40代の肌を若く保つためのヒント

9月 14, 2019
今回の記事では、肌を若々しく滑らかに保つためのヒントをいくつかご紹介します。すでに40歳になっている方は、10年前と同じスキンケアでは美しい肌を保つのが難しいことを覚えておきましょう。

40歳になると、女性は様々な変化を経験し始め、その中でも顕著なのが、ホルモンの減少による肌の状態の変化です。

すでに40代に突入している人も心配はいりません。

ここからは、40歳を過ぎたお肌を若々しく保つ方法についてお話しします。

ホルモンと肌

エストロゲンとプロゲステロンは、肌のハリを保つのに役立つホルモンですが、年齢とともに、これらのホルモンは減少し、肌の水分が失われてハリがなくなります。

不純物のない肌が、若く健康な肌への第一歩です。

40歳を過ぎると、10年前と同じスキンケアでは不十分であり、肌には特別なケアが必要になります。

つまり、シワやたるみがより顕著になる40代では、肌が柔らかく滑らかだった20代や30代と同じ方法では、若さを保つことはできません。

早速、40歳を過ぎた肌を若く見せるためのヒントを見ていきましょう。

40代になっても肌を若々しく保つためのヒント

1. 毎日の洗顔

40歳を過ぎた肌を若々しく保つためには、毎日の洗顔が欠かせません。

40歳からのスキンケアの一つ洗顔

朝起きたらすぐにスキンケアをはじめましょう。

  • 必ず石鹸とぬるま湯で顔を洗ってください。
  • 丸い化粧用コットンと洗顔用のクレンザーを使い、顔から不純物を取り除いて完全にきれいにします。
  • このスキンケアは朝晩行なってください。
  • 肌をより若くそして明るく見せる効果があります。

こちらもご参考に:洗顔するときにやりがちな失敗5つ

2. 肌の保湿

40歳を過ぎた肌を若く保つための、もう一の大切な習慣が肌の保湿です

肌に潤いを与える毎日のスキンケアの中には、老化を予防する効果が期待できるナイトクリームが理想的です。

特に、コラーゲン、ヒアルロン酸、およびビタミンCを含むものを選びましょう。

3. 日焼け止め

40歳を過ぎると、顔のしみが増えます。

そのため、晴れや曇りなどの天候に関係なく、SPF 30以上の日焼け止めを毎日使用してください。

顔、首、そして首回りをはじめとして、肌が出ている部分はすべてに適用してください。

ここは年齢が出やすい場所ですので、特に注意が必要です。

可能ならば化粧品にも日焼け止め効果があるものを使いましょう。

4. セラムの使用

セラムは、誰もが使っているスキンケア製品ではありませんが、肌を若く滑らかに保つのに役立ちます。

保湿剤の前に塗ると、肌がより明るく健康的な輝きを維持することができます。ビタミンが豊富に含まれているものには回復効果があるため、特にお勧めです。

5. 角質除去

40歳を過ぎた肌の角質除去

死んだ皮膚細胞を取り除く角質除去は、40歳の肌が若さを保つのに役立ちます。

つまり、皮膚細胞を再生しながら、早期の老化を遅らせる効果が期待できます。

角質除去に加えて、正しい化粧品を使うことが大切です。

私たちの肌は、40歳を過ぎるとより乾燥しやすくなるため、保湿効果のある化粧品や、年齢にあった化粧品を選びましょう。

40歳で若さを保つためのその他の推奨事項

1.体重をコントロール

特に30歳を過ぎると、年をとるにつれて代謝が低下します。

ワークアウトの強度や頻度を上げないと、以前と同じ運動では、月に数キロ増える可能性があります。

特に40歳になると、3~5kgの増加は一般的だといわれています。

また運動だけではなく、食生活の改善と運動を組み合わせることが大切です。

2. ビタミンCとEの消費量を増やす

ビタミンCは、肌を40歳で若々しく保つために重要なコラーゲンの生成を助けます。

ビタミンCとEの供給源を食事に取り入れることは、40歳の肌を若く保つために不可欠です。

これらのビタミンは子供の頃から適量を摂取し続ける必要がありますが、40歳を過ぎた場合は、肌のダメージを緩和するのに役立つでしょう。

ビタミンCには、肌へのフリーラジカルの影響を最小限に抑える抗酸化効果があります。

さらに、コラーゲンを合成し、肌の弾力性とハリを保ちます。

一方、ビタミンEは紫外線や毒素から肌を保護する自然な保護剤として働くだけでなく、血流を刺激し、組織の再生を促進します。

3. 肌のトーンに合う髪色を選択する

40歳を過ぎると、白髪が増えてくる人が増えます。

髪の根元が白くなってしまわないように、定期的に髪を染める必要がありますが、明るい色やハイライトなどは白髪をより強調することがあるだけでなく、美しい色を維持するのは簡単ではありません。

ご存知ですか?:成熟の証である白髪

4. 軽めのメイク

しっかりとしたメイクは、シワなどに化粧が入り込む可能性があります。

唇の陰影を強くつけ過ぎず、薄い色を選び、薄めのメイクを心がけることで、逆に気になっている部分への注意が軽減されます。

肌に潤いを与えるため、ファンデーションの前の保湿を十分に行いましょう。

こうすることでシワが目立たなくなる効果があります。

5. 水分補給

年齢に関わらず、人生のあらゆる段階において、十分な水分補給は健康維持に不可欠です。

ただし、40代に達したら、より注意をして十分な量の水を飲む必要があります。

水は、肌に潤いとハリを与える大切な飲み物です。

  • San Mauro-Martín, Ismael, & Garicano-Vilar, Elena. (2015). Papel de la vitamina C y los β-glucanos sobre el sistema inmunitario: revisión. Revista Española de Nutrición Humana y Dietética19(4), 238-245. https://dx.doi.org/10.14306/renhyd.19.4.173
  • Scardovi, Silvio, Goglian, Andrea, Gendra, Paula, & Gendra, Cecilia. (2017). Estudio clínico de eficacia, duración y efectos adversos del implante de ácido hialurónico en área buco-maxilo-facial. Odontoestomatología19(30), 78-91.
  • Villegas Álvarez, Eunice Díaz de, Castillo Menéndez, María Dolores, Sabatés Martínez, Manuel, Curbelo Alonso, Marlene, Ramos Viera, Niurka, Radiación ultravioleta. Fotoenvejecimiento cutáneo. MediSur [en linea] 2005, 3