新生児をお風呂に入れる方法

5月 11, 2019

赤ちゃんをお風呂に入れてあげるととても幸せな気持ちになります。しかし、特にへその緒がまだ残っている新生児については、十分注意をする必要があります。この記事を読んで、正しい入浴のさせ方を学びましょう。

赤ちゃんの入浴法は大人のとは全く異なります。夫婦の間で、どちらが赤ちゃんを入浴させることが多いですか? あなたですか? 新生児を入浴させる正しい方法について自信がない場合は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

新生児の入浴

新生児をお風呂に入れる

実際に親になる前にはあまり赤ちゃんの入浴について、あまり深く考えたことはないのではないでしょうか。親になったばかりのカップルは、新生児用の石鹸を使って毎日赤ちゃんをお風呂に入れる必要があると考えがちです。

また、新生児の入浴方法について間違った方法があります。適切ではないシャンプーや石鹸を使ったり、入浴をさせている時に電話にでたりするのは、よくある大きな間違いです。

この記事では、へその緒がある新生児を入浴させるときの注意事項とへその緒がない新生児の入浴の仕方をご説明します。

この記事もおすすめです。:子供を本好きにする秘訣

へその緒がある新生児

ぬるま湯に浸したスポンジで週に2〜3回赤ちゃんを洗います。こうすることで、赤ちゃんが火傷をするのを避けます。オムツを頻繁に交換し、ベイビーワイプでよく拭いてあげていれば、毎日赤ちゃんを洗う必要はありません。

・赤ちゃんの下にタオルをひいて滑り止めにし、赤ちゃんが完全にお湯に浸からないようにします。入浴が終わった時に、清潔に保つために乾いたタオルを用意しておいてください。

・刺激の弱い赤ちゃん用の石鹸とシャンプーを使用してください。石鹸が赤ちゃんの目に入らないように額に手を当てておいてください。

赤ちゃんを拭くための柔らかいタオルの用意を忘れないでください。フードがついているものが好ましいです。赤ちゃんの頭を適切な温度に保つことができます。少なくともタオルを3枚は用意しておくといいでしょう。

・新生児の入浴は、普通のバスタブでも赤ちゃん用のお風呂で行ってもどちらでも大丈夫です。あなたの背中を傷めないように、自分の背にあったものを使ってください。

・へその緒が濡れても心配をする必要はありません。柔らかいタオルで乾かして、入浴を続けてください。へその緒は通常生まれてから3週間ほどで取れます。

赤ちゃんの入浴は優しく慎重に行ってください。赤ちゃんをタオルで覆い、手足を入念にチェックしてください。お風呂の時間が長くなるのを赤ちゃんが気にしない場合は、タオルを使わずにゆっくりとすすいであげましょう。

へその緒が取れた新生児

入浴をする赤ちゃん 新生児をお風呂に入れる

以下のことを参考にして、へその緒が取れた赤ちゃんの入浴を正しく行いましょう。

・赤ちゃん用のバスタブに23〜25℃のお湯を注いでください。赤ちゃんの胸にお湯が届かないくらいの量にしてください。

頭からつま先の順番で洗いましょう。この順番で洗うと分泌物細菌と接触するのを避けることができます。

・背中とお尻を洗うために優しく傾けてください。このとき、入浴中の事故を防ぐために、腕でしっかりと赤ちゃんを支えることを忘れないでください。

・入浴を赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。笑顔で話しかけ、このひとときを楽しんでください。

こちらもお読みください:子供が暗闇への恐怖心を克服する方法

その他のアドバイス

入浴の時間は、あなたと赤ちゃんが共有する魔法のようなひとときです。誰かがドアをノックしたり、電話がかかってきたりするかもしれません。どうしても避けられない場合は、赤ちゃんをタオルに包んで、必ず一緒に連れて行きましょう。事故が起こりやすいので、決して浴槽に放置してはいけません。

この素晴らしい瞬間を赤ちゃんと一緒に楽しんでいただけることを願っています。赤ちゃんが1歳になったら、毎日お風呂に入れてあげてください。楽しむことを忘れずに、始めましょう!

  • OMS, & UNICEF. (2015). Todos los recién nacidos. Todas Las Mujeres Todos Los Niños.
  • Doménech, E., & Rodríguez-alarcón, N. G. J. (2008). Cuidados generales del recién nacido sano. In Protocolos Diagnóstico Terapeúticos de la AEP: Neonatología. https://doi.org/10.1111/j.1475-679X.2009.00343.x.