お腹をスリムにするヘルシーな食生活

7月 30, 2018
このダイエットとエクササイズをコツコツ続ければ、数週間で結果が見えてくるでしょう。あなたも引き締まった理想のお腹を手に入れましょう!

お腹周りのぜい肉を取り、お腹をスリムにしたいと思いませんか?

スリムで引き締まったお腹に憧れる人は多いのではないでしょうか。簡単なことではありませんが、ウエストを数センチ細くするだけで、随分とスタイルが良く見えるのです。

ですが、残念ながらウエストのぜい肉は蓄積されやすく、落としにくいものです。体液貯留や便秘を始め、様々な要素がむくみの原因となり、その結果、お腹周りがボッコリしてしまうのです。

ミラクルダイエットと呼ばれるものに手を出す前に、まずは脂肪を燃焼する体の機能をサポートしてくれるカロリーの低い食べ物を普段の食生活に取り入れると良いでしょう。

あなたはお腹周りのぜい肉に悩んでいませんか?是非、今日の記事でお腹をスリムにするコツを覚えてくださいね。

お腹をスリムにするヘルシーな食生活

サラダを食べる女性

お腹のぜい肉を効果的に減らすには、消費カロリーよりも燃焼カロリーの値を高くしなくてはいけません。つまり、摂取するカロリーを減らすことに加え、効果的なエクササイズプランを取り入れなくてはいけないのです。

また、食生活の改善とエクササイズは代謝を活性化させるキーでもあります。栄養がエネルギー源に変わる力を刺激してくれるのです。少しずつ体重は減り、お腹は引き締まってくるでしょう。

また、水分補給も忘れてはいけません。毎日きちんと水を飲むということで消化が刺激され、むくみの原因となる体内の余分な水分や毒素を排出してくれるのです。

取り入れたい食べ物

お腹の脂肪を燃焼するために是非とも取り入れたい食べ物をご紹介しましょう。体重が増える心配もありませんよ。

  • 緑の野菜(ブロッコリー、ほうれん草、レタス、スイスチャードなど)
  • フルーツ(りんご、オレンジ、いちご、バナナなど)
  • 豆(レンティル豆、ひよこ豆、さやえんどう)
  • 脂のない肉、魚
  • シード類、ナッツ、ドライフルーツ
  • 無脂肪の乳製品や植物性ミルク(少量)

こちらも参照『ほうれん草のヘルシーレシピ』

このダイエットをするなら避けるべき食べ物があります。

ダイエット1

このダイエットでベストの結果を出すには、栄養価が低い食べ物、当分や飽和脂肪酸が多く含まれる食べ物を一切避けるまたは最小限に抑えるようにしましょう。

避けたい食べ物は以下のようなものです。

  • スイーツ、ケーキ、デニッシュ系の菓子パン
  • 加工肉
  • 揚げ菓子
  • 炭酸飲料
  • 脂質の高いチーズ
  • ヤシ油、大豆油などの植物油
  • 全乳製品
  • 缶詰食品
  • 出来合いのお惣菜

こちらも読みましょう『ダイエットを始める前に注意するべき悪習慣』

次に、食事の計画を立てる上で参考となるようなメニューアイデアをご紹介します。

朝食

ほうれん草入りオムレツ

  • お茶とトルティーヤ、卵白4個とほうれん草のオムレツ
  • 全粒小麦パン一切れ、植物性ミルク一杯、卵
  • オートミールミルク、全粒小麦のパン一切れ、いちごやブルーベリーの盛り合わせ

午前のおやつ

  • アーモンドやクルミをたっぷり入れたプレーンヨーグルト
  • フルーツ(メロン、スイカ、りんご)

昼食

ヘルシーな食事

  • 鶏胸肉(230g程度)、オリーブオイルと酢で作ったドレッシングをかけたサラダ
  • グリーンサラダ、脂身のない肉(230g程度)、りんご
  • 野菜スープ、鶏肉

午後のおやつ

スイカジュース

  • いちごとスイカのスムージー
  • ローストチキン(230g程度)、ピーマンのスライス
  • 全粒小麦パン一切れ、トマト、お茶

夕食

  • 野菜または鶏肉のスープ、全粒小麦のパン2切れ
  • グリルチキン(鶏胸肉)、蒸したブロッコリー
  • 全粒小麦のパン2切れ、七面鳥の胸肉と野菜のオーブンロースト

その他の食べ物

パイナップルとパパイヤ

  • ハーブや香辛料で作ったお茶(ショウガ、シナモン、カモミール、バジルなど)
  • 水(1日グラス6〜8杯)
  • デトックス効果のあるフルーツ(スイカ、パパイヤ、メロン、洋梨、キウイなど)

このダイエットとエクササイズをコツコツ続ければ、数週間で結果が見えてくるでしょう。あなたも引き締まった理想のお腹を手に入れましょう!

あなたへおすすめ