休まらない心を落ち着かせ/内面の平和を見つける5つのポイント

10月 29, 2016
最初はコントロールすることが難しいと思いますが、気持ちを静めて周りの雑音を消し去り、心に平和を齎すことができるようになるでしょう。

心が休めなければ、休戦することも休息することもできません。次から次へと新たな心配事を抱え、恐れや不安を感じることもあるでしょう。そして、内面の平和をあなたから奪ってしまう、脳の複雑な蜘蛛の巣に囚われてしまうのです。

この休むことのない心を、好奇心や生産性と混同してしまう人が時々います。

内面のエネルギーは、学びたいという願望を映し出す一方、休む事のない心は、実は精神的な雑音に過ぎないことが多いのです。

精神的な騒音とは、混乱、極度の疲労、不幸などです。

よく、「自分自身が創り出したもの以上の敵はいない」と言われています。

しかし、これを自分の責任だと見るのではなく、複数のもののコンビネーションとして内面のストレスを捉える必要があるでしょう。

今日は、心を穏やかにし、内面の平和を見つけるのに役立つヒントをご紹介します。実践するのは簡単です。必要なものはたった一つだけです。それはあなたの意思です。

休むことのない心と荒れ狂う精神の海

精神的な雑音が絶望感と混ざり合う複雑な状況について書かれた本の中に、ケイ・ジャミソンという人が書いた本があります。

バルチモアのジョンズホプキンス大学の精神病医学者である彼は、この興味深い著書の中で彼のユニークなケースを紹介しています。

ジャミソン氏は著書『An Unquiet Mind』の中で、「少女時代、私はいつも精神的に不安定になる傾向にあった。思春期はずっと悲しみに覆われていた。仕事を始めた後は、恐れや不安、そしてほとんど息もできないような、休むことのない心の逃げ場のないサイクルに落ちていった」と言っています。

もしこの文を読んで、自分自身と当てはまる部分があると感じたのなら、是非とも以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

dawn

1. 必要のない重石を取り除き、内面の平和を見つけましょう

この必要のない、目に見えない重石を私たちはいつも運んでいます。心の中にこの重石があるのが見えれば、気分は良くなるでしょう。

  • あなたは、エネルギーを与えてくれる人ではなく、あなたから奪い取るタイプの人々に囲まれています。
  • あなたは、もしかすると、自分には何の利点もないようなことを優先させているかもしれません。
  • 「less is more.(少ないことが豊かなこと)」の意味を理解しましょう。

2. 立ち止まって深呼吸し、心をかき乱す騒音を消し去りましょう

過去はすでに過ぎ去ったものです。自分の過去を修正することはできません。そして未来はまだやってきていません。今現在、そしてあなたがいるその場所に意識を集中させましょう。今この瞬間に自分自身を見つけることができるのです。

  • 立ち止まって深呼吸しましょう。深く息を吸い込んだら、そのまま5秒間息を止めます。その後ゆっくりと息を吐き出しましょう。
  • この簡単なエクササイズをすることで気持ちが解放されるのです。脳に酸素が行き渡り、穏やかな気持ちになれるでしょう。
  • 体の調子が良くなれば、今度は心に目を向けましょう。
  • 自分が欲しいものは何か、求めているもの、欲しくないもの、どこに向かっているのかについて自分に問いかけてみましょう。

このエクササイズは毎朝、起きたらすぐ行うと良いでしょう。

heart-shaped-flowers-representing-the-beauty-of-existing

3. あなたを守ってくれる壁を築きましょう

休むことのない心は、浸透性があるために苦しんでいます。心配事やエゴ、周りの人の興味などが全て入ってきてしまうからです。

ネガティブなエネルギーが心の平和を乱してしまったら、個人的な弱さと一緒になって縺れ合うでしょう。絡まり合ってしまうのです。

以下のように自分だけの壁を築きましょう。

  • あなたと調和しないものや人からは距離を置きましょう。間違った興味や傲慢な人は必要ありません。
  • 穏やかな日々に嵐を巻き起こすような人との間には壁を作りましょう。
  • あなたを尊重してくれない人との間には壁を作りましょう。あなたを尊重しないことに対して怒りを感じる必要はありません。ただ距離をとるのです。

4. 静寂が癒してくれます

少なくとも一日に一度、静寂に身を包む時間が1時間半〜2時間は必要です。

  • 心の平和と静けさが訪れると、普段休まることのない疲れた心を落ち着かせることができます。
  • 次から次へと心配事を抱え、神経質になった心は自分らしくいることを忘れてしまいます。あなたという人間がどれ程価値のある人であるのかということも忘れてしまうのです。
  • 静寂の中でリラックスし、恐れや内なる声を消しましょう。満足感、心の平和、心と精神のバランスといった感情に包まれることを意識しましょう。
yoga-1

5. 感謝しましょう

私たちは幸せでいると、どうしても感謝することを忘れがちです。

リラックスし、次のように考えましょう。

  • あなたのことが好きではない人に対し嫌な思いがあるのなら、その人たちとは距離を置きましょう。簡単なことですが、勇気がいることです。
  • 不安で気がかりに思うことがあるのなら、少し考え方を変えましょう。不安な気持ちを消し、あなたは価値のある人間だということを思い出しましょう。
  • うっかり見逃しがちな、身の回りの些細なことに感謝しましょう。
  • 健康であることに感謝しましょう。あなたが愛する人、あなたを愛してくれる人のそばにいましょう。
  • 一日一日に感謝をしましょう。毎日、新しい機会が訪れ、自分の目標を達成することができるのです。

穏やかな心でいましょう。そして精神のバランスをとり、幸せに過ごしましょう。

あなたへおすすめ