線維筋痛症:知っておくべき原因と症状

線維筋痛症は、世界中で多くの人が悩まされている慢性疾患です。

鋭い痛みや目に見えない症状が日常生活に支障をきたします。

線維筋痛症の症状は、筋肉、関節、骨などの痛み、疲労感、消化器官の問題や感情障害などがですが、その痛みや症状は目に見えないため、痛みに苦しんでいるのに健康にみられたり、周りがその症状に気づかず、症状が理解されにくいことが大きな問題となっています。

本記事では様々なデータを元に、線維筋痛症に関する情報をご提供し、線維筋痛症とその症状について正しく理解するお手伝いをします。

線維筋痛症患者の体内で起こる痛み

線維筋痛症患者は、いくつもの症状に苦しめられますが、発症の過程を含め、周りの理解を得られないことがよくあります。

例えば、実際は元気なのに痛いフリをしているのではないか?と周囲の人に疑われるケースも報告されています。

体や内臓の感覚の動きをに伝える神経である、感覚神経における血流の低下などがこの疾患の原因ともいわれており、気候の変化(寒さや熱さ)やストレスなどの要因によって痛みが発生します。

実際には痛みを感じる場所に痛みの原因があるわけではないので、医師の診断では痛みの原因が見つからず、診断が遅れることもあります。

線維筋痛症の症状

fibromialgia3-500x350

線維筋痛症は、強い痛みの他にも様々な身体性の症状を伴い、その他の疾患と似た症状も現れます。そのため線維筋痛症という診断が難しいケースもあります。

以下は主な症状です:

  • 筋肉、関節、骨の痛み
  • 疲労感
  • 過敏性腸症候群様症状
  • 不安感やうつ症状
  • 痛みへの過敏症
  • 頭痛や偏頭痛
  • 集中力低下や記憶障害
  • 手足のしびれやこわばり

線維筋痛症の原因

線維筋痛症のはっきりとした原因はまだ明らかにされていませんが、以下の要因がこの疾患と密接に関係しているといわれています。

  • 親から子への遺伝
  • トラウマが原因の精神疾患
  • 睡眠障害
  • 慢性的なストレス
  • 精製された砂糖などの過剰摂取
  • 自己免疫疾患
  • 関節リウマチ

線維筋痛症を発症しやすい人とは?

efectos-en-la-espalda-500x334

男性、女性、高齢者、そして子供とすべての人が発症する可能性があるといわれる線維筋痛症ですが、女性、特に45歳以上の女性が多く発症するといわれています。

全身性エリテマトーデスや関節炎を発症している人は、線維筋痛症を発症するリスクが高まるといわれています。

認知症疾患を引き起こすのか?

身体的な痛みに加え、大切なことを忘れてしまう記憶障害や、フラフラしたりめまいがするなどの集中力の低下が線維筋痛症の症状として現れます。

ストレスを避けることがなぜ大切なのか?

継続的にストレスを感じることだけが線維筋痛症の原因ではありませんが、症状を悪化させる原因となっていることは間違いありません。

線維筋痛症を発症している人が絶えずストレスを感じると、強い痛みや疲労感、そして不快感が悪化するといわれています。

線維筋痛症の治療方法は?

現段階では線維筋痛症への特効薬はないため、その様々な症状が少しでもやわらぐような治療法を医師と一緒に探すことが大切です。

線維筋痛症の症状は他の疾患と似ていることが多いため、正確に診断されずに一般的な薬を処方されることもあります。

身体に激しい痛みを伴う線維筋痛症の治療には、痛みへの対処法を理解するために心理学的アプローチを用いることもあります。

痛みを軽減するための鎮痛剤、抗痙攣剤そして鎮静剤が使われます。また、うつ状態を併発しているときには抗鬱剤などが処方されます。しかしこれらの症状はしばらくすると再発します。

線維筋痛症の対処方法

alimentos-controlar-apetito-500x334

薬によって痛みを軽減しながら、ライフスタイルを変更することが大切です。

バランスのとれた良質の食事によって骨、関節、そして筋肉を強化しながら、強度の低い運動を行ってください。

運動を行うときは、可能ならば、運動の専門家や理学療法士の指導の元で行いましょう。

この疾患を発症したら周りの協力や心理学的なサポートが大切になります。