ダンスが私たちの体と生活に与える6つの効果

· 7月 1, 2018
ダンスが血行を促進し、体内に蓄積された過剰な脂質や毒素をクレンズすることをご存知ですか? ダンスは一人で踊っても効果がありますが、多くの人と一緒に踊ることでさらに効果が高まります。

ダンスは昔から、世界中で多くの人が楽しんでいる「アクティビティー」で、体型の維持、精神状態の改善、そして柔軟性や身体能力を向上させるなどの多くの効果があります。

さまざまな音楽やリズムに合わせて、体をリズミカルに動かすダンスは、現在では楽しく健康的なエクササイズとして人気が高まっています。

本記事では、ダンスが私たちの体と生活に与える健康効果についてご紹介します。

ダンスの効果

私たちの健康維持に高い効果を発揮するダンスは、とても楽しいアクティビティーなので「今日は運動したくない」と怠けた気持ちに負けそうになる日もダンスなら楽しく続けられます。

1. 健康状態の維持・改善

ダンスの効果

ダンスには様々なスタイルがありますが、その中には健康効果に焦点を絞ってデザインされたダンスフォーマットがあります。

ダンスミュージックやダンスの動きを取り入れた有酸素運動がジムのクラスなどで取り入れられています。

ダンスの楽しい要素を取り入れながら、健康を促進し、柔軟性を改善しながら体を引き締めるダンスは、理想の体型に近づくおすすめのダンスです。

座る時間の長い現代社会の生活が肥満を引き起こす第一要因と言われているため、ダンスによって心身の健康維持を促進しながら、活力を補給しましょう。

2. 減量効果

ダンスを行うことで、過剰な脂肪やカロリーを燃やします。その結果、楽しみながら脂肪や体重が減るという素晴らしい効果が期待できます。

ダンスは、それぞれの動きを行うためには多くのエネルギーを必要とするため、短時間に効果的に脂肪が減る効果があります。

3. 体内に蓄積された体液や毒素の排出

毒素の排出効果

週に1~2回、ダンスクラスを受講したり自宅でダンスをすると、発汗効果を促進します。発汗による体内のクレンズ効果により、体内に蓄積された過剰な体液や毒素を体外に排出する効果があります。

また発汗作用を促進するためには、水分補給を欠かさないことが大切です。

前述したようにダンスには高い発汗作用があるため、体内器官や関節に水分を補給してその働きを活性化することが大切です。

病気の原因になる体内に蓄積された毒素を排出するのがダンスの素晴らしい効果の一つです。

4. 血行促進

脚が重い、静脈瘤、または足のむくみなどの血行の問題に悩まされている人は、座る時間が長い生活を改善する必要があります。

また同時に、立ったり座ったりだけではなく、ダンスを始めることで血行を促進する高い効果が現れます。

リズムに合わせて頭からつま先までの体の全ての筋肉を動かすダンスは、体全体の血行を改善する効果があります。

自分の好きなダンススタイルや年齢、身体能力に合うダンスを見つけましょう。

こちらの記事もご参考に: ダンスやウォーキングで/アルツハイマーを予防

5. 社交性や人間関係の構築・改善

社交性の改善

自宅で一人でダンスを楽しみたい人もいるでしょう。

しかし、パートナーやグループでダンスを行うことで、自分以外の人と「交流」する時間が生まれます。

ダンスクラスに通うことは、新しい人々に出会う良い機会であり、友達の輪が広がります。

同じ興味を持つ仲間と交流を持つことで、友情やときには愛情までも芽生えることがあります。

6. 自尊心の向上

ダンスの効果は身体面だけではなく、私たちの精神状態にも良い影響を与えます。スタイルの維持に加えて、病気の予防効果のあるダンスは、ポジティブな気分が向上する効果があります。

いつも家で一人で過ごしがちな人は、ダンスを始めましょう。

恥ずかしがり屋な人、孤独な人、また悲しみに満ちた生活をしている人などは、ダンスをすることで、ストレスや悲しみを解消するセラピー効果が期待できます。

ダンスは苦手だなと思っている人も、最初の一歩を踏み出すと自分が思っていたのとは違うポジティブな感情で満たされて精神面が改善されたことに気づくでしょう。

あなたへおすすめ