子供にアドバイスを聞いてもらえるアプローチ

2月 4, 2019
親子の健康的な関係を築くために大切な基礎となるのは、一緒に過ごす時間に加えて、効果的で愛情の深いコミュニケーションです。

子供たちの可能性を最大限に生かし、社会に出て活躍していくように育てるのは、決して簡単なことではありません。そのためには、まず子供たちにアプローチする方法を学ばなければなりません。正しくアプローチをすることで、子供はあなたのアドバイスを真剣に聴き、失敗や間違いを避けることができるかもしれません。

子供にアプローチをする方法を学んでおかないと、アドバイスをしたいときや手を差し伸べたいときに、それを拒まれてしまうかもしれません。子供たちとの良好なコミュニケーションを維持することがとても大切です。

あなたの考えを伝えるため、そして子供の気持ちを理解するために、家族としてコミュニケーションをする方法を学ばなければなりません。そうすれば、愛情と思いやりに満ちた子供との絆を築くことができるでしょう。

子供が小さいうちから始めることが重要です。小さいときに時間を割いて対話をする努力をしていないと、子供が思春期に近づいたときに、お互いに正直に建設的なコミュニケーションをするのは難しくなります。

子供と良い関係を築くためのヒント

親子 子供にアドバイスを聞いてもらえる

・一人以上子供がいる人は、子供一人ずつと個別に話すことをお勧めします。これを定期的に行ってください。

・子供が小さいときは、一緒に遊ぶことが心を通わせる一番の近道です。そうすることで、子供たちは、あなたの親としての関心を、一緒に遊ぶことを通して感じることができます。

・家族をテーマにした映画を一緒に観ることで、子供と様々なことを共有することができます。また、子供たちがその映画を観てどう感じたかを話すことによって、彼らの視点、考え方、物の見方、そして性格を知るためのきっかけになります。

・子供たちにハグやキスをしたり、撫でてあげたり、身体的な接触を積極的に行ってください。これが、精神的な絆を強化するための基本となります。

・子供と話すときは、あたたかく感情を込めて話してあげてください。あなたの声のトーン、言葉や身振りは、自然で温かいコミュニケーションのための決め手となります。子供たちの立場になって考えることも忘れないでください。

・また、家族として一緒に時間を過ごすことを大切にしてください。子供たちが孤立するのを避けるために、子供たちがテレビを観る時間やゲームをする時間を短くするよう心がけてください。

・子供たちにとって健康的で本当の価値があるギフトをあげましょう。例えば、子供たちの能力を伸ばし、一緒に遊ぶことで心を通わせられるような本やゲームをプレゼントしましょう。

ぜひこの記事も読んでください。:子育ての秘訣

その他の大切なアドバイス

少なくとも週に2回は家族みんなで食事をしましょう。週末のディナーやランチは家族を団結させるのに最適な場所です。また、子供と一緒に食事の準備をすることも大切です。そうすることで、子供は料理の仕方と協力することの大切さを学ぶでしょう。

・一緒に時間を過ごし、新しい経験を共有するためにも、家族旅行や家族との外出を計画することは大切です。これはまた家族としての絆を深めます。

・子供にスケート、サイクリングや泳ぐことなどのスポーツを教えることも、親子の関係を深めるかけがえのない経験です。

子供たちにたいして、してはいけないこと

親子 子供にアドバイスを聞いてもらえる

一般論を持ち出したり、いつも悪いことばかりしていて良い子ではない、と言い聞かせていると子供の自尊心が低下します。いつも子供にそのようなことを言っていると、子供たちは自分は何もうまくできないと思い込んでしまうかもしれません。

同様に、たとえ本心ではなくても、子供をバカにしたように笑ったり、皮肉を言ったりするのも良くありません。子供はそれらを面白いとは思わず、むしろ劣等感や屈辱を感じてしまうはずです。

また、子供が反抗するしないにか関わらず、子供に威圧的に命令をすることもやめましょう。子供は、あなたが自分たちのことを何も理解していないと感じます。また、どんな状況下でも大人の命令に疑問を持たずに従わなければならないと考えるようになってしまいます。

子供に怒鳴ることや、もうすでに解決した今の問題とは関係のない過去の問題を持ち出すのもやめましょう。また、とがめるような態度は、子供たちとの対話の妨げになります。

子供たちが悪いことをしたときに、それに基づいて彼らの性格を決めつけることは、子供からの完全なる拒絶を引き起こす可能性があります。

それが適切ではないときに子供たちを叱ったり、疑ったりするのもやめてください。子供を責めるのではなく、まず二人っきりになって、効果的な方法で歩み寄りましょう。

この記事もおすすめです。:家族関係を崩壊させる6つの間違い

まとめ

親として私たちが気をつけるべきことをは、落ち着いて子供と接することです。自分たちがいつも動揺していると、子供たちに教えを説くのは困難です。

感情的になっている状態で、子供と議論をすると、上手く説明することができなかったり、あとで後悔するようなことを言ったりしてしまいます。これを繰り返していると、子供たちの心はどんどん離れていき、私たちのアドバイスに聞く耳も持たなくなります。