怒りをコントロールする/6つの簡単なテ​​クニック

2月 2, 2016
怒りは心理的な変化だけでなく、血圧、ホルモンの分泌、呼吸すべてが増加するため、生物学的変化も伴います。ですから、怒りを制御する方法を学ぶことは大切です。

誰でも時には怒りを覚えるものですが、頻繁に繰り返されるようだと問題が生じます。最近あまりにも自分が「不機嫌」だと自覚しているなら、怒りをコントロールする、次のような対策をとってみると良いかもしれません。

怒りは周りの人々にだけでなく、自分自身の体にも打撃を与えます。多くの研究が、 怒りは、特に男性に心臓疾患を起こす可能性を増大させることを示しています。また、ストレス、消化不良、不眠、頭痛、胃炎といった問題を引き起こします。ですから、体温が上がり、顔が赤くなり始めた時、その瞬間を制御する方法を学ぶことが重要です。

怒りとは?

怒り2

怒りは、その人の状態や怒りのきっかけによって、その強さが変わる感情です。軽い場合は、ひどい不快感であり、極端な形は激怒や憤慨です。血圧が上昇し、例えばアドレナリンやコルチゾールといったホルモンの生産と呼吸が増加するため、心理的および生物的両方の変化を伴う可能性があります。

一般的に怒りを表現する本能的で自然な方法は、叫んだり物を投げたり、物や人に当たるといった攻撃的行動の形をとります。アメリカ心理学会は、怒りは、大きな悪から身を守るために戦わなければならない、外部の脅威に対する反応であると述べています。 しかし、怒りは生存のために少しは必要ですが、極端な怒りは常に有害だと肝に銘じておくべきです

怒りを制御する技術と方法

リラクゼーション

リラクゼーションセラピーやリラックス法は、ストレスや怒りだけでなく、そのように感じさせる考えや感情を減らすことができます。リラックスするためには、ヨガや太極拳のように瞑想することが効果的です。目を閉じて鼻から深く息を吸い込み、何も考えないようにしてみましょう。非常に難しいと思っても心配せず、とにかくやってみると、自分が徐々にリラックスし始めることに気づくでしょう。

心を清めるアクティビティー

運動週間

身体的な運動は、怒りを自然になくすことができます。 しかし、すべてのスポーツや鍛錬が有益なわけではありません。あなたが体を動かすタイプでなくても心配しないでください。緊張から解放されると同時に楽しくなる活動がきっと見つかります。 たとえば、ボクシング​​、柔道、テコンドー、キックボクシング​​などの格闘技を試してみては。または、自転車に乗ったり、ウォーキングすることで、怒りの爆発を防ぐことができます。

もし自分の怒りが大きくなり始めていることに気づいたら、散歩してリフレッシュしましょう。スポーツジムにいるなら、あなたを怒らせているもの(上司、お母さん、あなたの車に衝突した男など)を排除することにエネルギーを集中しましょう。

問題を知る

体から過剰な怒りを取り除く良い方法は、それに向き合うことです。これは、怒りの原因や自分の反応が何であるか、自分自身を深く掘り下げることを意味します。自分を悩ませているものが何か気づいていない場合、セラピストや、これらの感情を自分の中に引き起こした本人と話をすることが、助けになるかもしれません。問題に集中し、すべてのことに解決策があると信じましょう。

もし状況が制御不能な場合は、くよくよすることはありません。もし改善したり変えたりできることがあれば、やってみましょう。自分一人で怒りに対処できないと思ったら、心理カウンセラーを予約しましょう。カウンセラーは、様々なテクニックを使ったり、単にあなたがその問題について文句を言うのを聞くことによって(感情を表に出すことは、同じく緊張を解くための素晴らしい方法です)、助けになってくれるでしょう。

状況について合理的に考える

怒りが自分自身を支配し始めると、まともに考えることができません。 実際は、その他の問題と同じく、これは解決できる問題です。まず、「決して」と「いつも」という2つの言葉を避けましょう。なぜなら、怒りを正当化し、起こっていることへの解決策を探すことができないからです。「自分が時間に遅れるといつも腹がたつ」「交通渋滞中は決して冷静にはなれない」を変え、「次に、時間通りに到着できなかったりラッシュアワーにつかまっても、気持ちを静めるために最善を尽くす」と思うようにしましょう。

コミュニケーションを改善

フラストレーションは時に私たちを捉えるため、怒りが生じます。人と何回か話し、望んでいたように物事が行かなかった場合、それはいつも他の人のせいではないかもしれません。自分が思っていたほど上手く説明できなかったからかもしれません。自分の言うことをよく聞いて、彼らがあなたの言葉をどう理解しているか聞き、すべてがクリアになるまで彼らの質問に答えましょう。これで多くの問題を防ぐことができます。

休暇を取る

リラックス

もし休暇が取れない場合、少なくとも週末は、家以外の場所か馴染みのない場所で、休息を取りましょう。日常を少し離れ、公園やビーチを歩きましょう。問題を考えることを止めるのではなく、自分が望むことやどうやって心を静めるか考えましょう。都会の交通渋滞や働きすぎなど、自分を苛立たせるものには接触しないでください。 常にポジティブに考え、自然を満喫し、息を深く吸って、花の香りを楽しみ、たくさん笑ってみましょう。

あなたへおすすめ