清潔感あふれる家にする4つの掃除のコツ

毎日の掃除を楽に、しかも想像していたよりもはるかに気持ちのいい環境を手に入れられるコツをご紹介します。

清潔感あふれる家を手に入れるために、過度の努力は必要ありません。すぐに試すことのできる、作業を早め、希望の結果をひきだす掃除のコツがあります

家の掃除というのは、終わりのない作業に思えますが、気が遠くなると考えることはありません。清潔な家を維持することは、簡単なことではありませんが不可能でもありません。少なくとも週1回の定期的な掃除は必要です。

住んでいる場所を清潔に保つことは、ホコリ一つなく除菌されているように見えるということ以上の意味があります。掃除が大好きという人は多くはないでしょう。やる気や愛情、この作業をより楽に効果的に行ういくつかのコツが必要です。

 

清潔感あふれる家にする4つの掃除のコツ

1. まずは整理整頓

LDK+仕事スペース

家が清潔に見える1つ目のコツは、常に整理整頓を心掛けることです。多くの人にとってはほぼ不可能な作業と言えるでしょう。慌ただしい日々の生活の中で、モノはあるべき場所ではない場所に積み上げられてしまうことが多々あります。

よくあるのは、疲れて仕事から帰った時に手にしていたものをその辺に置き、そのままになってしまうということです。散らかった部屋は見栄えが悪いだけでなく、自分の活動をスムーズに行う妨げにもなります。きちんと片付いていなかったり、あるべき場所にないモノは、実用的ではないのです。

玄関に、鍵やカバンを置く場所を確保しておくと、あちこちに放置してしまうことを防ぐことができるでしょう。また急いでいる時に鍵を探すというような典型的な時間のムダもなくなるでしょう。片付いた玄関は、家に入った時に良い第一印象を与えてくれます

 

2. トイレやお風呂場をピカピカに

白い家具のトイレ

トイレは、頻繁な掃除が必要な場所の一つです。市販の製品を使いたくない場合は、自家製クリーナーを用意しましょう。必要な材料は、重曹30g、アンモニア水60ml、熱湯500mlです。全てを混ぜたクリーナーを便器の内側にふりかけ、きれいなトイレブラシで磨いた後、水を流します。

また、シャワーカーテンのシミを取るには、別の効果的なクリーナーがあります。ホワイトビネガー120ml、水240ml、レモン果汁2個分を使います。このクリーナーでシャワーカーテンをこすり、すすいだら乾かします。

水道の蛇口をピカピカに保つには、オキシドールと水を同量混ぜたものをふりかけ、布で磨きます。タイルや目地の汚れには、酢をかけてブラシで掃除します。

 

3. 清潔なキッチン

白い家具のキッチン

キッチンは、家の中で清潔に保つのが最も大変な場所の一つです。ですから日々の掃除が欠かせません。美しく見せるためだけでなく、食品を扱う場所を衛生的に保つためです。使うたびにきれいにしておく習慣をつければ、作業はそれほど大変ではなくなるでしょう。

将来の掃除が困難な作業にならないよう、ガスコンロは使い終わったら掃除をするようにしましょう。ここは日々最も汚れる場所です。市販されているカバーやガードを使用するのも手です。

ガスコンロの汚れに効果的なクリーナーも手作りできます。ホワイトビネガー120ml、塩大さじ1、オレンジの皮を混ぜ、水を加えます。ガスコンロを使うたびに、このクリーナーで汚れを拭き取っておけば汚れが溜まらず、掃除が楽になります。

食事の後すぐに食器を片付けて洗うことを習慣づければ、家の中でも重要な場所であるキッチンを清潔に保つことができるでしょう。キッチンを片付けて清潔にしておくことは、清潔感あふれる家にする最大のコツと言えるでしょう。

 

4. 片付いた寝室

茶色と白の寝室

寝室は、家の中で最もプライベートなスペースで、リラックスできる場所にしたいものです。清潔に保つ一番のコツは、片付けることです。朝起きたらすぐ布団を上げる、ベッドメイクをするというのが、自分の部屋を心地よくするための最善の習慣です。

不必要なモノや家具が増えるのも避けなければいけません。何よりぎゅうぎゅう詰めの印象を与え、掃除をしてあっても清潔に感じられないでしょう。すっきりとした空間はより清潔感や心地よさを感じるものです。洗濯物専用かごを用意すれば、洗う服をその辺に置きっぱなしにしなくてすみます。

引き出しのある家具があれば、こまごまとした持ち物を整理収納することができるでしょう。その一方で、着なくなった服を処分することで、靴や寝具を収納する場所もできるでしょう。寝室の片付けも、清潔感あふれる家にするための大切なコツの一つです。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ