ギフテッドチャイルドを見つける方法

7月 16, 2019
ギフテッドチャイルドと呼ばれる、高い知能や才能を持つ子供を認知して見出すためには、専門家に相談するのが最も良い方法です。また、可能性や潜在的な力を持っている兆候を知ることで、親が子供の特別な知能や才能を探知するのに役立ちます。

ギフテッドと呼ばれる天才的な才能のある子供は、現実を他者とは異なる方法で理解し処理します。

高い知能を持つ彼らの知的能力は、時には誤解されることもあります。

学業の成績が良い子供や、人生の早い段階で様々な知識を習得できる子供を、「ギフテッド」だと考える人もいますが、これは必ずしも当てはまらないことが多いようです。

ギフテッドの子供の中には、その才能や知能を引き出すために、正しい教育を必要とするケースも多くあります。

このような子供は、幸せな子供であることが大切であり、そのためには、両親が彼らの能力を誤解せず、正しく認識することが大切です。

ギフテッドとはどういう意味ですか?

天才的な高い知能と才能を持つ子供を「ギフテッド」と呼ぶのが一般的になっています。

この概念の中には、ある特定の能力や才能、そして知的な早熟性が含まれています。

ギフテッドという概念を単純化して理解しやすくするために、そのIQが130以上であると判断することがよくあります。

ギフテッドであるというのは優れた知性を持つことを意味します。

芸術やスポーツに高い才能があることですが、幼い頃に他の子供よりも早く話すようになった子供や、学校の成績が良い子供がギフテッドというわけではありません。

こちらもご参考に:知能は母親から受け継ぐと科学的に証明

わが子がギフテッドかどうかを判断する方法

ピアノを弾く子供

多くの親は、他の子供と自分の子供が違うとためらう傾向があります。

例えば、自分の子供が「平均的」な成長をしなかったり、行動や反応がこの平均と異なると、子供を理解するのが難しいと感じることもあるでしょう。

実際にギフテッドの子供たちは、自分が扱う以上の情報や刺激を受けていることが多く、子供時代には周りに理解されないこともあります。

中にはギフテッドの子供たちが持つ能力を否定する大人もいるかもしれません。

ギフテッドの子供を持つ親たちは、子供に特別な才能や知能がある初期の兆候を見つけ、子供が幸せな毎日を送ることができるようにサポートすることが大切です。

知的早熟

ギフテッドの子供たちは、早い時期に知的な成長や精神運動面での成長があります。

刺激を受けやすいため、多くのことを要求したり達成する可能性もあります。

生後1ヶ月以内に首がすわったり、生後45日頃に2つの異なる音を発声したり、または1歳前に最初の言葉を話す子もいます。

その後も、2歳になる前に会話ができるようになったり、他の子供よりも早く文字が書けるようになるかもしれません。

語彙力が高く、驚異的な短期と長期の記憶力を身につけ、学ぶということに興味を持ち、何かを学ぶのが早い傾向があります。

感情および感覚過敏症

才能のある子供は、感情面や感覚という面で敏感です。

そのため、子供の感情や反応を理解できず混乱する親もいます。

ギフテッドの子供の中には、ストレスや欲求不満への耐性が低い子供がおり、彼らは、自分の持つ「巨大」な感情やかんしゃくを爆発させることが多くあります。

このタイプの子供は、恐い映画を見た時などに、過剰な反応を見せることがよくあります。

ギフテッドの子供の多くは、他の人々と共感する高く「強い」能力を持っているため、周りの気持ちを理解しすぎる結果、うつ病や不安障害を発症することもあります。

ギフテッドの子供たちの感覚過敏については、一般にはあまり知られておらず、正しく理解されていないことが多くあります。

洋服のタグや大きな音、明るい光などに悩まされる子供もいます。

クリエイティブ

ギフテッドの子供たちは、周りとは異なった方法で現実を知覚するため、非常にクリエイティブで想像力が豊かです。

感覚的な知覚が周りよりも大きく、問題への対処方法や解決策を瞬時に見つける能力を持っていることもあります。

逆に、正しい説明が得られない場合や意味がわからない場合は、権威のある人や決められた規則に対して疑問を持つ可能性があります。

両親が答えられない問題を質問する可能性もあります。

例えば小さい頃には、生、死、神の存在、愛などの実存的な事柄について質問をして、自分が納得いく答えを求めることがあります。

ジグソーパズルやパズルのような認知力が必要なゲームや、複雑なゲームを喜んで行います。

精神運動過敏症

才能のある子供たち中には、常に動いている子供がいます。

このタイプの子供は、消費しきれないほどエネルギーが有り余っています。熱狂的で、身体面でもそして認知面でも常に活動的である必要があります。

退屈さや過剰なエネルギーが原因で常に体が動いていることが多いため、注意欠陥多動性障害(ADHD)の診断を受けることが一般的です。

しかし、ギフテッドの子供は注意力などの問題を抱えてるわけではなく、自分が興味がある何かを実行するときに高い集中力を発揮し、興味がなければ気が散ってしまうだけです。

こちらもご参考に:大人の多動症とうまく付き合う6つのアドバイス

進化的な非同期性

想像力豊かな子供

非同期性という言葉は、成長における不均一な進化を説明するために心理学者が使用します。

ギフテッドの子供たちは、自分の考えや想像力を実現したいと考えることがありますが、年齢的な問題や運動能力が理由で実現できないこともあります。

そしてこれが、子供の欲求不満の原因となることがあります。

ギフテッドの子供を教育する方法

現在の教育システムでは、ギフテッドの子供たちの要求を満たすシステムが構築されていないことが多くあります。

これが個人的、そして学術的な失望につながる可能性があります。

ギフテッドの子供を育てるのは、彼らの複雑な性格から考えても簡単なことではありません。

集中力が高いこともあれば、気が散りやすいこともあります。

また自己批判的で完璧主義者である彼らは、高い競争力や優れた自立心を持っています。

このような性格から、学校や家庭で過度に厳しく接しないように、彼らの持つ才能や知能を刺激して発達させる教育を与える必要があります。

子供が高い能力を持っているかどうかを調べるには、専門家による総合的な評価が必要で、これには知的指数、創造性、これまでの生活、そして感情面の検査などが含まれているでしょう。

これらの専門家による評価を受けたら、ギフテッドの子供の持つ大きな可能性を念頭に置き、素晴らしい子供を授かったことに感謝して、正しい教育を与えてサポートしていくことが大切です。

ギフテッドの子供は、問題児ではなく、祝福されるべき才能に溢れた子供達です。