幸せな関係を築くために

9月 23, 2017
相手への愛情を示しながら、自分にとって相手がどれほど大切かを伝えるように心がけることが幸せな関係への第一歩です。

映画やおとぎ話のような幸せな関係を築くためには、何か法則があるのでしょうか?

現在の関係を満足する関係へと導くための秘訣はどこかに隠れているものなのでしょうか?

幸せな関係を築くためには?

幸せな関係を築くための方法をお探しの方に朗報です。幸せになるための方法があります。

ただし、自分が理想とする幸せな関係を築くためには、今回ご紹介する方法を実践できるかどうかにかかっています。

1. 同じ時間に就寝する

まずは二人の関係を第一に考えてください。

同じ時間にベットや布団に行くのは、二人の絆を強化して「一緒に」という感情を高めます。同じ時間に布団に入ることで、1日の報告や自分が抱えてる悩みや問題、また将来への目標を語り合うことができます。

逆に、就寝する時間が異なり、寝室に行くとすでに相手が寝ている、または寝室が別で相手がいつ寝ているのかわからないという関係では、二人で会話をする時間を改めて作る努力が必要です。

2. 共通の趣味を持つ

恋人やパートナーと出会った時、相手との共通の趣味や考えを感じてお互いに惹かれあったことは間違いありません。

しかし時間の経過とともにお互いの趣味や関心が変化し、一緒に何かをする時間が減少する傾向があります。

二人が同じことを「好き」になる必要はありませんが、二人で一緒に過ごす時間が持てるような共通の趣味や興味を持つことが大切です。

3. 相手が目の前にいたら必ず声をかける

相手に対して、愛情を表現「しすぎる」ことはありません。

「行ってらっしゃい」「いい日になるといいね」など、外出前に声をかけ、ハグやキスなどの身体的なスキンシップを行うのがおすすめです。

また家の中でも相手が近くにいたら声をかけましょう。二人の関係が悪化していると、家の中で顔を合わせても声をかけ合わない状態に陥ることがありますが、これは絶対に避けてください。

4. 一人の時間を過ごす

恋人時代とは違い、結婚して家族ができると「一人の時間」が難しくなりますが、お互いに週に1時間、誰にも邪魔されない時間を作ることが大切です。

友達と出かけるための時間ではなく、お互いが「一人になる」時間です。

5. 喧嘩を悪化させない

ちょっとした口喧嘩が怒鳴りあいに発展したことはありませんか?

小さな雪玉を転がしていると、大きくなるように、一つのことについて言い争っているうちに、別のことまで持ち出して、大喧嘩へと発展することがあります。

例えば、お金のことで言い争っているうちに二人の関係や子供のことなど、喧嘩の原因となっているお金から議論のポイントが遠ざかることがあります。

何か言い争いになった時は、その原因にだけ集中して解決するように努力してください。

6. 自分の気持ちを表現する

誰でも「褒められたい」と考えています。特に自分が愛している人から褒められた時の喜びは格別です。

これまで一緒に過ごしてきた時間は関係ありません。長く一緒にいるからと相手を褒めることを忘れてはいけません。

常に相手を褒めるような「ナイス」な言葉をかけてください。ただし大げさな言葉を使う必要はありません。

「それ似合ってるね」

「今日の夕ご飯はすごく美味しかったよ」

「今日はとてもかっこいいじゃない」

「その服、君にぴったりでとても可愛いよ」

というようなちょっとした言葉から始めましょう。

7. 笑いを共有する

ユーモアのセンスは幸せな関係において重要な役割を果たし、お互いを理解して信頼度を深めます。

また、困難に直面したときもちょっとしたユーモアで乗り切ることができます。

笑いを共有する方法はどんなことでも構いませんが、笑いを共有することで、二人の関係がより深まり「チーム」として日々の生活を送るパートナーであることを実感するでしょう。

8. 甘い時間を忘れない

甘い「ハネムーン」や新婚の期間が終わると、スキンシップが減り、最終的にセックスレスになりがちです。

また、育児、仕事、そして学校などで忙しい日々を送っていると、パートナー同士の甘い時間から遠ざかることが増えます。

一緒に昼寝をしたり、見つめあったり、お互いを褒めあったり。いつまでも甘い時間を忘れずに過ごしてください。

9. 自分が必要な物事を伝える

相手に自分が必要としていることを「言わずに」理解してもらおうと考えるのは間違っています。

もちろん、二人の関係が長くなるにつれて、相手の趣味や趣向がわかりますが、自分が必要としている物事は、相手に言葉で伝える必要があります。

相手に対して何か疑いの気持ちを持っていたら、それを伝えることも大切です。

相手への疑いの気持ちや問題を心の中にしまうと、のちに大きな問題へと発展します。

お金、家族、将来子供ができたらどう育てるのかなどの問題も、少しでも疑問があればすべてを相手に伝えることが重要です。

10. 共通の目標を設定

二人で一緒に達成する目標を設定することが大切です。

もちろん個人の生活や目標は大切ですが、お互いを支え合うために必要な目標を設定することが幸せな関係には大切です。

二人で話し合い、大きな目標を達成する日を大まかに設定することが大切です。結婚前の恋人同士は、結婚する日、子供はどうするのか、家の購入、旅行などの計画を二人でじっくり話し合うことをおすすめします。

あなたへおすすめ