子供にタイムマネジメントの大切さを教える方法

· 5月 3, 2019
時間を有効に使うための「タイムマネジメント」という言葉を耳にしたことはありますか? 子供たちが、勉強時間や遊び時間を適度に自己管理しながら、生産性を上げるためには、子供たちにタイムマネジメントの方法を教えることが不可欠です。

時間を賢く有効に活用しながら自分のするべきことをこなしていくのは、子供の成長に欠かせない能力です。

学校に行き、帰宅した後は宿題をして、宿題が終わったら遊ぶという流れをよりしっかりと管理すれば、時間を有効に活用しながら生産性を上げることができます。

また両親のスケジュールや両親がどのように時間を有効に使うかによっても、子供の毎日の生活やスケジュールが変わります。

両親が仕事をしている家庭の場合や、片親だけの場合は、子供たちは放課後のプログラムに参加することもあり、帰宅してからはとても忙しく寝るまでの時間を過ごす傾向があります。

忙しく過ごしている子供の多くは、しっかりと時間を有効活用して、ある活動から次の活動へと効率よく移動しているように見えます。

しかし忙しく過ごしているからと言って、子供たちが「タイムマネジメント」の方法を理解していたり、賢く時間を活用しているわけではありませんし、忙しい両親の中でも、忙しく過ごしているものの、時間を有効活用できていない人もいます。

子供は時間の価値を学ぶ必要がある

水泳教室の子供

両親が「時は金なり」と言ったり「時間がない!忙しい!」と言っているのを子供は耳にしますが、子供が小さい場合は、何を言っているのか理解できず、時間の管理や有効活用が生活にどのような影響を与えるのかもわかりません。

しかし子供が成長するにつれて、徐々に「今」「あとで」「今日」「明日」などの時間の概念を少しずつ理解し始めます。

子供に時間の価値を教えるためには、まず朝の行動が大切です。

朝目が覚めたら、服を着て、朝食を食べて学校に行きます。これは子供に時間の有効活用法を教える最初の大切な機会です。

子供達は学校から戻ると、宿題をしたり、スポーツチームの練習などに参加します。親が働いている場合は、課外活動に参加してから帰宅する子供もいるでしょうし、塾に行く子供もいます。

どの場合も、時間を有効に活用することで、子供は宿題などのやるべき課題を終えて、自由に遊ぶ時間ができることを親が教えて行くことが大切です。

しかし、タイムマネジメントの方法を教えるというのは、親が子供の時間をすべて管理するという意味ではありません。

これは間違った考えです。

子供は自分が好きなことに使うための十分な自由時間があるべきであり、タイムマネジメントにより宿題などのやるべきことを時間通り終えた子供は、遊ぶ時間が最大の報酬となります。

こちらもご参考に:遅い就寝時間が子供に与える4つの悪影響

子供にタイムマネジメントを教える方法

毎朝、親がバタバタしていては子供の良い見本とはなっていませんし、帰宅してからも親が何かと急いでいては、子供は親から時間を有効活用する方法を学ぶことはできないでしょう。

子供にタイムマネジメントを教える場合は、まず親自身が自分のスケジュールを整理して、家族との充実した時間を過ごすために時間を有効活用できるスケジュールを考えてください。

また、親のスケジュールの中に「子供の宿題を手伝う」時間も最初のうちは組み込んでください。

子供のスケジュールを作るときに大切なのは、宿題や勉強に費やす時間を毎日作ることです。

就寝前には勉強をするべきではありませんし、一日で終わらない課題や宿題は、ギリギリにやるのではなく計画を立ててやるように子供に教えましょう。

最初は親が一緒にスケジュールを作ることで、子供は自分のするべきことや責任を自覚して、少しずつタイムマネジメントを取得していきます。

子供が宿題や自分のするべきことを効率よく終わらせることで、その後は子供が自由に使える時間が増えるということを理解させてください。

子供にとって重要なのは遊ぶ時間や自由時間です。つまりこの自由時間を得るために、効率よく時間を管理して行くことの大切さを教える必要があります。

子供のタイムマネジメントを手伝う

宿題をやる母と娘

自分の時間をしっかりと管理できた子供にとっての最高の報酬は、「自由時間」です。

ここからは子供が時間を有効に活用するためのアドバイスを3つご紹介しましょう。

1. 合理的なスケジュールを立てる

子供が、自ら進んで従うようになるスケジュールを立てるときには、以下の時間をスケジュールに組み込んでください。

  • 勉強をする時間
  • 運動をする時間
  • 手伝いをする時間
  • テレビを見る時間
  • 遊ぶ時間
  • インターネットなどを自由にする時間

実は子供たちは、スケジュールを立ててそれに従うのが好きですが、これは子供が自発的に立てた柔軟なスケジュールでないと意味がありません。

2. スケジュールを立てる上でのルールを決める

  • 朝はベットや布団から出たら学校に行く準備をする
  • 遊ぶ時間の前に宿題を終える
  • 他のおもちゃを出す前に今出ているおもちゃを片付ける
  • 就寝前には必ずお風呂に入り、翌日の学校などの支度をする

毎日決まったスケジュールを立ててそれに従うことで、子供が時間を有効に活用するだけでなく家族の間でも調和が生まれます。

こちらもご覧ください:子供が学習障害かもしれないサイン

3. 役割と責任を分配する

子供に役割を与えることで、子供は自分の責任を果たそうと熱心に頑張り、やる気を起こします。

家の中の「何か」に責任があるのは子供にとってとても良いことです。

子供が2人以上の場合は、それぞれに役割と責任を割り当てる必要があります。例えば、一人が犬の散歩で、もう一人は植物の水やり、などといった分担です。

最後に

自由時間

子供たちにタイムマネジメントを教えることは、子供が効率よく時間を活用して、宿題や勉強などのやるべきことを時間通りに終えるのに役立つため、子育てにも有益です。

さらに、時間を有効に活用して、自分の責任や役割を迅速に果たすことで、自由時間が得られる喜びを子供が感じるのはとても大切なことです。

子供の生産性を上げながら責任を意識させる効果のあるタイムマネジメントを早速試してみませんか?

  • Prieto Ruz, T., España, E., & Martín, C. (2012). Algunas cuestiones relevantes en la enseñanza de las ciencias desde una perspectiva Ciencia-Tecnología- Sociedad. Revista Eureka Sobre Enseñanza y Divulgación de Las Ciencias.
  • rodin.uca.es/xmlui/handle/10498/14625
  • Escuela Nacional de Antropología e Historia (Mexico), C. L. (2003). Entre lo colectivo y lo individual: La experiencia de la escuela a través de relatos de vida. Nueva antropología.
  • Murga, H. V. (2014). Tipo de familia y ansiedad y depresión. Revista Médica Herediana.