子供の不安を消し去り愛情で満たすために

· 9月 4, 2016
「どんな状況でも家族が味方でいてくれる」親は子供に自信と無条件の愛を与える存在です。

親子の心を結ぶ絆は、愛情によって育まれます。子供は衣食住が安定した生活だけではなく、それを越えたもの、つまり愛を求めてこの世に生まれてきます。愛情不足の人生を送る子供は、成長の過程で深刻な問題を抱えることになります。

愛情障害という言葉を耳にしたことはありますか? 非常に複雑でデリケートな問題ですが、今回の話題を進めていくためには避けて通ることはできません。

本記事では、愛情障害について一緒に考えていきたいと思います。子供に無条件に愛を与え続けることで、責任感が強く、自分の幸せをしっかりと築いていく大人へと成長します。

繊細さと力強さを兼ね備えた親子の絆

母子の結びつきは、子宮内で子供に栄養を送るためのへその緒から始まります。母親が暖かい子宮の中で我が子を守り育てることで、母子の心の結びつきがより深まります。

mother-child

新生児はできるだけ長く母親の肌に触れながら、母親と一緒に過ごすべきであることが最近の研究からもわかっています。

こちらの記事もご覧ください: 子どもたちに伝えたい4つの価値

現代の出産は複雑化しており、多くの人が一つの出産に携わります。そのため、麻酔から目覚めた母親が新生児を抱く以前に、子供は多くの人の手に触れる傾向にあります。

様々な状況下で行われた多くの研究により、以下のことがわかりました:

  • 母親と子供の心の結びつきを形成するため、新生児は必ず、母親の肌に触れながら一緒に過ごす必要があります。
  • 新生児はまず、感覚で自分が生まれた世界を理解します。生まれてすぐ母親に触れ、母親の胸の暖かさとその温度を感じることで、新生児は安心感を学び、心が穏やかになります。
  • 産後すぐ、母親の脳からは脳下垂体後葉ホルモンの一種であるオキシトシンが分泌されます。このホルモンは、母子間の愛情や母性に密接に結びついています。
  • 初めての授乳の際にオキシトシンが分泌されることで、母親の身体はより多くの母乳を作り出します。

これらの理由からも、新生児を母親の肌に触れさせ、母子が一緒に過ごすのは大切な時間であり、母親と子供の心の絆を築く格別な方法と言えます。

愛着障害

多くの方がご存知のように、育児放棄、愛情不足、虐待、または子供が不安になるような不安定なしつけが、深刻な心の問題を引き起こす要因になります。

愛着障害とは、成長の初期段階で子供が精神的な傷を受け、親との心の結びつきがなくなってしまうことが原因で起こる心の病気です。

子供の成長に深刻な影響を及ぼし、多動、心的外傷後ストレス障害、そして怒りの感情を引き起こすこともあります。

upset-child

信じがたいことですが、親からの愛情への知覚欠如に苦しむ子供がいます。どういうことか、それぞれの例と一緒にご紹介します:

  • 両親の仕事の関係で、小さな頃から保育園などの託児施設に預けられる子供の中には、不安感を抱えてしまう子供もいます。
  • 子供によって必要な物が違うように、必要な愛情も違います。兄弟姉妹のいる子供の中には、家庭内でヤキモチという感情が芽生え、他の兄弟姉妹よりもたくさんの愛情を必要とする子供がいます。
  • 生まれてすぐ保育器に入った子供は、母親から隔離されたことによるストレス反応を誘発することがあります。

こちらの記事をご覧ください: 円満なカップルが一緒にしている10のこと

このような状況が「愛着障害」を引き起こす原因となります。ご自分を責めないでください。一般的な子供よりも多くの愛情を必要とする子供がいると言う事実を、子供を持つすべての方に知っていただきたいです。

愛情で満たされた子供の不安や恐怖は自然と消えていく

loving-mother

愛情障害を克服するためには、安心感を与えながらお互いを尊敬し、真の愛情を持って、しっかりと心の絆を深めていくことが大切です。以下の項目でご紹介する点から改善していきましょう:

  • 新生児との身体的な結びつきを大切にしてください。母乳を与えるのは絆を深めるのに最適な時間です。また授乳時間に加えて、子供を撫でる、抱きしめる、愛情のある言葉をかける、などを心がけてください。
  • 子供が泣いたら必ずお世話をしてください。
  • 子供が成長してからも、子供への愛情を口にするのを恥ずかしがらず、必ず言葉で伝えてください。子供との会話を大切にし、子供からの無数の質問に向き合い、しっかりと答えましょう。子供の不安を取り除き、自尊心を育てることで、子供が夢に向かって飛び立つ羽を与えられるのです。

親子の絆は愛情によって育まれます。へその緒から始まる親子の絆は、産後は目に見えない絆となって親子の心を強く結びつけます。愛に満ちた親との深い絆により、子供は愛情に満ちた責任感のある大人へと成長し、自分の夢に向かって自信を持って進んでいくことができるのです。