子供が暗闇への恐怖心を克服する方法

子供が暗闇を怖がるようならば、両親や保護者が暗闇への怖さを克服するようにサポートすることが大切です。決して子供の恐怖心をからかったりバカにしてはいけません。

子供の頃は、様々なものに対して恐怖心を感じます。その中でも、暗闇への恐怖心は子供の心身の成長過程において避けては通れません。

子供が暗闇を怖がり始めたら、その恐怖心を克服するように両親や保護者がサポートすることが大切です。

本記事では、暗闇への恐怖心を克服するアドバイスをご紹介します。

ただし、暗闇をはじめとする恐怖心を大人になるまで持ち続ける人もいるため、無理強いは禁物です。

1. 楽しむ

恐怖心を克服するゲーム

教育的にも効果のあるゲームなどのアクティビティーを取り入れて暗闇の中で過ごす時間を楽しい時間へと変えましょう。

例えば、影絵です。「誰の手が一番上手に影絵を作れるか?」または「なんの影絵かを当てる」などのゲームを行うと、自然と暗闇への恐怖心が少なくなります。

こちらの記事もおすすめです:子供の不安を消し去り愛情で満たすために

2. 夜間の照明

就寝時に使用できる、小さな夜間用の照明を子供部屋に設置することで、部屋の中が完全な暗闇ではなくなるため、少しずつ恐怖心を克服することができます。

子供が完全に就寝したら、この小さな照明を消してください。

3. 恐怖心に負けない

子供の恐怖心を取り除くために

暗闇が怖いからと、子供が泣き出したら電気をつけるのは良い解決方法ではありません。

子供が泣き出したら、電気をつけず、子供のそばに寄り添って子供の心を落ち着けてあげましょう。暗闇が怖いからといって電気をつけてしまうのは、恐怖心から逃げることになります。

暗闇が怖い時には、その恐怖心の原因に直面しながら、親が隣にいることでその怖さを和らげることで、子供が一人になった時も暗闇は怖くないと感じることができます。

また、暗闇が怖いからといって電気を常につけていると、いつまでも一人で眠ることはできません。

4. 子供と話をする

子供とのコミュニケーションは非常に大切です。子供が暗闇を怖がったら、子供が生活をしている場所、そして子供部屋は安全な場所なのだと言うことを言葉で説明してください。

しっかりと心から説明することで、子供は暗闇に恐怖心を感じる必要はないのだと認識し、ベットの下、クローゼットの中、そして廊下などは怖い場所ではないと理解し、恐怖心が徐々に和らぎます。

こちらもお読みください:子供にとっての睡眠の重要性

5. 暗闇を克服する物語

暗闇を克服する物語

絵本や子供向けの本の中には、暗闇を怖がる主人公のお話もあります。それらの物語を通じて、子供の想像力に訴え、最後には登場人物と一緒に暗闇を克服することができます。

6. 子供を絶対にからかわない

大人にとっては怖くない暗闇とその暗闇への恐怖心は、子供にとっては非常に繊細で難しい問題です。大人の中には、暗闇を怖がる子供を冗談でからかったりバカにするような発言をする人がいます。

しかし、大人にバカにされることで、暗闇を克服しようと言う子供の気持ちを妨害し、本来なら簡単に克服できた恐怖心も、克服までに長時間かかることがあります。

7. 子供を驚かさない

恐怖を与えない

子供を驚かさないと言うのは一般常識と考えられていますが、今回のケースでは、子供が暗闇への恐怖心を克服するまでには、ショックを受ける可能性のあるいかなる状況をも避けることをさしています

また、大人同士の会話を子供が耳にするリスクもあります。

例えば、夜間に起こった強盗や悲しい事件などについて、子供の前では決して話さないようにしてください。大人同士の会話から聞いた怖い話が、夜間には子供のパニック発作を起こす可能性があります。

8. 音楽

子供の成長過程の中で、暗闇への恐怖を克服するための素晴らしい方法の一つが音楽です。小さなラジオや音楽を流す機器などがあるととても便利です。

子供がリラックスできるようなゆったりとした音楽をかけて子供の入眠を促進しましょう。子供がぐっすりと眠ったら、大人がラジオなどの機器の電源を消してください。

継続して音楽を流すことで、数週間もすれば子供が暗闇への恐怖を忘れて克服します。

子供が暗闇を恐れるのは一般的なことです。周りの大人はできる限り子供の心に寄り添いながら恐怖心を取り除き、克服していくサポートを続けることが大切です。

子供はふざけて怖がっているのではありません。また大人になっても暗闇に対して恐怖心を抱く人もいます。

恐怖心や克服の仕方には個人差がありますので、今回ご紹介した中でも、最も適切なものを選んでください。

 

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ