ビタミンEが豊富な食品

· 5月 20, 2019
ひまわりの種60gには、一日のビタミンE摂取量のおよそ90%が含まれています。本記事で詳しくご紹介しましょう。

健康維持には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれたバランスの良い食生活が欠かせません。

この中でも大切なビタミンの一つがビタミンEです。

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、抗酸化作用が高いビタミンです。

最近の研究では、フリーラジカルによるダメージから私たちの体を保護するため、そして免疫システムを正常に機能させるためには、ビタミンEが欠かせないことが明らかになっています。

また、フリーラジカルによるダメージを防ぎのは、慢性疾患や加齢のリスクを軽減する鍵となります。

ビタミンEが豊富なナッツ類

ビタミン

多くの食品の中でも、ナッツに含まれるビタミンEの量は際立っています。

30gのアーモンドには、7.4 mgのビタミンEが、そしてアーモンドオイルとアーモンドミルクにも多く含まれています。

ヘーゼルナッツ30gには、推奨される一日のビタミンE摂取量の約20%が含まれているため、軽食としても最適です。

松の実にもビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEが含まれている種子をいくつかご紹介します:

  • ヒマワリの種
  • かぼちゃの種
  • ゴマ

冒頭でご紹介したように、ヒマワリの種60gには、一日のビタミンE摂取量の約90%が含まれています。

こちらもご参考に:ココアバターとビタミンEの保湿クリームの作り方

野菜

ほうれん草

フダンソウとほうれん草は、複数のビタミンが豊富に含まれている食品です。

特にフダンソウは、ビタミンA、K、Cなどのビタミンも含まれています。

ビタミンK:肝臓で補酵素として働き、凝固因子を作り出すのに役立ちます。
ビタミンA:歯、軟部組織、骨組織、膜の形成と維持、そして視力を良好な状態に保つのに役立ちます。

葉酸:ビタミンBの一つで、神経系や認知プロセスとタンパク質の代謝に深く関わっています。
ビタミンC:体組織の成長と修復に必要です。

ほうれん草はカルシウムと葉酸が豊富な上、ビタミンEが多く含まれています。サンドイッチには、ぜひほうれん草を加えてください。

こちらもご覧ください:顔で分かるビタミン不足5つのサイン

植物性オイル

ひまわり油

種子からできた油、特に小麦胚芽油にはビタミンEが豊富に含まれており、大さじ1杯には、一日に必要な摂取量の100%が含まれています。

調理に幅広く活用できるひまわり油は、5 mg以上のビタミンEを提供します。

今回ご紹介したように、ビタミンEはさまざまな方法で簡単に食事に取り入れることができます。