責任の重要性を子供に教える方法

· 3月 18, 2019
子を持つ親の最大の使命の一つが、子供たちに責任の重要性を教えることです。責任の重要性を理解すれば、子供達は、決意、献身、専念、そして善悪の判断力という人生の目標を達成するのに必要となる概念を身に付けることができるでしょう。

親は、物事に対して子供が自分で責任を持つように、小さいときから責任の重要性について教え始めるべきです。

家族という社会の最も小さな単位から初めて、徐々に親戚やもう少し広い関係を通じて責任という価値観を教えることが大切です。

また子供は、自分が見たものを模倣し、そこから学ぶことを忘れず、周りの大人たちも責任感を持って行動してください。

責任という言葉は義務の遵守または意思決定と定義されます。

自分に与えられた責任を全うすること、またはしないことは各個人の意思によって左右されます。

責任者とは?

責任者は、勤勉に、真剣に、そして自分が責任を持つ物事に専心して仕事を遂行する必要があることを理解しましょう。

責任ある人になることの必要性を子供に教えることによって、周りの人から信頼される行動を学び、それを遂行する人間へと成長します。

地球

責任を持つことを子供に教えると、子供は何か決定を下す前に、自分の決定によって起こる結果について真剣に考えるようになります。

また自分の行動や言動が、自分の生活や他の誰かに影響を与えるかもしれないという事実を真剣に受け入れ、もし間違いを犯した場合も、それを認識して修正しようと努力するようになります。

子供に責任の価値を教える方法

子供が幼い頃から、責任の大切さを教えるのに役立つアドバイスをいくつかご紹介します。

罰則を使わない

子供が責任ある人になるための最善の方法は、親の行動を通して責任の重要性を子供に見せることです。

親として物事への責任を持ち、それに対して専心していくことが大切です。

子供に「何かをしろ」と口で説明したり命令するよりも、親自身の行動を通じて子供に見せることで、子供は親を観察することからより早く学び、親を模倣することで責任感の大切さを学ぶでしょう。

子供に対して攻撃的な罰則を与えたり辛い思いをさせるのは、親が望むことを子供に教えるときに最良の方法とは言えません。

子供は、自分の意見を大切にすると同時に周りの意見に耳を傾けて評価することの大切さを学ぶことが大切です。

つまり子供に責任感を教えるとき、親は子供の話を聞き、対話やコミュニケーションを通じてそれを教えていくべきであり、攻撃的な罰則は決して使ってはいけません。

こちらもご参考に:子供の自尊心を育てるための/アドバイス

過保護にならない

子供が何か問題に直面するのを、事前に避けようとする一部の親がいます。

つまり、子供が何か問題に直面しているという状況に気づく前に、親がその問題を解決してしまう傾向があります

一般的に「過保護」と呼ばれる親の行動の一つであり、子供は何も心配することなく成長していくことができます。

過保護

しかし、過保護な親の元で育った子供は、自らの力で決断を下したり、物事に対して責任を負うことができない大人へと成長する可能性があります。

責任の価値を理解するのではなく、完全に親に依存して成長した結果、自らが責任を持つ状況になると不安定になったり、責任を持つ状況から逃げ出したくなるかもしれません。

お金を大切にするように教える

子供たちは、幼い頃からお金の価値だけでなく、お金を持つことに伴う責任を理解させることが大切です。

こちらもご参考に:子供に怒鳴るのを止める方法

両親がお金を上手に管理する方法を知らないと、子供に対してもお金を正しく管理したり節約する方法を指導することはできません。

両親は、お金がどのように機能するかを子供に教育することが大切です。

「必要なもの」と「欲しいもの」の間には大きな違いがあります。

必要なものは何でも買うべきだと子供に説明し、欲しいものを手に入れるために少し待つ必要があることを理解させることが重要です。

子供と一緒に予算を立て、子供が欲しいものを購入できるように計画を立てて節約をすることを教えましょう。

子供の責任ある行動を親が理解する

両親は通常、何か悪いことをしたときの子供の行動について、注意をしたり怒ったりします。

しかし、子供が責任を持って何か行動を起こしているときは、それらを常に認識して、責任を持った行動は正しいことだと子供の努力を称賛することが大切です。

子供の責任感を育む

これは子供の良い行動を積極的に強化するのに役立ちます。

子供は親から褒められたことを嬉しく思い今後も責任を持って行動する可能性が高くなります。

たとえ何か失敗をしたとしても、子供が責任を持って努力したことは常に称賛に値します。

責任の重要性

子供たちに責任の重要性を教えるのは間違いなく親の仕事であり、すべての子供は、模倣する対象であるロールモデルを必要とします。

つまり、子供のロールモデルとなるのは、毎日同じ家で生活している親であるべきです。

責任を持って何かを決断し、自分自身で問題に立ち向かうように子供に教えることで、子供の自尊心と責任感を高めるのに役立ちます。

  • León Sánchez, B. (2011). La relación familia y escuela y su repercusión en la autonomía y responsabilidd de los niños/as. XII Congreso Internacional de Teoría de La Educación.
  • Desarrollo de conductas responsables de 3 a 12 años. Gobierno de Navarra. Departamento de Educación y Cultura. Disponible en: http://dpto.educacion.navarra.es/publicaciones/pdf/conductas.pdf