre-830x415-500x250

まずやるべきなのは、怒りのコントロールができているかを認識することです。これを最初に認識しておかないと、いつまでも子供に怒鳴るのを止めることができません。

現実に向き合いたくないという人もいると思います。しかし、私たちの行動で影響を受けてるのは、私たちだけではないのです。あなたがコントロールを失った時に悪い影響を受けるのは、全く罪の無い、小さな子供たちです。

最初のステップは、コントロールを失い、子供に怒鳴ってしまった時のことを思い出しじっくりと分析してみることです。

これにより自分の怒りのパターンが見えてきます。例えば、職場での長い一日を終えた後や、夫とケンカをしている時に怒鳴ってしまうことが多い、など。

これを知っておくだけで、自分自身の怒りをコントロールするのに役立つだけではなく、あなたの怒りのスイッチを押す問題を先に解決するように努力することもできるようになります。

コントロールできるようになれば、私たちにも良いことがたくさんあります。

とはいえ職場で大きなストレスを生む仕事を任されている時や夫とケンカした時に、機嫌が悪くなってしまうのは当たり前のこと。あまり自分を責めないでくださいね。

これを理解しておけば、行動に移すのが遅すぎるなんてことはありません。早速始めましょう!

子供への過度な期待に気をつけてください

2016-09-14-02-04-25-anakemosi05-500x250

期待は私たちに罠をしかけます。特に、他人に自分の思い通りに行動してほしいという期待をしてしまうと大変です。

子育て中の親にはよく見られる状況です。親たちは子供たちがもう色々なことの善し悪しを理解していると信じ込みます。しかし、必ずしもそうとは限らないです。

例えば、あなたの息子が床にガラスのコップを投げつけたとします。彼は、床にガラスを落としたら何が起こるのかよく分からずに、試してみたかったのかもしれません。しかし、あなたは息子を怒鳴るでしょう。

小さな子供たちは、私たち大人にとっては当たり前なルールの多くをまだ知りません。怒鳴られて、叱られて、学んでいる最中なのです。

頭ごなしに怒鳴られてばかりいる子供は、押さえつけられているように感じ、恐がり、不安を常に感じるようになってしまいます。

行動をする前に、考えましょう。小さなことに反応する前に、一歩ひいて状況を見る必要があります。落ち着いて、平和で静かな心を持って生活しなければいけません。

私たちの子供に対する期待が、子供たちが学んでいるという現実を見るのを妨げています。

行動する前に考えて、深呼吸してみてください!

beneficios-respirar-bien

先ほどもお伝えしましたが、あなたの感情がコントロールできなくなるような状況にすぐに反応する必要はありません。

自分自身に少し時間をあげましょう。必要であると思えば、子供のいる部屋を一回出て、深呼吸をしにいってください。ゆっくり息を吸い込んで、落ち着いて客観的に何が起こったのかを観察してみましょう。

感情のコントロールができていないと、合理的に物事を考えられなくなります。そして自分の言動もコントロールできなくなり、叫んだり、怒鳴り散らしたりしてしまいます。

自分自身に少しの時間をあげると、気づいていなかった色々なことに気づくでしょう。

例えば、あなたが子供に過度な期待を抱いていること、子供は単に善し悪しを知らなかったこと、この怒りは今のものではなく他の状況から来ていることなど。

子供を怒鳴るのは、子供たちに悪い例を見せているのと同じことです。私たち、親の努力次第でこれは絶対に解決できます。

ただ変えたいという意志と態度が必要です。それがなければ、小さな子供たちに深刻な影響を与えるかもしれないということを覚えておきましょう。

親たちのストレスを子供たちにぶつけてしまってはいけません!

あなたへおすすめ