驚きの食用植物8選

2月 27, 2019
自宅の庭や自然の中で「雑草」として扱われている植物の中にも、昔から食用として使われてきた栄養価の高いものがあります。

伝統的なハーブや人気のハーブほどではありませんが、今回ご紹介するのは、独自の風味を持った美味しい植物です。

これからは雑草として抜いてしまうのではなく、自宅で栽培してはいかがでしょうか?

8つの食用植物をご紹介します。

 

1.フダンソウ

フダンソウ

スイスチャードと呼ばれることもある野生のフダンソウは、肥沃な土地または半肥沃な土地のどちらでも生育することができます。

また工場地帯や耕作されていない土地に生育しているのが一般的ですが、化学残留物が少ないことでも知られています。

ビタミンやミネラルを多く含み、野生の方が一般的に栽培しているものよりも栄養価が高いことがわかっています。

2.イラクサ

ネトルと呼ばれることもあるイラクサは、様々な健康上の問題を解消する働きがある自然療法にもよく使われる植物です。

ただしイラクサの葉にはトゲがあるため、食べる前に60度以上で加熱調理してトゲが柔らかくなってから食べてください。

スープ、メキシカン料理のエンチラーダ、お浸し、そして胡麻和えなどがお勧めです。

3.セイヨウネズ

セイヨウネズ

ジュニパーとしても知られるセイヨウネズは、針状の葉とライラック色の果実をつける樹木で、かつてはアルコールのジンを作る材料として使われていました。

現在ではセイヨウネズをジンとして使用する人はいませんが、海外ではその果実が、シチュー、肉料理、またはソースを作る時の調味料として使用されることもあります。

森の香りを楽しむことができるとても美味しい果実を、色々な料理に加えてください。

こちらの記事もご参考に:家の庭でも育ちやすい10種類の植物

4.バターレタス

サラダ菜としても人気のバターレタスは、多年生植物で花になる直前の根元の葉を食用として使います。

軽く美味しい味わいのバターレタスの人気が高まっています。

5.ロボウガラシ

ロボウガラシ

アブラナ科の植物であるロボウガラシは、世界中でルッコラの一種としてサラダ用に販売されています。

キャベツやブロッコリーに似た味があり、その花にはマスタードのような風味があります。細かく切ってオイルを加えることで美味しいサラダドレッシングが出来上がります。

6.シラタマソウ

シラタマソウはスペイン料理に多く使われる植物で、イタリア料理ではストリドーロと呼ばれています。

現在では「雑草」とみなされて除草剤で取り除かれてしまうことが多いですが、調理に使用するとほうれん草にやや似た味がします。

またオムレツの具や茹でてサラダなどに使うことができます。

こちらの記事もご参考に:大腸のデトックスに! ハーブティー5選

7.セイヨウカラシナ

乾燥した場所や果樹園などで栽培される植物で、タンポポのような黄色い花が咲きます。

葉が食用で、サラダに使うととても美味しく仕上がります。

8.フェンネル

野生のフェンネルは道路沿いなどに生育しますが、その人気に伴い、現在では栽培されることが多くなりました。

繊維のある植物であるため、食べるときには繊維を切る必要があります。マメ科の植物と混同されることもあります。

  • アニスに似た風味があるためサラダにお勧めです。
  • ジュースに加えると消化機能を改善します。
  • フェンネルの種子は料理に風味を加えます。

注意事項

  • 今回ご紹介した植物を食べる前に、必ず正しい品種であることを確認してください。
  • 正しい調理方法で処理しましょう。
  • 化学物質が多い場所に生息する野草は食べないようにしてください。
  • Biurrun, E., Galetto, L., Anton, A. M., & Biurrun, F. (2007). Plantas silvestres comestibles utilizadas en poblaciones rurales de la Provincia de La Rioja (Argentina). Kurtziana33(1), 121-140.
  • Genders, R. (1988). Plantas silvestres comestibles; frutos, bayas, raíces, brotes. Blume, SA.
  • Van den Eynden, V., Cueva, E., & Cabrera, O. (1999). Plantas silvestres comestibles del sur del Ecuador. Editorial Abya Yala.