過去の傷と心の痛みを取り除く方法

過去の傷を癒すためには、自分のことを可哀想に思うのをやめ、過去の出来事にばかり目を向けず、自分が好きな楽しめるアクティビティーで気分を変えながら、未来に目を向けることが大切です。

過去に起こった出来事をどれだけ思い返しても現在を楽しむことはできず、将来さえも見えなくなりますが、辛い経験をしたときには、そこで受けた傷をしっかりと癒す方法を学ぶことが大切です。辛い経験は私たちの心の奥深くに「傷跡」を刻む炎のようなものです。

今回の記事では、過去の出来事を克服しながら心の傷を癒す方法をご紹介します。

過去の傷と心の痛みを取り除く方法

人生のある時点で、多くの人が説明することができないほどの辛い経験により感情的な痛みを感じます。心が傷つき、何も手につかなくなり、誰も自分を助けてくれないようにさえ感じます。

愛する人の死や恋人との別れなどの辛い経験が、私たちの心に大きな傷を残しますが、これらを乗り越えるためにどのような行動を取るかは私たち次第です。

自分に起きた辛い出来事に関して、自分には責任はない、相手に謝ってほしいなどと考えるのは一般的な感情ですが、この方法では、憎しみ、恨み、そして心の痛みが蓄積するだけで、心身の健康に悪影響を及ぼすことさえあります。

また過去に執着しすぎるあまり、辛い過去や当時の状況を何度も思い起こし、いつまでもその場に立ち止まってしまうと、快適で心を癒すような新しい体験をすることができなくなります。

まずは、過去の傷を癒すことが不可欠です。自分の心を荒らして傷つけ、憂鬱にさせた状況を乗り越えてください。いつまでも悲劇のヒロインを演じている場合はすぐにやめ、現在をしっかりと生きながら未来を見つめることが大切です。

過去の傷を癒す方法

辛い状況や痛みを伴う出来事は、私たちの心に深い痕跡を残します。 心の傷を癒し、過去の辛い経験から立ち直るためには、誰もがさまざまな段階を乗り越える必要があるのは事実ですが、いつまでもその場に立ち止まっている人が多くいます。

自分を傷つけた過去に別れを告げ、心の傷を癒しながら未来に向かって進むときがやってきました。心の傷をしっかりと癒さない限り、何かのきっかけでその傷が痛み、幸せを妨害することを忘れず、必ず傷を癒してから前に進む努力をしてください。

1. 状況を理解する

状況を理解する

心が傷つき捨てられたように感じているかもしれません。このような場合は、なぜ現在のような状況になったのかという過程を理解することで、自分に起こった出来事を分析しましょう。

状況を理解することは、同じことを何度も繰り返し考えてそこに立ち止まることではありません。なぜ自分がなぜ今のような感情を抱き始めたのか、どうしたら前進することができるかなどを知るために自分に起こったことすべてに目を向け、自分と同じ状況に陥っている人がいたら、どのような言葉をかけるか考えましょう。

そしてその言葉を自分自身にかけてください。

2. 必要なことだったという事実を受け入れる

辛く恐ろしい状況を経験している中での決断や行動が、その状況から脱出するのに役立ちました、つまり自分の身を守るためには必要な行動だったのです。

自分に必要だったという事実を受け入れ、自分を可哀想だと感じるのをやめて、問題を別の角度から見るようにしてください。

私たちは自分が思っているよりもずっと強い人間です。

3.自分の考えに抵抗しない

思考を受け入れる

瞑想に使われる方法の一つに、「風といっしょに動く雲のように何か思考が現れるたら、思考を分散させるために吹く」という方法があります。

例えば「リンゴについて考えないようにしてください」というと、逆に一日このリンゴという果物のことを考えてしまいがちです。つまり、自分の中に生まれた思考に抵抗すると逆にその考えが永続的なものになります。

しかし大切なのは「吹く」ことです。

過去の傷に関連する様々な感情や考えが現れたら、何か別のことに集中しましょう。自分の苦しみをモチベーションに変えましょう。家の中で昨日の出来事ばかりを考えるのではなく、現在を生きながら未来について考えることが大切です

4. 自分の好きなことをする

気分が落ち込んだり辛い思いを経験しているときに、何もする気が起こらないのは事実です。 そして恋愛映画を見たり、悲しい音楽を聞いたり、恋愛で辛い思いをした時は恋人との思い出を振り返りながら泣いて、週末を過ごす人も多くいます。

しかし、状況が悪化して辛い気持ちが消えないときには、その気持ちを忘れるような「何か」をすることが大切です。

まずは面白い映画を見てエネルギーを補給したら、玄関から一歩外に出るなどの小さなことから始めましょう。玄関から外に出ることができなたら、自分の好きなことをしたり、ペットと散歩に出かけたり、美味しいランチを食べにいくなどの外出を楽しみましょう。

また家の中ではゆっくりと浴槽に浸かり体を癒したり、家の中を掃除することで心と体を浄化することができます。

5. カレンダーに左右されない

カレンダー

過去の記憶が蘇るような、ある特定の日付をカレンダー上に見つけて悲しくなることがあります。

二人が別れた日や大切な人を亡くした日などの「辛い記念日」には、できる限り自分を奮い立たせるようなモチベーションが必要になります。

掃除や整理整頓をするだけでも、心身が浄化されて気分が良くなります。

また、初めての場所への旅行、美容院に行く、またはいつも笑顔でいられる大切な友人に会うなどの行動が大切です。

自分の人生を続ける罪悪感を感じてはいけません。なぜなら私たちは皆、幸せになる権利があるからです。

6. 学ぶ

過去の傷を癒すための最後のステップは、この経験が間違いなく自分を、より賢く、より強く、より強くするための大切な教訓を学ぶ機会であったと考えることです。

次に何か負の出来事や心が沈むような状況を経験した時に、今回の教訓を生かして 最善の方法でそれに対処し、しっかりと克服することができます。

カテゴリ: 恋愛 タグ:
あなたへおすすめ