子どもの癇癪を防ぐ5つのヒント

· 6月 7, 2019
癇癪は子供の感情成長の過程の中に見られます。感情をコントローすることが出来ずどうしたら良いのか分からないため癇癪を起します。ですがその引き金となる状況を避けることは出来ます。

癇癪は2歳から5歳の間の子供によく見られます。こういった怒りやフラストレーションの感情の爆発に、多くの親は戸惑ってしまいます。ですがこれを防ぐ方法があります。

まずは癇癪を引き起こす状況を避けるべきです。ですがこれが上手く行く時とそうでない時があります。いづれにせよ、冷静さを保つことがカギです。

泣いている子供 子どもの癇癪を防ぐ

 

子どもの癇癪を防ぐ5つのヒント

癇癪は子供の感情が成長しているしるしです。様々なことを感じ、理解し、怒りやフラストレーションを表現し始めます。まだ幼いためそれをコントロールする方法を知らないだけで、成長と共にそれも治まります。

2歳ごろになると自立心が芽生え始め、自分が求めるものと親が求めてるものが異なっていることに気づきます。彼らは癇癪を起すことで自分に芽生えた「意思」を表現し、親を試しているのです。

癇癪はどんな子でも起こします。感情に対してどのように反応するかはその子次第で変わります。兄弟ですら癇癪の起こし方は違うはずです。

ピクニック 子どもの癇癪を防ぐ

これから癇癪を避ける5つのヒントをご紹介します。子供が感情に流される前に、それを止めることが出来るようになりましょう。

こちらもご覧ください:

感情に任せて食べる「エモーショナル・イーティング」について

 

1.プッシュしすぎない

子どもは「しなければならないこと」と「してはいけないこと」があります。ですが何かを子供に求める時、それが本当に必要なことなのかどうかを考えてみてください。もしかしたらしばらくは彼らの思うようにさせてあげ、その後指導することも出来るのではないでしょうか。

例えば冬に子供がジャケットを着るのを拒むことがあります。もしまだ時間があるのなら、「すぐ着なさい」とプッシュする必要などないのではないでしょうか?

あまりにプッシュすると、子供は行き場を失って叫びます。子供に選択させるという事も大切です。寒くなったら自分から着ると言い出すのですから。

 

2.子どもがストレスに感じる状況を予期する

子どもと長時間外で過ごすときは、準備万端で出発しましょう。おもちゃや水、スナックを持っていくようにします。退屈な時間が長く続くと癇癪の元になります。

もし公園などに遊びに行って子供が楽しんでいる様子だたったら、帰る少し前に「もうすぐ帰るからね」と伝えるようにします。いきなり帰るようなことはしないでください。

公園で遊ぶ 子どもの癇癪を防ぐ

大人が不必要なストレスを与えたり、子供が嫌う、または理解できない状況に押しやったりして癇癪を引き起こすこともあります。それに気づけば、不要な癇癪を起さないよう避けることが出来ます。

こちらもご覧ください 子どものストレスの原因が親にある時

 

3.「ダメ」という時を考える

親が「ダメ」というと癇癪を起すことが多いようです。親の拒絶は子供の反抗心をあおります。出来るだけ「いいよ」と言える状況を増やしましょう。また「ダメ」という代わりに交換条件を出すのも良いです。

ですが「ダメ」と言わなければならない状況もあります。金属のものをコンセントに入れようとしたら絶対に阻止しなければなりませんよね。

ですがほとんどの状況はこのように危険を伴うものではありません。子供の望みを叶えてあげられるような状況を増やすようにしましょう。

 

4.はっきりとした境界線を定める

癇癪が始まる以前から、子供には尊重すること、受け入れることの境界線を教えているはずです。

親があまりにも全てをコントロールしようとすると、子供の自立しようとする気持ちを損なってしまいますし、だからと言って全てを自由に決めさせるわけにもいきません。子供は何事にも限界があり、それを超えてはいけないという事を学ぶべきです。それを超えれば何かしら気に入らない結果を招くことになるという事を知るべきなのです。

 

5.体の調子を確認する

癇癪は感情の爆発ですが、もしかすると身体的なものから来ているかも知れません。お昼ご飯やお昼寝の時間を過ぎているなど、体の不快感を上手く表すことが出来ず泣いたりします。

母と娘 子どもの癇癪を防ぐ

ルーティンが大切な理由はここにあります。お昼寝、食事、スナック、お風呂などのスケジュールは崩さないようにしましょう。気持ちが安定し、しっかり休憩をして、必要なものを手に入れることが出来、満足します。こういった事が理由で引き起こされる癇癪も避けることが出来ます。

 

癇癪が始まったら

ご紹介したヒントを試しても、子供はやはり癇癪を起こします。大切なのは親のあなたが冷静でいること。一緒になって怒ってしまっては、状況はさらに悪くなるばかりです。

癇癪は子供自身にとっても嫌なものです。癇癪を起こしている間、子供が怪我をしないよう注意しましょう。子供は気持ちを落ち着ける助けが必要になります。

ゆっくりと静かな声で話しかけてください。今起こっていること、どうしたら良いかを説明して落ち着かせます。癇癪を起したときは、欲しがるものを与えてはいけません。こうすれば手に入ると勘違いしてしまいます。

外でそういった状況になると「無視しなさい」とか「罰を与えなさい」という人もいるかも知れません。ですがそういった意見は無視してください。癇癪は感情があふれて起きるものです。

無視をしたり罰を与えるのは良くありません。子供に感情を抑えるよう強要してしまうことになるからです。

子どもを落ち着かせ、愛情をたっぷりと注いでください。

  • Eresmama.com Establecer límites en la educación de los niños [Online] Available at: eresmama.com/establecer-limites-la-educacion-los-ninos/