腹部膨満感を和らげる/5つのジュース

乳製品、精製小麦粉、塩は、ぺたんこの胃の最大の敵です。炎症を軽くするために、それらの食品を排除して、新鮮な果物や野菜をより多く食べましょう。
腹部膨満感を和らげる/5つのジュース

最後の更新: 18 11月, 2018

おなかの脂肪とお腹が張るのは、同じではありません。

腹部膨満感は、通常、偏った食生活、月経前症候群、早食い、過度のストレス、食物繊維の不足、腸の問題などが引き起こす過剰なガスが原因で、お腹周りに余分な脂肪がついていない人も、腹部の膨満に悩むことがあります。

腹部膨満感に苦しむことが多い人は、 乳製品、肉、ソーセージ、塩、精製または加工された小麦粉といった食品の消費を最低限にするなど、食習慣を変える必要があります

また、今回の記事でご紹介する、自然な方法で胃の膨満感やお腹の張りを和らげるのに役立つジュースのレシピを活用してください。

ただし、地域医療機能推進機構[JCHO]本部顧問である徳田安春医師は「腹部膨満は慢性的なものでは肥満による脂肪蓄積があるが,急性に出現した場合,腸閉塞や腹水貯留のことがあり,重篤な疾患を考慮すべきである。」と警鐘を鳴らしているため、症状が深刻な場合や改善されない場合は、必ず医師の診察を受けてください。

アロエとクロロフィルのジュース

juusu2

このおいしいジュースは、蓄積された老廃物や毒素を排除して結腸をきれいにし、胃の炎症を軽減するのに最適です。

また早期老化を防ぎ、血液をデトックスします。

材料

作り方

  • すべての材料をブレンダーに入れ、滑らかになるまで数分間混ぜます。
  • 朝食の30分前、空腹時に飲みましょう。

腹部の炎症を鎮め、デトックス効果のあるジュース

juusu3

この強力なジュースは、ニンニク、セロリ、ニンジン、アルファルファといった食品の利点すべてを兼ね備え、腹部膨満を軽減します。

また、毒素やガスを体から取り除きます。

材料

  • 生のニンジンジュース1カップ
  • 生ニンニク1かけ
  • セロリ1枝
  • アルファルファ1握り

作り方

  • ジューサーにセロリとにんじんを入れます。
  • ニンニク、アルファルファを加え、ブレンダーで滑らかにします。
  • 午後に飲むのが理想的で、その後2時間は何も食べないでください。

りんご、フラックスシード、バーベナのジュース

ringo1

このジュースは、胃の機能を調節して痙攣、胃炎、結腸の問題を防ぎ、自然にお腹の膨張を取り除いてくれます。

材料

作り方

  • ジューサーでリンゴからジュースを抽出した後、フラックスシードとバーベティーをブレンドします。
  • 水1カップを沸騰させ、各ハーブ大さじ1杯ずつ加え、5分間煮ます。

炎症を起こしたお腹と便秘に効くジュース

juusu4

消化不良は、腹部の炎症の主な原因の1つです。

便秘との戦いは、ぺたんこで快調なお腹のために重要です。 そのために、以下のレシピをお勧めします:

材料

  • パパイヤ大1片
  • マンゴー1個
  • フラックスシード(亜麻仁)粉末大さじ1杯
  • 精製水1カップ
  • はちみつ

作り方

  • ブレンダーに全ての材料を入れ、滑らかになるまで混ぜます。
  • 濾さずに飲んでください。

サシーウォーター

『Slim Down Now(原題)』の著者でアメリカの登録栄養士であるシンシア・サス氏がお腹を平らにするためのダイエットである「Flat Belly Diet(原題)」用に開発したのがサシーウォーターです。

厳密に言うと「ジュース」ではありませんが、消化を改善して、ぺたんこのお腹にする手助けをします

低カロリーで爽快な気分になるこのドリンクは、毎日十分な水分補給をする助けになるでしょう。

材料

  • 水 2リットル
  • おろし生姜 小さじ1杯
  • 皮をむいてスライスしたキュウリ 1本
  • スライスしたレモン 1個
  • スペアミントの葉 12枚

作り方

  • ガラス容器にすべての材料を混ぜ、冷蔵庫に保管してください。
  • 数時間おいた後、液体を濾して、好きな時に飲みましょう。

引用サイト:地域医療機能推進機構[JCHO]本部顧問である徳田安春医師

こちらの記事もおすすめです。
目指せペタンコお腹!タイプ別に見る腹部を平らにする方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
目指せペタンコお腹!タイプ別に見る腹部を平らにする方法

腹部のたるみを引き締める方法は、たくさん紹介されていますが、実はお腹のタイプによってそれぞれに合った方法が違うのをご存知ですか? 本記事では、タイプ別引き締め方法をご紹介します。 自分の腹部のタイプを理解して、受けいれることで、正しい方法で理想のペタンコお腹を手に入れましょう。



  • Anne Moorhead S, Welch RW, Barbara M, Livingstone E, McCourt M, Burns AA, Dunne A. The effects of the fibre content and physical structure of carrots on satiety and subsequent intakes when eaten as part of a mixed meal. Br J Nutr. 2006 Sep;96(3):587-95.
  • Cockerell KM, Watkins AS, Reeves LB, Goddard L, Lomer MC. Effects of linseeds on the symptoms of irritable bowel syndrome: a pilot randomised controlled trial. J Hum Nutr Diet. 2012 Oct;25(5):435-43.
  • Jurenka JS. Anti-inflammatory properties of curcumin, a major constituent of Curcuma longa: a review of preclinical and clinical research. Altern Med Rev. 2009 Jun;14(2):141-53. Erratum in: Altern Med Rev. 2009 Sep;14(3):277.
  • Kaulmann A, Legay S, Schneider YJ, Hoffmann L, Bohn T. Inflammation related responses of intestinal cells to plum and cabbage digesta with differential carotenoid and polyphenol profiles following simulated gastrointestinal digestion. Mol Nutr Food Res. 2016 May;60(5):992-1005.
  • Nagpal R, Kaur V, Kumar M, Marotta F. Effect of Aloe vera juice on growth and activities of Lactobacilli in-vitro. Acta Biomed. 2012 Dec;83(3):183-8.
  • Panahi, Y., Khedmat, H., Valizadegan, G., Mohtashami, R., & Sahebkar, A. Efficacy and safety of Aloe vera syrup for the treatment of gastroesophageal reflux disease: a pilot randomized positive-controlled trial. Journal of Traditional Chinese Medicine. 2015; 35(6): 632-636.
  • Pérez-Burillo S, Navajas-Porras B, López-Maldonado A, Hinojosa-Nogueira D, Pastoriza S, Rufián-Henares JÁ. Green Tea and Its Relation to Human Gut Microbiome. Molecules. 2021 Jun 26;26(13):3907.
  • Ruxton CHS, Myers M. Fruit Juices: Are They Helpful or Harmful? An Evidence Review. Nutrients. 2021 May 27;13(6):1815.
  • Stevens Y, Rymenant EV, Grootaert C, Camp JV, Possemiers S, Masclee A, Jonkers D. The Intestinal Fate of Citrus Flavanones and Their Effects on Gastrointestinal Health. Nutrients. 2019 Jun 27;11(7):1464.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。