傷痕を自然に目立たなくさせる方法

· 3月 26, 2016

傷痕は傷を負った箇所の線維組織の異常増殖によって形成された皮膚病変です。傷痕は手術時の切開、外傷、火傷、水痘、にきび、放射線、ひっかき傷などによって表れます。時間の経過とともに、皮膚は現れた傷痕を治癒しようと、多すぎる量のコラーゲンを作り出すのです。それが傷痕をもっと醜いものにしてしまうのです。

傷痕は健康面から見て無害である場合でも、美的にはあまりいいものではありませんので誰もができれば目立たなくしたいと思っています。幸いにも自宅で肌の質感と健康と取り戻し傷痕の痕跡を目立たなくする方法があるのです。ですから危険をはらむ高価な薬を服用する必要はなく、傷痕を目立たなくする為の最善の自然療法を試してみましょう。

リンゴ酢の効能

アップルサイダービネガー

リンゴ酢は値段の割りに効き目が良く肌に良いものです。この自然の成分を使い続けることで傷痕を目立たなくすることができます。

どのように使うのか?

  • 適量のリンゴ酢を目立たなくした傷痕に直接塗り水分がなくなるまでやさしくマッサージします。
  • 何分か置いて乾燥させ、効果を得られるまで何度か繰り返します。
  • 4-5週間の間に一日2.3回この行為を続けます。

アレルギー反応を防ぐ為、リンゴ酢を同量の水で薄めてから使用してください。

ベーキングソーダの効能

重曹

ベーキングソーダは通常頑固な油汚れを落とせる為、キッチンを中心に掃除の際に使われたり、人体に無害なので胃薬として使われたり、またスクラブ作用があり、歯磨き粉の代わりに使用したりと、あなたもすでに医薬面、美容面からベーキングソーダの使い方について良く知っているかもしれません。しかしベーキングソーダーは傷痕の痕跡をなくすのに最適な強い研磨作用や角質除去作用もあるのです。

どのように使うのか?

  • ベーキングソーダ1に対して3の過酸化水素を混ぜてペースト状にする。
  • このペーストを直接傷痕に塗って炎症を抑え早く治るよう促します。
  • これを毎日3,4回繰り返します。

 

レモン汁の効能

レモンジュース

ビタミンCを豊富に含むレモン汁は傷痕の手当てと美肌を保ってくれるありがたいアイテムです。使い続けることによってしだいに傷痕の色や大きさなどを目立たなくしてくれます。

どのように使うのか?

  • 就寝前に少量のレモン汁を傷痕に直接塗ります。
  • 30分ほどそのまま置いた後、ぬるま湯で洗い流します。
  • これを毎夜繰り返し続けます。

白檀木バラ水の効能

バラ

白檀木は発芽の頃から香気を放つと言われ、仏壇や仏具、また扇子の骨組みとして良く使われています。また白檀から抽出されるオイルには殺菌作用、利尿作用の薬効成分があると言われ重宝されています。その白檀木もまた傷痕を目立たなくさせ新しい皮膚を再生するのを助け、バラ水もまた皮膚の弾力と質感を良くさせるのを助けます。二つの材料を合わせることによってその傷痕に対してすばらしい自然治癒を実感することができます。

どのように使うのか?

  • 白檀木の粉とバラ水を混ぜペースト状にしたものを準備する。
  • 就寝前に傷痕の部分を清潔にしてからその準備したペーストを塗る。
  • 2ヶ月間ほどこれを毎日繰り返す。

にんにくの効能

にんにく2

にんにくは以前から傷痕を目立たなくさせ肌を健康な状態に保つアイテムとして医薬で用いられてきました。にんにくは見た目にも醜い皮膚の異常増殖からなる傷痕ができるのを防ぐ作用があります。

どのように使うのか?

  • ひとかけの生のにんにくを潰して10分ほど傷痕に直接塗ります。
  • 10分経ったら、ぬるま湯で洗い流します。
  • これを毎日繰り返し続けます。