ひまし油とその効用

ひまし油は保湿剤としてすぐれているほか、湿疹やカサカサ肌・フケ・虫さされなど、さまざまな症状の治療に役立つ成分を含んでいます。

ひまし油は天然の緩下剤として知られていますが、その他にもいろいろおもしろい使いみちがあります。医療専門家によると、多量に摂ると有害であるといいますが、昔から民間療法に使われてきました。今回は、ひまし油の効用についてご紹介します。

ひまし油って何?

ひまし油は、さまざまな病気の治療に利用できます。中でも最も一般的なのは、便秘をなおす緩下剤として使うこと。さらに、痛みをやわらげる・免疫システムを刺激する・傷の手当をするなどの目的で使われるほか、強力な抗生物質・抗ウイルス剤・抗カビ剤としても役立ちます。

ひまし油は、トウゴマの種(豆とも呼ばれる)から採取する植物油であり、成分は約90%がリシノール酸という不飽和脂肪酸です。ひまし油のユニークな薬用効果は、このリシノール酸によるものと考えられています。原産国は東アフリカやインドです。葉の形がキリストの手に似ているといわれ、「キリストの手のひら」とも呼ばれます。トウゴマにさまざまな治癒力があるとされるのは、そのためかもしれません。

オイル

ひまし油は、エジプト・中国・ペルシャ・ローマ帝国・ギリシャ・アフリカ・ヨーロッパ・アメリカなど、数多くの文化圏で利用されてきました。現在は各種工業用(特に織物業)の原料として広く使われていますが、潤滑性に優れており低温でも固まりにくいため、ロシアでは、寒冷地帯の機械の潤滑油としても使われています。医療以外でのひまし油の使いみちには、この他にも、味付けや食品添加物・スキンケア製品や化粧品の原料・ゴム製造業・繊維・ニス・染料・革製品の加工などが挙げられます。

トウゴマの種にはリシンという猛毒成分も含まれており、食べると死に至ることがあることを覚えておきましょう。油を抽出する特別のプロセスを施さなければ、食用にはなりません。ひまし油そのものは適量を守れば安全ですのでご心配なく。毒素は生のトウゴマの種にのみ含まれています。

ひまし油の副作用としては、皮膚反応・腸疾患(腸壁の炎症)などが挙げられます。筋肉の痙攣潰瘍・脱腸などの症状がある人、最近手術をした人などは使用しないようにしましょう。
ひまし油

ひまし油の効用

ひまし油の効用をいくつか挙げてみます:

  • 大腸炎を抑える大腸の炎症による不快感をやわらげるには、ひまし油湿布を作ってお腹に当てましょう。布にひまし油をしみ込ませ、1〜2時間お腹に置いておくだけ。1日に2回まで実行できます。
  • 足のタコを取りのぞく:ひまし油は、足にたまった角質を取りのぞくのに役立ちます。布にひまし油を少量しみ込ませ、タコの上に直接置きます。その上からガーゼで包み、ずれないようにソックスをはきましょう。ガーゼを一晩そのままにしておき、翌朝、やわらかくなったタコをやすりでこすり取ります。
  • ホクロを取る:これは非常に人気ある家庭療法です。重曹(ベーキングソーダ)とひまし油をまぜてペースト状にします。これをホクロに塗り、絆創膏でカバーします。一晩そのままにしてから、翌朝ぬるま湯で洗いながしましょう。これを、ホクロが自然に取れるまで毎日つづけます。
  • 関節炎の痛みをやわらげる:関節炎の痛みには、ひまし油が効きます。小なべにひまし油を大さじ3杯入れ、3分間温めます。これを布かコットンにしみ込ませ、痛む箇所にすりこみます。そして乾いた布で覆い、ホッカイロなどを使ってその部分を温めます。30分ほどそのままにしておきましょう(最高1時間まで)。炎症がひどいときは使わないようにしましょう。
  • まつ毛を長くするひまし油を美容に使う方法のひとつ。まつ毛を強く、長くするのに役立ちます。まゆ毛に使ってもOKです。マスカラ用ブラシを使ってひまし油を少量まつ毛に塗り、そのままにしておきます。毎晩寝る前に実行してください。油が目に入らないよう気をつけましょう。

まつげ

  • お肌の手入れに使う:ひまし油はすぐれた保湿性がありますから、さまざまな化粧品やクリームの材料として使われています。お肌を守り、すべすべにする柔軟剤として、化粧水やポマード、石鹸などにも含まれています。乾燥肌・湿疹・皮膚の剝脱・ヘルペス・潰瘍・火傷・傷などの治療にも使えます。自家製シャンプーに加えると、柔らかくツヤのあるヘルシーな髪にしてくれます。ものもらいやフケ虫さされ(特に蚊)の治療にも役立ちます。お肌の老化を防ぐのにもすぐれた働きをします。
  • 爪を強くする:爪がもろい人は、ひまし油をコットンに含ませて、爪に塗りましょう。ひまし油はビタミンEが豊富なので、爪を美しく保つのに役立ちます。
  • 身体をマッサージする:ボディオイルとして抗炎症マッサージに利用すると、筋肉と関節の痛みを和らげるのに役立ちます。アロマセラピーでよく使われています。