必要なのは愛情溢れる触れ合い

8月 1, 2016
身体的な触れ合いが必要でない時もあります。時には優しい言葉や思いやりのある言葉だけで十分な時もあります。

愛情溢れる触れ合いは、単なる肌と肌の触れ合い以上のものです。愛情溢れる触れ合いは、それ自体が言語のようなもので、肉体的、精神的に健康な状態にしてくれるのです。簡単に言うと、愛情溢れる触れ合いをすることで感情を穏やかに、豊かにしてくれるのです。

世の中には、愛情溢れる触れ合いを知らない人もいますし、愛情を示すことを恐れている人もいます。しかし、感情を表すコミュニケーションをとらないと、人生に苦しみが生み出されるのです。

人は皆、愛情溢れる触れ合いが毎日必要です。呼吸をするのと同じです。あなたと、愛する人の間の絆を強くし、自分自身がとても重要な人物だと感じるでしょう。今日はこの愛情溢れる触れ合いについて見ていきましょう。

愛情溢れる触れ合いは精神的に必要

2-lion-hug

生きているものは全て、その家族や所属するグループ内での身体的な触れ合いが必要です。ペットを飼っている人は、触れたり撫でてやると、どれ程ペットが喜ぶかということを知っているでしょう。ご褒美として撫でて欲しいというだけではなく、飼い主であるあなたと触れ合いたいのです。

人も動物も、触れ合って安心感や強さを感じたいのです。またグループの中では、動物は触れ合うことで仲間であると認識するのです。

愛情溢れる触れ合いで認識できる

  • 赤ちゃんは生まれた時、最初のアタッチメントとして触れられることが必要です。
  • 赤ちゃんの脳組織の発達を促すには、愛情を持って触れること、抱きしめること、優しいキスなどが必要です。赤ちゃんに安心感を与え、精神的に落ち着かせる効果があります。
  • ポジティブな感情は幸福感を増やします。
  • 大人になれば、パートナーとの触れ合いや自分の子供との触れ合いはお互いの関係の中でとても重要です。
  • お互いに触れ合うことのない、ベッドルーム以外で身体的に触れ合わないカップルはすぐに関係がうまくいかなくなるでしょう。

人は皆、特別な理由や目的などなくただ抱きしめられ、優しく触れられることが必要なのです。

3-touch

ジェスチャーは言葉よりも強い

あなたのことを理解している、サポートしている、一緒にいると愛する人に言われても納得できない時もあるでしょう。恋愛関係や人間関係は、時として当たり前のようになってしまい、そばにいるのに相手との距離を遠く感じることもあるのではないでしょうか。

  • パートナーや自分の子供たちからの愛情を当たり前のことだと思ってはいけません。毎日、辛い時でさえも愛を示すことが必要なのです。
  • 辛い時、言葉で何かを言われても受け入れられない時があります。そのような時こそ愛情溢れる触れ合いが必要なのです。愛情を持って触れるという言葉を使わない小さな動作が精神的に大きなインパクトを与えるのです。
  • 心からハグをしながら「ごめんなさい」「許して」「必要な時は私がいつでもそばにいるわ」という言葉をかけると、愛やサポートを示すことができます。

知っておくべき触れ合いの種類

愛情を持って相手を触れることに絶対という方法はありません。しかし、心理学者によると、良い触れ合いとそうではないものがあるのです。

それでは違いについて見ていきましょう。

  • 身体的に触れ合わないもの:褒めることや相手を思いやる言葉などには、直接触れることと同じだけのインパクトがあります。
  • のある振る舞いからの触れ合いはネガティブなものとなります
  • 相手を蔑んだり皮肉を言うこと、無視すること、公共の場でけなすことは、相手の自信を攻撃する心理的に”ネガティブな触れ合い”です。
  • 触れ合うことでポジティブな感情がもたらされることがあれば、ネガティブな感情がもたらされることもあります。触れられることで、痛みを伴うような冷たさや間違った感情を覚えることもあります。
  • 本物の触れ合いとは心の底から起こる真実で、お互いに与え合い、分かち合うものです。
  • 条件的、非条件的な触れ合いもあります。
  • 条件的とは、何らかの見返りを期待しながら誰かを優しく触れることです。
  • 日条件的とは、期待や見返りを考えずに誰かを優しく触れることです。この場合は心の底から起こるもので、愛情の証だと言えるでしょう。
4-sadness

感情問題の専門家によると、私たち人間は身体的にも精神的にも愛情溢れる触れ合いが必要なのです。覚えておきたい点は、この愛情溢れる触れ合いは、正しい場面で正しい相手から受けるからこそ意味があるのだということです。

あなたも今日から、パートナーやお子さんに対して愛情溢れる触れ合いをしませんか。予期しない時に愛情を持って触れられることほど、ストレスを和らげ、絆を強くする力を持ったものはこの世にないのです。

あなたへおすすめ