驚きの効果!傷跡を目立たなくする自然療法7選

· 4月 9, 2017
気になる傷跡を目立たなくする方法をお探しですか? 今回ご紹介する7つの方法があれば、これ以上探す必要はありません。

皮膚の組織が切れる、焼ける、または怪我をするときに傷ができ、傷跡を残します。すると若い繊維芽細胞の成長が傷を癒そうとし、外的物質から保護する保護バリアを作り出し、それが傷跡になります。

傷ができると、その見た目の悪さからなるべく傷を小さくしたいと考えますが、傷の中にはもちろん傷跡が残ってしまうものもあります。

そんなとき、気になる傷跡を目立たなくする効果的な自然療法があります。これらの自然療法は安価ながら素晴らしい効果を発揮します。そして副作用の心配はありません。

本記事では傷跡を目立たなくする7つの自然療法をご紹介します。ぜひお試しください!

1.傷跡にはココナッツウォーター

傷跡を目立たなくするココナッツウォーター

ココナッツウォーターには、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質が豊富に含まれているため、皮膚の奥深くに浸透し、傷の回復プロセスを早めます。

患部に直接塗ることで、コラーゲンとエラスティンの生成を促進すると同時に、傷を目立たなくします。

使用方法

  • 化粧用コットンをココナッツウォーターに浸します。
  • 患部を直接こすります。
  • 一日に2回、毎日行ってください。

こちらの記事もお勧めです:傷跡を癒す自然療法

2.傷跡にはココアバター

ココアバターに含まれる必須脂肪酸とビタミンEが、皮膚に水分を補給し、傷の治るプロセスを早めます。ココアバターの抗酸化物質が、外的攻撃から肌を保護するだけではなく、活性酵素によるダメージを減少します。

使用方法

  • 少量のココアバターを取り、皮膚が吸収するまでしっかりと塗ります。
  • 一日に最高で3回まで、毎日行ってください。

3.傷跡にはじゃがいも

じゃがいもには抗炎症物質と抗酸化物質が含まれています。吸収されると、肌のヒーリングプロセスを早めます。

じゃがいもに含まれているビタミンやミネラルが、組織に新しい活力を与えながら、感染症などから組織を保護する働きがあります。

使用方法

  • 生のじゃがいもをおろしてペースト状にし、このペーストを直接傷に塗ってください。
  • 30分間そのままにしたあと洗い流します。
  • 就寝前に毎晩行ってください。

4.ビタミンEオイル

ビタミンEオイルは、そのパワフルな抗酸化効果がよく知られています。皮膚につけると、細胞活動を刺激し、怪我や傷の治りを早めます。一般的に乾燥肌や怪我におすすめで、皮膚を保湿しながらシワや傷を減少させます。

使用方法

  • ビタミンEカプセルの中身を患部に塗ります
  • 指先でマッサージしながらすべてを塗りこみます。
  • 毎晩、就寝前にご使用ください。

5.オリーブオイル

傷跡を目立たなくするオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルには、ビタミンと健康的な脂質が含まれています。皮膚の奥まで浸透し傷口が回復するスピードを早めます。

抗酸化物質を含むオリーブオイルは、pHレベルを正常に保ち、傷を目立たなくさせる効果があります。

使用方法

  • 化粧用コットンをオリーブオイルに浸し、患部をこすります。
  • すべてが皮膚に吸収されるまで待ちます。一日に2−3回行ってください。

こちらも参考にして下さい:傷跡が残らないように傷を治す方法

6.ナチュラルヨーグルト

プロバイオティックス、抗酸化物質、ビタミンなどを含むナチュラルヨーグルトを外用すると肌の健康を促進する素晴らしい効果を発揮します。

アレルギーや感染症などの症状を緩和する食品として有名ですが、シミや傷を目立たなくする効果もあります。

使用方法

  • まず少量のナチュラルヨーグルトを患部に塗ります。
  • そのまま30分間おきます。
  • 冷水で洗い流します。
  • 就寝前に毎日行ってください。

7.傷跡にはひよこ豆粉

傷跡を目立たなくするひよこ豆粉

ひよこ豆は美肌効果のある食品として世界中で人気です。またひよこ豆粉は角質除去や肌を再活性化にも効果があります

死んだ皮膚である角質を除去すると同時に細胞活動を促進することで、傷の治りを早めます。ひよこ豆の抗酸化物質とビタミンが、皮膚の状態を良好にしながら、傷が大きくなるのを防ぎます。

使用方法

  • ひよこ豆粉とナチュラルヨーグルトとハチミツを混ぜます。
  • ペースト状になったら患部に塗りこみます。
  • 30分間そのままにしたあと洗い流します。
  • 一日に2回、毎日続けてください。

毎日の肌のお手入れに加えてください。短時間でも毎日続けることで大きな効果を発揮します。