薔薇水の効能と作り方

· 6月 29, 2015
繊細で魅惑的な薔薇水は、古代から伝わる健康と美の秘訣を秘めています。

薔薇水はインドやアラブ諸国で肌の若返り、宗教儀式、食事などに広く使用されています。非常に多くの効果を得られるので、今回は、肌に毎日使える繊細で素晴らしい薔薇水の作り方をご紹介します。

薔薇の一般的な効果:

  • 消化機能: 食事に薔薇の花びらを入れると、胃腸を浄化し便秘を緩和できます。サラダに入れたり、ローズティーを作ったりしても美味しいでしょう。
  • 収斂性: 抽出液を作り、目薬にしたら目の炎症がすぐに治まります。
  • 呼吸器系: 薔薇の花が散った後に残る実は、インフルエンザや風邪にも効果があります。種ごと煮て、1日2杯頂きましょう。
  • 美肌: 薔薇水は肌の治癒、老化、傷の治療にも効能があります。

こちらの記事もご覧ください:美肌のための8つのヒント

薔薇水の効果

バラ

  • 抗炎症作用と充血除去作用。 香り高い薔薇水のトナーを使うと、長い一日の終わりに溜まった疲労がほぐれます。朝薔薇水を使用すると、目の下のくまが薄れます。
  • 頭痛を緩和する。薔薇水に浸した湿布やハンカチを額にあてがって下さい。
  • ビタミンCが豊富なので、コラーゲンを合成して老化の原因である遊離基から守ります。
  • リラックス効果があります。
  • シミ、 ストレッチマーク、しわを改善します。
  • 血流を改善して毛包を強化するので、抜け毛を防ぐことが出来ます。
  • ビタミンB、 E 、タンニン、ペクチンを保有しているので、肌を清潔に保ち、引き締める理想的なトナーになります。
  • 抗菌作用と治癒効果があるので、痛み、皮膚潰瘍、ニキビ治療の味方になります。

こちらの記事もご覧ください:よくある頭痛の原因5つ

薔薇水の作り方

用意する物

  • 薔薇の花弁500 g
  • 蓋つきの器
  • 蒸留水 500 g
  • 機密性のあるガラス製ボトル

作り方:

1. まずは薔薇の花びらを選びましょう: ピンクか赤の花びらはよい香りをしています。とても大切な作業なので、誰かに手伝ってもらって500 g分の花びらを選んで下さい。また、薔薇の花をご自分だけで集める場合は一番効果を見込める朝摘みをお勧めします。

2. 次に、500 gの蒸留水を器に入れて下さい。蒸留水は肌につけるトナーを作る際にお勧めです。スーパーでも簡単に手に入ります。器に蒸留水を注いだら、薔薇の花弁を入れてコンロを暖めます。

3. ここが一番大切なステップです。沸騰し始めたら、火加減を落として下さい。蒸気は薔薇のエッセンシャルオイルを含んでいるので、蒸気を逃がしてはいけないからです。 火を落として10分間経ったら、火を止めて下さい。

4. 一時間置いて、その間蒸気を逃がさないようにして下さい。ここも大切な留意点です。

5. 蒸気が落ち着いてきたら、薔薇水だけが残るようフィルターにかけて下さい。

6. 最後に、薔薇水をガラス製のボトルに入れてきつくふたをし、冷蔵庫で保存して下さい。翌日から薔薇水をお使い頂けます。冷えた薔薇水は肌を清潔にし、癒しててくれます。 シンプルですが非常に効果的な治療法です。