傷跡が残らないように傷を治す方法

10月 18, 2015

傷ができた時、たとえ同じような傷でも治るものと傷跡になるものがありますよね。できれば傷跡は残したくないもの。

治癒スピードは人によって違い、また傷の種類によっても違います。ほとんどの場合、傷になることは肌の正常な働きのため防ぐことができません。

しかし、方法によっては傷を目立ちにくくすることができるのです。もし傷が深い場合は病院へ行きましょう。傷ができてすぐの処置が非常に大切です。菌が入ってしまうと、傷跡がより深くなるからです。今回は、傷跡ができるだけ残らないように傷を治す方法についてご紹介します。

アドバイス

  • 傷口を清潔に保ちましょう:手を綺麗に洗ったら、傷口にバンドエイドをします。血が止まったら、消毒液で傷口を消毒しましょう。消毒液がない場合は水と石けんで綺麗に洗います。この時、決して直接傷口にアルコールを使用しないでください。
  • 乾いたバンドエイドを使って傷口を乾燥させます。コットンは傷口に細かい物が残り治癒を遅らせるので、使用は避けてください
  • 治癒の途中は傷口を日の光に当てないでください。細菌が侵入することを防ぐため、きつすぎず緩すぎない程度にバンドエイドで覆います。バンドエイドは毎日交換し、もし湿っているようだったら交換してください。
  • 傷口のまわりを円を描くように優しくマッサージすることで、結構を良くし治癒を早めてくれます。
  • かさぶたができても絶対に取らないでください。取ってしまうと傷跡が残るため、触らないようにしてください。
  • ローズヒップオイルは治療に効果的です。毎日傷口につけてください。また、薬局でもいろいろな種類の治療を助けてくれるクリームがあります。
  • 食事も治療をする上で大切な役割を果たします。新陳代謝が良いと傷も治りやすいのです。栄養のあるものを食べて早く治しましょう。
タマネギ

これらのアドバイスは軽い傷にしか当てはまりません。傷が深かったり出血が止まらない場合は、すぐに病院へ行きましょう

軽い傷は傷跡になりいくいですが、肌のタイプにもよります。人によっては傷のタイプに限らず、治りにくい人もいるのです。

これまでに述べた方法は目立つ傷を防ぐだけでなく、細菌による感染症も防いでくれます。治癒までの時間がかかればかかる程、目立つ傷が残ってしまうのです。

もし疑問があれば専門家に相談してください。今日では傷を目立たなくする方法がたくさんあります。もし古傷があるようでしたら、治療によって消すことができるかもしれません。

 

あなたへおすすめ