腸内寄生虫が発生している兆候

11月 5, 2017
腸内に寄生虫が発生していることを示す症状の中には、過度の疲労感や体のかゆみなどがあります。

腸内寄生虫はなかなかその兆候の診断がつかず、他の病気と混同されることがよくあります。

腸内寄生虫の症状のいくつかをご紹介します。

  • 消化機能の問題
  • 緊張感や不安感
  • 食欲の変化
  • 体重の減少または増加

本記事では、腸内に寄生虫が発生していることを示す兆候をご紹介します。

腸内寄生虫とは?

腸内寄生虫とは、腸内に寄生する微生物で、腸内フローラのバランス、栄養吸収、そして老廃物の体外排出に悪い影響を与えます。

一般的な寄生虫:

  • ジアルジア
  • タエニア
  • アメーバ
  • 回虫
  • ランブル

体内に入った寄生虫の中には、老廃物と一緒に体外へ自然と排出されるケースもありますが、体内に蓄積された毒素が免疫系を弱らせると、体内に寄生して問題を起こす寄生虫が住みやすい環境を与えてしまいます。

寄生虫がいるかどうかを見極める方法

腸内寄生虫の症状は、他の疾患や健康状態と混同されることが多く、医師もすぐに診断するのは難しいと言われいます。

本記事でご紹介する症状の中には、一般的なものもありますが、驚くような症状もあります。これらの症状を理解し、体からのメッセージをすぐに受け取るように心がけてください。

また疑わしい症状や質問があるときは、医師の診察を受けることをおすすめします。

消化機能の問題

ソファーに横たわってお腹をおさえる女性

腸内に寄生虫が発生すると、下痢、便秘、ガス、そして腹部膨満など消化器系に問題が生じます。こうした症状は日常的に誰もが経験し得る一般的な症状ですが、その原因は様々です。

そのため、寄生虫が原因かどうかを見極めるためには「食欲が低下せずしっかり食べているのに症状が続く」かどうかをご確認ください。

食欲の変化

食欲の変化は人生の中で何度も訪れ、その理由は様々ですが、腸内寄生虫を発症している可能性も忘れてはいけません。理由がわからず食欲が増減するときは注意が必要です。

また突然の体重の減少や、逆に増加も腸内寄生虫を疑いましょう。

緊張感と不安感

頭をかきむしる女性

腸内寄生虫が発生すると体内に大きな負荷がかかり、気づかないうちに神経系にも影響を与えます。

その影響は、不安感、緊張感、そしてストレスの増加という形で現れ、不安定な精神状態がしばらく続くこともあります。

そのため原因不明の緊張感や不安感が続くときや、「何か」がいつもとは違うと感じる時はすぐに医師の診断を受けましょう。

また子供達の中には多動性、瞳孔の拡張といった症状がみられることがあります。

痒み

肛門周りの痒みや体内の痒みは、腸内寄生虫が発生している兆候である可能性があります。特に子供は腸内寄生虫の症状だと気づかずに肛門の周りを掻いてしまう危険があります。

慢性疲労

横たわって休む人

慢性疲労と線維筋痛症は、長年にわたり疾患として認知されています。しかし他の疾患の症状と間違われることが多く、なかなか診断がつかないのが実情です。これらの疾患の原因はいまだに明らかになっていませんが、腸内寄生虫はこれらの疾患の原因の一つだと考えられています。

膣感染症

膣感染症を頻繁に発症する女性は、腸内寄生虫が原因である可能性を疑ってください。

膣感染症の治療をしてもその効果が短期間で、すぐに再発する場合は腸内寄生虫を取り除くまでは症状が改善されません。

あなたへおすすめ