イマジナリーフレンド:空想上の友達がいる子供とは?

8月 29, 2019
自分の子供に空想上の友達である「イマジナリーフレンド」がいるかどうかを心配する必要はありません。万が一いる場合でも、その対処方法があります。

多くの子供たちは、イマジナリーフレンドと呼ばれる空想上の友達がいます。

これは子供の創造性を刺激し、感情を表現するのに役立ちます。本記事では、子供に空想上の友達がいる場合の対処方法をご紹介します。

なぜ子供たちに空想上の友達がいるのか?

空想上の友達がいる場合 イマジナリーフレンド

子どもたちの活気に満ちた想像力豊かな心によって生み出される空想上の友達は、言語を学び始めて自分の環境を理解し始める2歳頃から現れることがあります。

子供が一人で遊んで話しているのを見ると最初は驚き、親が「誰と話しているのか」と尋ねると、子供は「友達」だと返事をするかもしれません。

親にとって空想上の友達は心配のタネになるかもしれませんが、子供の感情面での発達の一部です。

子供の中には創造的で敏感な心を持つ子供が多くいます。

オレゴン大学とワシントン大学の研究者マージョリー・テイラーとステファニー・カールソンが率いた、3~4歳の子供152人を対象にした研究によると、子供3人中2人の幼児が空想上の友人がいることが判明しました。

研究対象になった子供の70%が最初の子供または一人っ子でした。

これらの研究の結果、空想上の友達と孤独には直接的な関係がないことがわかりました。

つまり、孤独から空想上の友達を作るのではなく、子供が自分の感情を表現し、コミュニケーション能力を向上させるに役立つのが空想上の友達と言えるでしょう。

ただし、空想上の友達を、感情的剥奪また何らかのショックを受けた兆候として否定することはできません。

これは、両親の離婚、新しい兄弟の誕生、転校や引越しによる環境の変化に対応するためのものと考えているからです。

子供に空想上の友達がいる場合:親に何ができるか?

子供に空想上の友達がいるとわかったとき、親が最初にするべきことは「落ち着く」ことです。

一般的には8歳頃まで空想上の友達がいるのが一般的です。

親として、様々な状況に柔軟に対処する方法を学ぶ必要があります。

空想上の友達は自然な行為

子供の空想上の友達を無視したり、否定してはいけません。

空想上の友達との関係を奨励する必要もありませんが、決して否定したり禁止せず、自然な行動を心がけてください。

子供たちに空想上の友達がいるのは、人生の一部であり一般的だということを忘れないようにしてください。

こちらもご参照を:ギフテッドチャイルドを見つける方法

空想上の友達に会う

実在する友人と同じように、自分の子供の空想上の友達に会うことをお勧めします。

空想上の友達が、自分の子供にとって何を意味するのか、そして状況を的確に判断するためにも、自然な形で子供の質問をしてください。

空想上の友達を言い訳に使わない

子供が空想上の友達である「新しい友達」を使って家庭のルールを破ったり、いたずらをしないようにしてください。

「新しい友達」が存在するかどうかに関係なく、子供は自分の責任や各家庭や学校のルールを理解して実践する必要があります。

こちらもご参考に:子どもの癇癪を防ぐ5つのヒント

本当の子供との出会いを育む

教室で遊んでいる子供たち イマジナリーフレンド

親は、子供の空想上の友達に対して寛容になり、ありのままの子供を受け入れていることを子供に対して示すべきですが、どの子供も現実世界で実在する友達と過ごす時間が大切であるという点も、しっかりと理解してください。

子供同士で過ごす時間は、子供の社会心理学的なスキルを刺激します。

そのため、子供同士で遊び始めると、空想上の友達がいなくなることもあります。

心配すべきとき

次のいずれかの状況が発生した場合、心理学者またはセラピストのサポートを受けることをお勧めします。

  • 子供が自分自身を世間から隔離し、本当の友達よりも空想上の友達と遊ぶことばかりを好むとき
  • 空想上の友達が現れると、興奮したりコントロールを失ったり、また精神的に混乱したりいらいらが生じるとき
  • 空想上の友達の性格が、子供の不快感や恐怖を引き起こすとき

親として、空想上の友達に神経質になる必要はありませんが、子供と一緒に過ごすときには子供に集中し、何か現実的な問題が生じていないかを確認することが大切です。