爪カビに効く自然療法

· 8月 25, 2015
爪の色が、黄色、緑、茶色などに変色していませんか?このような場合は爪カビを発症している可能性があります。

足の爪に発生しやすい爪カビですが、手の爪にもできることがあります。

爪カビを発症すると見た目が良くないだけでなく、健康に悪影響をおよぼすため、できる限り早く治療することをお勧めします。

本記事では爪カビに効果を発揮する自然療法をご紹介します。

爪カビの特徴

医学用語では、爪真菌症とと呼ばれる爪カビは、足の指、特に親指に発生しやすいと言われています。男性は足の指に発症することが多く、女性は手に見られる傾向があると言われています。

1つの爪がカビに感染すると、他の爪にも簡単に広がり症状が悪化しますが、足の爪カビが手に広がることは極めて稀です。

爪カビが発症する原因のいくつかをご紹介します:

  • 湿度や温度の高さ
  • 通気性の悪い靴
  • プール

また次のような人が発症しやすいと言われています:

  • 皿洗いや掃除などで常に水に触れてい人
  • 糖尿病を発症している
  • 血液の流れに何らかの問題を抱えている人
  • 免疫力が低下する60歳以上の人

カビが爪に感染すると、爪の厚みが増して、黄色く変色します。

場合によっては、広い範囲に侵食して爪がめくれ上がったり、はがれ落ちることがあります。

爪の下のその下の皮膚は赤く腫れ上がり、かゆみを感じます。

指の爪カビは稀ですが、足の爪カビと同様に変色し、ひび割れて脆くて弱い爪になります。

こちらの記事もご参考に:オレンジオイルで/爪白癬(爪カビ)対策

爪カビの広がりを予防するためにすべきこと

足の爪カビの対処法をご紹介します:

  • サイズの合わない靴や合成素材で作られた靴は履かないようにしましょう:カビは、増殖に適したじめじめして暗く、風通しの悪い環境を好みます。
  • 冬場は、濡れたり湿った靴下を履き続けないように気をつけて下さい:避けるべき素材は、プラスチックのように、皮膚が呼吸できない種類の素材です。おすすめの素材はは革靴で、特に爪先に空気が通り抜けられるスペースがある靴がおすすめです。
  • ジムの浴室、ロッカー室、シャワー、プールなどの公共の場所を裸足で歩くことは避けてください:裸足で歩いた後には、足を洗い、きちんと乾かしてから、靴を履きましょう。
  • 爪切りの共有を避けましょう:エステ、美容院、ネイルサロンなどでの共有を避けるだけでなく、家族間でも爪切りを共有は避けることが大切です。
  • 足の爪の1つにでもカビがあるときには、他の爪を同じ爪切りで切るのは止めましょう。
カビ4

  •  綿100%の靴下を履きましょう:足の汗を吸収する効果がある綿の靴下ですが、雨などで濡れた時には、できるだけ早く乾いた靴下と交換してください。

ご存知ですか?:爪水虫退治&爪の強化:5つの秘訣

もし、指に爪カビができてしまったら、次のような対処を行なってください。

  • 皿洗い、洗濯、床掃除などの時には、耐水性の手袋をしましょう:基本的に、水と接触する必要がある時には、このような手袋をしましょう。
  • 他の人の爪切りや爪ヤスリを使うのはやめましょう:常に自分用のものを持ち歩き、カビのいる爪と他の爪で同じものを使わないようにしましょう。
  • 人にうつさないようにするために、タオルや布巾を共有するのはやめましょう:
  • 爪を噛むのはやめましょう。
カビ3

お家でできる手の爪カビの治し方

  •  小さじ一杯のオリーブオイルをティーツリーオイルと混ぜ、爪に直接塗ってください。1日おきに20日間続けましょう。
  • 爪をレモン果汁に浸けたり、レモンを直接爪に塗りましょう。
  • 1カップのアップルサイダー・ビネガーを水と一緒にボウルに入れます。足を20分浸けたら、よく乾燥させてください。中温でドライヤーを使うと、爪の下に残った水分も全て乾燥させることができます。
  • 小さじ1杯のオリーブオイルにエッセンシャルとオレガノオイルを3滴混ぜて、3週間毎日カビのある爪に塗ってください。
  • 透明のネイルポリッシュに細かく刻んだ1片のニンニクを加えて、無色ヨウ素を3滴、レモン汁を7滴加えます。1週間後、カビのいる爪を覆うように2週間塗ります。その後、除光液を使って取り除きます。
  • グラス半分のひまし油にレモン果汁を7滴混ぜて、ボウルに入れたら足をその中に入れます。6週間続けてください。足は洗って、しっかりと乾燥させてください。
カビ5

  •  1カップの水を沸騰させたら、5片のニンニクを茹でます。出来上がった液体をボウルに注ぎ、温度が下がったらつま先をつけます。15分以上そのままにした後、よく乾燥させます。4週間続けてください。
  • ペースト状になるまで、重曹を水と混ぜてください。コットンを使って、爪の上と可能ならば爪の中にも塗ってください。数分おいてから、洗い流しよく乾燥させてください。
  • 2カップの水に大さじ3杯のタイムを加えて、5分間火にかけます。火を止め、蓋をして冷まします。その液体をコットンに浸したら、カビが発生している爪に塗ってください。

画像は、Quinn Dombrowskiさん、Randen Petersonさん、Rhondaさん、adiran 8_8さん、および、Toshiyuki IMAIさんのご好意によって、使用させていただいております。

爪水虫に効く7つの自然療法

あなたへおすすめ