心を落ち着かせ研ぎ澄ます方法

· 8月 27, 2018
時間が経つにつれ、私達の脳は変化を経験していきます。ですので、あなたの心も体が老いていくのに合わせて研ぎ澄ます必要があるのです。今回はあなたの心を落ち着かせ研ぎ澄ますためのヒントを紹介したいと思います。

脳はとてもデリケートな部分で、あなたが思う以上に繊細な体の中枢です。そして、老いだけが脳に影響を与えるのではなく、不安やネガティブな感情も大きくダメージを与えることがあるので、集中力が途切れる、言葉や日付が思い出せない、そして思考がまとまらないなどの問題を抱えてしまうのです。

このような問題を防ぎ、心を落ち着かすためにはあなたの脳の為に時間を持つことが大切です。そして、体を気遣うように心も同じように大切にしてあげましょう。

もしその方法が分からなくても心配しないでください。忙しい生活を送っているあなたの為に、今回は心を落ち着かせ、研ぎ澄ますヒントをいくつか紹介したいと思います。

今の生活がどれだけ困難でも、この方法を駆使することで少しでもラクに今の状況を切り抜けられるでしょう。

心を落ち着かせるためのシンプルなアドバイス

1.脂の多い魚、フルーツ、そして野菜

イワシ

サーモンやイワシ、そしてマグロにはオメガ3などの脂肪酸が豊富に含まれています。

ご存知の通り、オメガ3は体では作ることが出来ないので、この栄養素を含む食べ物を摂取することは非常に重要です。オメガ3は細胞の劣化を防ぐ抗酸化物質の働きを強化するので、ニューロンを健康に保つことが出来るのです。

その為、フルーツや野菜など抗酸化物質を含む食べ物の消費量を増やすこともお勧めします。オメガ3と抗酸化物質の組み合わせはあなたの心を研ぎ澄ませる為には必要不可欠なのです。

こちらの記事もオススメです:

魚類以外にオメガ3脂肪酸を多く含む食材

2.別のルートを選ぶ

野原を歩く

深く考えることなく、まるで自動運転のように生活してしまうことはあなたの脳にとって最悪なことと言っても過言ではありません。

考えることなく何かをしてしまうと、あなたの脳はあまり注意しなくなり、最小限の力で何かをしようとしてしまうのです。

これが何を導くのでしょう?それはあなたが体を長い時間動かさなかった時と同じことが起こるので、集中や記憶する力に問題が生じてしまいます。

学校や職場、またはどこへ行くときでも、別のルートを選んでみましょう。「未知」の場所を歩く、または運転することであなたの脳を呼び起こすことが出来るのです。

3.複数の本を一度に読む

読書

読書は心にとって素晴らしいエクササイズとなるのは事実です。どのジャンルの本でも記憶力や集中力を使います。この力が無ければ、物語や内容を理解することは出来ません。

そして、複数の本を一度で読むことはこのスキルを研ぎ澄ますのに最高の方法です。読書の楽しみを可能にするだけでなく、脳が本を区別するようにしてみましょう。

良い本を読んでいる時、その全てが脳の中で動きます。また、自分に喜びを与えることは脳の働きを良くしてくれるということも覚えておきましょう。

4.瞑想

瞑想

瞑想は前述で推奨した方法と矛盾しているように思えます。

しかし、何か激しい運動をした後は、筋肉を休めることは大切なことです。

瞑想はある一つのことを除き、それと全く同じ役割を持っています。これはあなたに完全な自己認識(セルフアウェアネス)の時間を与えてくれるのです。それは心に平穏を運んでいる間、自分の中を探検し、ストレスのあるものを全て取り払ってくれるでしょう。

必要なことを済ませた後、脳がストレスホルモンであるコルチゾールでいっぱいになった時は、素晴らしい能力を見せるのは不可能です。ですので、毎日それを解消する為の時間を持つことが重要なのです。

こちらの記事も読んでみませんか?:

7つの瞑想とその効果

5.ダンス

ダンス

ダンス教室に通うことはエネルギーを解放するのに効果的な方法で、あなたの統合性の向上を助けてくれます。また、自由で突発的なダンスから、振付のあるものへ変えることで記憶力と集中力も良くなるのです。

ダンスをする人はダンスが好きだからやります。それは言い換えると、幸せを感じるからダンスをするということです。ですので、ダンスは心の焦点を合わせ、効率良く動くように促してくれる素晴らしい行動の一つなのです。

今回紹介した5つのヒントを実践することで、心を落ち着かせ研ぎ澄ますことが出来るでしょう。そして、どんな問題が起きてもそれに立ち向かっていけるはずです。このヒントを試した人は、その効果がどうだったか教えてくださいね。