大人の多動症とうまく付き合う6つのアドバイス

· 5月 6, 2019
大人の多動症は、 実は思った以上によくあることです。

成人の多動症の症状は子供のものと異なります。この記事を読んで、症状の見分け方、処置の仕方を学びましょう。

大人の多動症は多くの人が見逃してしまう問題です。一般的に、多動症は子供と関連づけられることがおおいです。しかし、子供のようにきちんとしたケアをうけることができずにいると、大人の多動症になる可能性が上がります。今日は、大人の多動症の症状の見分け方と、対処法について紹介します。

 

なぜ大人の多動症?

多動症の方は、落ち着かず不安な気持ちで過ごすことが多いです。子供も大人も多動症になり、様々な症状で現れます。下記は、主な症状です。

  • 衝動的
  • 注意を注ぐ時間が短期間
  • 集中力不足
  • 時間管理が苦手
  • 休むことができない
  • 行動にムラがある

また、多動症の方は一箇所にい続けることができなかったり、よく話し無言でいることができなかったりしますせっかちになることが多く、順番を待つとき(銀行や公の場で)など自分の番が来るのをまちきれません。同じように、他人の話をよく邪魔してしまいます。

大人の多動症は、子供の多動症のように広く認知されていませんが、 実は思った以上によくあることなのです

多動症は感情と精神の障害で、毎日の計画が苦手で注意散漫、衝動的になってしまいます。

その結果、多動症の方は自分に自信が持てなかったり、恋愛関係が複雑になったり、人付き合いが苦手で失敗をよくしてしまったりします。

 

大人の多動症との付き合い方

まず一番最初に、精神神経科医に状況を相談し症状をみてもらうのがいいでしょう。もし、あなたが本当に大人の多動性障害であれば、次のステップは、自分で多動性障害がどんなものであるかをよく知り、周りの人や生活にどんな影響があるのかを知りましょう。

多動性障害に打ち勝つ方法はたくさんあります。ほどんどが時間をかけて、特定の習慣を改善する認知行動療法です。大人の多動症治療に有効な方法をみていきましょう。

1、話す

話す男性2人

信頼できる人に話すのはどんな時でもいい事です。手助けしてくれる(手助けしたい)、尊敬できる人に話してみましょう。物事を判断せず、耳を傾けてくれる人に話すことはとても重要です。

2、深呼吸する

深呼吸

不安な時や、いっぱいいっぱいになった時に、集中して深呼吸する利点はたくさんあります。落ち着くには、気持ちが穏やかになるまで、息を吸って吐く度に体の動きに集中してみください。

そうすることで、物事のネガティブな面を考えるのを止めることができます

こちらもお読みください:ストレスに打ち勝つ4つの呼吸法

3、ひとの話の邪魔をしない

話をする男女

常にひとの邪魔をしてしまう癖を止めるには、自分が話し出す前に10秒数えてみましょう。積極的に話を聞く練習をしましょう。相手が何か質問する以外は、自分の意見を言わずに話を聞いてみてください。

4、リラックス

大人の多動性の場合は、リラックスする方法を試してみましょう。瞑想が効果的な場合もあります。シャワーを浴びたり、公園を散歩するの方が効果的だと感じる人もいるでしょう。

一番大切なのは、頭の中をリラックスできて、巡るめく考えを落ち着かせる、自分にあった方法を見つけ出すことです

こちらもお読みください:リラックスしたいときにとるとよい7つの方法

5、整理する

オーガナイズ

散らかった環境(仕事場や家)は、多動性の方が乗り越えないといけない障害の一つです。

  • やることリストや、カレンダー、付箋などをうまく利用して整理しましょう。

また、朝の決まった時間や、日を決めて自分の机や仕事場を片付けると、散らかったものが蓄積するのを防ぐ習慣がつきます。(洗った服を、椅子にかけっぱなしにするのではなく、きちんとしまったり、使ったファイルを積み重ねるのではなく、元の場所に戻す努力をしましょう。)

6、誘惑を制限する

多動性の人はすぐに気が散ってしまいます。ですから、勉強するエリアや仕事場の誘惑になりそうなものを制限しましょう。

  • Cunill, R., & Castells, X. (2014). Trastorno por déficit de atención con hiperactividad. Medicina Clinica. Ediciones Doyma, S.L.
    https://doi.org/10.1016/j.medcli.2014.02.025

  • Rodillo, B. E. (2015). Trastorno por déficit de atención e hiperactividad (TDAH) en adolescentes. Revista Médica Clínica Las Condes, 26(1), 52–59.
    https://doi.org/10.1016/j.rmclc.2015.02.005

  • Ramos-Quiroga, J. A., Bosch-Munsó, R., Castells-Cervelló, X., Nogueira-Morais, M., García-Giménez, E., & Casas-Brugué, M. (2006, May). Trastorno por déficit de atención con hiperactividad en adultos: Caracterización clínica y terapéutica. Revista de Neurologia.
    https://doi.org/10.1016/j.nrl.2015.09.001